元警視庁SPが沈黙を破った!(1)2発目の発射は阻止できた

拡大画像を見る

 安倍元総理の銃撃事件では、奈良県警の警護の怠慢が指摘された。仮に警視庁所属のSPが配備されていたら、事態は違っていたのではなかろうか。かつて、かのエリート集団に所属していたOBが、そのお粗末さの裏にある問題点を指摘する。

「いろいろなVTRを観させてもらいましたが、背後を警備していないことはお粗末そのものです。元首相の上半身は、誰にも守られないまま危険にさらされていた。警視庁ならありえない。1発目の音で安倍元首相が振り返った時、警備の人間は何をしていたのか。安倍元首相の周囲を見渡すと、すでに異常に気がついて、後ずさったり、うつ伏せになったりしている人もいました。(致命傷となった)2発目が発射された時までに時間は数秒あった。2人の警官が安倍元首相と山上容疑者の間に入り、なんとか守ろうとしましたが、防弾カバンで銃弾をかわすのも遅すぎた。撃たれた後で走っていって、相手を取り押さえたところで、もう取り返しがつかないんです」

 安倍元総理の銃撃事件について苦々しく語るのは、複数の映像を見たというH氏(42)。かつて警視庁所属のSP(セキュリティポリス)を16年間務め上げた。SPとは、要人警護を専門とする、警視庁直属の警備部警護課警察官である。

 今回の事件に関して、H氏はあまり触れたくない様子だったが、重い口を開き続けてくれた。

「通常であれば、安倍元首相のような要人の警備は両脇にSP、後方にも安倍元首相を背にして、周辺を見渡すSPか警察官がいなければいけません。完全に不十分な警備体制でした。一部の人間だけは特殊訓練を受けたSPだと聞きましたが、残りは警察官や一般の警備会社の警備員。知識もないのに警備なんてできるわけがない。まして演説を聞いている聴衆に気を取られ、背後の警備を怠るなど、ありえないことです」(以下、「」内はH氏)

 H氏は「手製銃」は煙の量が非常に多いことを指摘。1発目の発砲で発生した煙に気がつかなかったことを疑問視する。

 粗悪な拳銃は黒色火薬を使うため、一歩、また一歩と標的に近づかなければ「殺害」という目的など達成できない。命中精度も決して高くないからこそ、至近距離で発砲したのだろうが、少なくとも2発目の発射阻止は十分に可能だったのではないか、と疑問を呈するのだ。

「安倍元首相の側近だったというSPも入ってはいましたが、非常に不慣れな印象を受けた。誤解を恐れずに言えば、元首相の命を身を挺して守るという姿勢が希薄に見えました」

 一瞬の隙を突かれた事件だったことは確かである。

〈フリーライター・丸野裕行〉

関連リンク

  • 8/6 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • be nice guy

    8/6 22:29

    青山繁晴さんは、奈良県警にかなり詳しく聞いてるみたいやけど、あの警備では話にならんやろな。1発目は車のパンク音に聞こえたとか言ってみたいやから。

  • 統一教会の幹部が来日した時に、容疑者が狙いたかったようだ。容疑者とすれば幹部を殺傷したかったのだろう。幹部を狙えなかった悔しさを安倍元総理に剥けたのだろう。警備員達が気付けなかったのは情けない。

  • トリトン

    8/6 17:06

    日本の警備員にSP韓国人だらけ金はもらうが仕事はしない後をつけてくるし安全性も心配なのに死んでから警察は動くアホなのか?、自分が死んだら?ほう左官屋とかのビル掃除とかどこでも死と紙一重こいつらしやがみこみ安倍を見殺しにして罪はなし。、もう一つのムカつきは誰か死んだり被災したあとで大金かけて対策本部やめろや無駄なかねやん。予防本部なら分かるが。本当に日本は朝鮮気質(サボり金貰う)の糞がふえてるな。

記事の無断転載を禁じます