講談社ゲームクリエイターズラボの第1弾ゲーム、本日発売!

拡大画像を見る

株式会社講談社
日本の総合出版社・講談社から、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』が2022年8月6日(土)にSteamアーリーアクセス開始。その後も、支援中の延べ21作品が順次リリース予定!



『セーラームーン』や『AKIRA』、『進撃の巨人』などで知られる日本の総合出版社・講談社がデジタルゲームを発売します。

「年間最大1000万円差し上げますから、好きなゲームを作りませんか?」のキャッチフレーズで2020年9月に始動したインディゲームクリエイター支援プロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」(以下「GCL」)。
インディゲームクリエイターに「担当編集者」をつけ、制作支援からパブリッシング、国際展開や二次展開までをサポートするという本企画は、講談社がこれまで“担当編集”として様々なジャンルの作家と構築してきた関係性をインディゲームクリエイターにも提供したいという想いから生まれました。マンガや小説と同じようにゲームを“編集”することができるのか、壮大な実験に挑んでいます。

おかげさまで多くの人に支持され、これまで2度の募集に対し、合計2000件以上のご応募をいただきました。現在はその中から選出させていただいた21作品のクリエイターと伴走しています。

そしてこの度、GCL第1弾作品『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』が、ついに本日2022年8月6日(土)にアーリーアクセス開始となります。
クリエイターと担当編集者の打ち合わせの中で「家族ゲンカ」という普遍的なテーマをモチーフとするアイデアが生まれ、「アタッカー」と「サポート」に分かれて2対2で戦う協力重視の戦略的な対戦アクションゲームが誕生しました。
大人気ホラーサスペンスアクション漫画『神さまの言うとおり』藤村緋二先生描きおろしのキャラクターデザイン&キービジュアルにもご注目ください。

―――――――――――――――――――――――――――――

『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』

アタッカーとサポートに分かれて2対2で戦う対戦アクション!
協力重視の戦略的な「家族ゲンカ」を勝ち残ろう!


発売日

2022年8月6日(土)Steamアーリーアクセス開始


Steamストアページ

https://store.steampowered.com/app/1981780/FAMILY_BATTLE/


ゲーム説明

一皿に盛られたからあげにかけるはレモンかマヨか…そんな二大派閥に分かれてしまった超人家族の大ゲンカ!


本作は「家族ゲンカ」をコンセプトとした2対2のタッグバトルアクションゲーム。
タッグはそれぞれ「アタッカー」と「サポート」の異なるロールで立ち回ることになります。アタッカーは主に近接武器を持ち、前線で相手にダメージを与える役割で、サポートは遠距離武器を持ち、アタッカーのようにダメージを与えることはできないものの、多種多様なスキルをセットして戦況をコントロールすることができます。

全てのキャラクターは「アタッカー」としても「サポート」としても使用することができ、キャラクターによって使用できるスキルや攻撃の特徴などが異なってきます。
たとえば長男は、アタッカーの中でも特に素早い立ち回りが可能なキャラクターとなっています。またサポートで紹介されている祖父は、跳ねる爆弾を投げ、相手を拘束するスキルを持つのが特徴になります。タッグはお互いに全く異なる立ち回りが要求されるため、ゲームに勝利するにはキャラクター達の特色に合わせた戦略と、何よりチームワークが必要となります。


ジャンル

2vs2タッグバトルアクションアリーナ


初期キャラクター紹介



兄:クオン
父と同じく冷静沈着な性格だが、口数は多い。
レスバトルでの論破が好きな、やや痛い奴。妹にはなぜか強気に出られない。
武器はレーザー銃。好きなからあげの部位は、せせり。



妹:アカネ
一家でいちばん勝気が強く、生意気。
実は家族想いで、インスタには家族へのポエムみたいな投稿が多め。
武器は巨大ハンマー。好きなからあげの部位は、もも肉。

祖父:リュウゲン
発明大好き。特許も多数あるが、社会の役にも利益にもならないものが多い。
自身の発明した機械式銃やジャンク武器で戦う。
好きなからあげの部位は、ナンコツ。

父:コクシ
普段は事務処理能力で営業ノルマと戦い、バトル時には闇の力を使い戦う。
感情を表に出すのが苦手なだけで、心の中での喜怒哀楽はけっこう激しい。
好きなからあげの部位は、手羽先。

この後も、キャラクターは続々追加予定!!


配信プラットフォーム

Steam(アーリーアクセス)


クリエイタープロフィール

nekogameteacher(ナカミチヨシアキ)
主なゲームタイトルは『SUPER DRINK BROS.』『SPY RUMBLE』。2020年11月13日に『SUPER DRINK BROS.』をSteamにてリリースし、以降YoutubeチャンネルやTwitchでもゲーム開発に関する内容で動画投稿やライブ配信活動を行う。 Twitchでは48時間以内に新作のゲームを開発するという企画で『アルティメットババ抜きまーじゃん~3Days~』の制作をライブ配信で行った。


作品Twitter

https://twitter.com/Family_BattleTA


クリエイターTwitter

https://twitter.com/nekogameteacher


商品情報



(C)nekogameteacher/Kodansha Ltd.


【講談社クリエイターズラボ】https://creatorslab.kodansha.co.jp/
2021年6月に講談社第四事業局内に新設された部署。「すべてはクリエイターのために」をスローガンに掲げ、以下を主業としています。

「DAYS NEO」などの投稿サイトの運営
インディーゲームクリエイター支援プロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」の運営
映像クリエイター支援プロジェクト「講談社シネマクリエイターズラボ」の運営
講談社作品の「世界観」を拡張するメタバース、XR、NFTコンテンツの開発
「世界観(IP)」を「出版」に限らない様々な形に「コンテンツ」化する研究&開発

―――――――――――――――

≪本記事に関連して紹介された記事≫

『カイジ』を担当したベテラン編集者が語る、編集の極意。ゲームの話を聞きに行ったら、講談社111年の歴史に触れることになった (出典:電ファミニコゲーマー)
https://news.denfaminicogamer.jp/interview/102023c

講談社のインディーゲーム紹介番組「あなプレ!」2021年10月からYouTubeで配信へ。番組で紹介する作品の自薦応募受付もスタート (出典:電ファミニコゲーマー)
https://news.denfaminicogamer.jp/news/210719l

「講談社ゲームクリエイターズラボ」第1期メンバー7組が発表。年間1000万円が支給される、インディーゲーム支援プロジェクト(出典:AUTOMATON)
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210215-152089

目黒将司氏『Guns Undarkness』など講談社ゲームクリエイターズラボが“担当”するデジタルゲーム9作品のティザー初公開!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003735.000001719.html

【講談社ゲームクリエイターズラボ】第2期ラボメンバーに7組が決定!!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004070.000001719.html

【まさかの3作品が大賞に決定!】真島ヒロ、自腹で1,000万円(+講談社から500万円)『FAIRY TAIL』オリジナルゲームコンテスト結果発表!!!!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004188.000001719.html

講談社「ゲームクリエイターズラボオーディション」が2022年7月1日(金)から募集開始!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004281.000001719.html

『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』週刊少年マガジン バックカバー争奪戦、開催決定!!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004321.000001719.html

週刊少年マガジンであなたのチャンネルの宣伝ができる!(出典:PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004358.000001719.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
  • 8/6 1:00
  • PR Times

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます