え?それも祝うの?「男性が面倒だと思いがちな記念日」TOP3

拡大画像を見る


男性の中には「記念日なんて祝うの面倒」という人もいます。女性は記念日が好きな人も多いため、このようなすれ違いから喧嘩になるケースも少なくはありません。
今回は、特に男性が面倒だと思う3つの記念日をランキング形式で発表していきます。彼と記念日が原因の喧嘩をしないように、記念日が好きな女性は特にチェックしておきましょう。


【第3位】バレンタイン&ホワイトデー

実はバレンタインとホワイトデーは苦手だと感じる男性が多い記念日の一つ。学生の頃はバレンタインが好きだった男性も、最近の「友チョコ」や「家族チョコ」や「自分チョコ」というものが増えてくるに従い、「なんか正直チョコ買いたいだけでしょ」という気持ちになり、冷めてしまうようです。
さらに彼女がバレンタインに自分向けのチョコも買っているのに、ホワイトデーにまで「何かちょうだい!」と言われると「食べすぎじゃない?」と呆れてしまう人も多いと言われています。


【第2位】ハロウィン

ニュースで取り上げられることも増えてきたハロウィンですが、まだまだ男性たちには受け入れられない人も多いんだとか。「仮装して暴れて街を汚すイメージしかない」なんてネガティブな印象しか持っていない男性もいるようです。
身近に小さな子どもがいれば仮装して楽しむこともありますが、そうではない環境だと「大人がわざわざ楽しむ意味が分からない」と思ってしまう人も少なくはありません。


【第1位】付き合って〇ヶ月目

彼女との記念日であれば絶対に大切にしてくれるというわけではないので気を付けましょう。たとえば「付き合った記念日を毎年祝うのは良いけど、毎月『〇ヶ月記念!』のように祝うのは無理」と考える男性は非常に多いと言われています。
日々忙しく働いているのに、毎月記念日デートをしている余裕はないという人もいるでしょう。あまり記念日を作りすぎると彼も疲れてしまうので、ほどほどにしてくださいね。


イベント好きな人は彼のテンションにも気を付けてあげて!

イベントが好きな人はマイナーな記念日でも祝いたくなるものですが、それで彼との仲が悪くなると本末転倒ですよね。彼があまり記念日に積極的ではないタイプなら、彼のテンションにも気を付けてあげてください。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/6 11:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます