今年こそ!“夏の生理中のムレ”にやってよかった対策、集めました(婦人科医監修)

暑い夏、下着やおりものシートでデリケートゾーンがムレてしまいがち。
とくに、生理中はナプキンを長時間つけることもあり、よりムレが気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、今年こそデリケートゾーンのムレとサヨナラしたい!とお悩みの方へ原因と対策をご紹介します。
〈記事監修医師プロフィール〉
『はらメディカルクリニック(不妊治療専門クリニック)』院長の宮﨑薫
ノースウェスタン大学産婦人科(米国シカゴ)研究助教授を経て、帰国後は生殖医療専門医として「最先端の医療で、最短の妊娠を」という方針のもと、患者様それぞれの身体の状態、さらには社会的状況などに応じて、患者様一人一人に合った治療にあたっている。


そもそもムレの原因は……



デリケートゾーンは常に下着に覆われており、粘膜も近いため、湿度や温度が高まりムレやすい環境にあります。
また、肌にぴったりと密着する下着や締め付けの強い下着、化学繊維の下着などは通気性が悪くなってしまうため、ムレを起こしやすくなることも。

おりものや生理中の経血による汚れも、ムレの原因になると言われています。
なかなか厄介な問題ですよね。

やってよかった対策


ここからは女性達に聞いた『夏の生理中のムレ対策でやってみて良かったこと』をご紹介します。


自分にあった対策を


参考になる対策はありましたか?
デリケートゾーンは通気性をよくすることでムレを軽減できます。

吸水ショーツやタンポンの利用、VIOの脱毛も選択肢の1つです。
さらに、デリケートゾーン自体を清潔に保つことも大切なポイント。

専用ソープなどで優しく洗うことを心がけてみてください。
日々のちょっとした工夫を重ねて、デリケートゾーンのムレともサヨナラして快適に過ごせたらいいですね。
(恋愛jp編集部)

アンケート詳細
方法:インターネット調査
対象:女性30人
期間:2022年7月28日~29日まで

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/6 21:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます