ガーシーとロンブー田村淳YouTube対談動画で明かされた「地上波テレビ進出」と“天然トバッチリ暴露”された「毎週韓国カジノ通い」2人の超大物芸人

拡大画像を見る

 8月4日深夜、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)がYouTubeチャンネル『田村淳のアーシーch』を更新。現在世間を騒がせている「ネットの爆弾男」と7月25日に収録した44分もの対談動画を投稿し、大いに注目を集めている。

「今年7月10日の選挙で当選し、NHK党所属の参議院議員になりながらも、現在もドバイに滞在している“暴露系YouTuberのガーシー”こと東谷義和さん(50)とのリモート対談です。

 ガーシー氏の著書『死なばもろとも』(幻冬舎)によれば、95年にガーシー氏が上京したキッカケは淳さんで、一時は淳さんの家に居候もしていた関係。そのため、本当に普通の友だち同士のトークのようなノリで話が弾んでいました。それだけに、淳さんもガーシーさんも特別な意識なしに、ポロッといろいろ“暴露”していました(笑)」(専門誌記者=以下同)

 開口一番、淳は「いろいろ言いたいことあるけど、何してんのよホント!」と東谷氏に声をかけ、「人生でつまずいたことがあったとしても、また立ち上がって一歩踏み出すところをみんなで応援できたらいいな」がコンセプトの対談企画「セカンドチャンス」は、東谷氏を応援するために立ち上げた部分があることなどを説明。さらに、2人の出会いや付き合いについてと、過去の思い出話が中心のトークへとシフトした。

「ガーシーさんは商才はあったものの、稼ぎをギャンブルにつぎこんでしまうことは、これまでも話していましたが、マカオのカジノで、偶然淳さんと遭遇した話をしたんです」

 マカオのカジノでは、非常にツキに恵まれていたらしく、

「ワッキーがめっちゃ勝ってて。俺が“倍プッシュや!”ってタワーみたいにチップを積み上げて、“最後もう1回行け”って言ったら勘弁してくださいって……(笑)」

 と東谷氏が話すと、「ワッキータワーね!」と淳も楽しそうに振り返っていた。淳は東谷氏がギャンブル依存症であることは知らなかったが、一緒にカジノは何度も楽しんでおり、「めちゃめちゃ行ってるよね、マカオ」としていた。

 そして、「ここは“ピー”入れるかどうかは淳に任せるけど……」と、毎週末に韓国のカジノに通い詰めていた時期について、

「韓国に行ったら、横の席にはいつもザキヤマさんと有田さんがいた」「同じテーブルでいつも打ってた」「毎週やで」

 と、あまりにもナチュラルに、アンタッチャブルのザキヤマこと山崎弘也(46)とくりぃむしちゅー・有田哲平(51)の名前を暴露。有田と山崎の2人は師弟関係にあることで知られ、若手時代は本当に毎日一緒にいて、ギャンブル好きでもあったことは公言している。東谷氏は当時は仲の良かった城田優(36)と一緒だったということで、城田がタレント同士ということであいさつに行っていたが、有田と山崎は「番組とは違う本当に真剣でクールな顔でやってはる」という印象だったという。

「また、ガーシー氏といえば圧倒的な人脈で知られていますが、これが淳さん経由や、バー経営で培われただけでなく、意外なところが起点であったことも分かりました」

■ガーシーの人脈の原点は意外な人物だった

 東谷氏は「シュンスケって覚えてる?」「シュンスケが俺にめっちゃつなげたのよタレントを。男女ともに」と、「シュンスケ」という名前を出した。

 東谷氏の過去のTwitterスペースやインスタライブの発言によると、シュンスケ氏は「かなり付き合いが古くて口の堅い現役のアテンダーで、森内寛樹(MYFIRSTSTORYのHiro)のアテンダー」とのこと。

 シュンスケ氏は、多くの芸能人が通うことで有名な堀越学園出身で、同級生のSMAPの草なぎ剛(48)や、その流れで当時伊藤英明(47)や加藤晴彦(47)、長瀬智也(43)やISSA(43)、KinKiKidsの堂本光一(43)などと遊んでいて、「それを俺につないでくれた」ということだった。

 東谷氏と同居していたこともあるシュンスケ氏は「毎日俺の家にタレントを呼んでいた」ということだが、当時東谷氏が住んでいた家が『FLASH』(光文社)や『スコラ』(スコラ社)などに「いかがわしい目的で使われている館」と掲載されてしまい、東京の某芸能事務所の社長に激怒され、東京を去る羽目になった、と話していた。

 これについてはさすがの淳も「俺の知らないさ、気のいい兄ちゃんじゃないエピソードがあるよね? エグみの強いガーシーがいるよね?」と苦笑していた。

■本人も気付かないうちに「すべてのキッカケ」になっていた淳

「しかし、シュンスケ氏の話と、バーに芸能人が来るようになったキッカケは違う、ということでした。先述のようにガーシー氏は一度東京を半強制的に去ることになり、1年後に東京に戻ったわけですが、そのキッカケになったのは、ロックバンドSOPHIAのキーボード都 啓一さん(50)だったといいます」

 東谷氏は都が同じ高校の同級生という縁からマネジメントなどを手伝っていたが、そこで仕事をしたカメラマンに誘われて作ったのが、当時岸田健作(43)などが所属していた事務所だったという。

 そして、岸田を経由して175RのSHOGO(42)を紹介してもらい、そこからONEOKROCKの(34)やT.M.Revolutionの西川貴教(51)、UVERworldのTAKUYA∞(42)らと出会ったとのことだった。

「アーティストは全部SHOGO発信」だっというが、そもそも岸田を事務所に紹介したのは淳だったため「全部きっかけ作ってるやつみたいになってるじゃん!」と淳は驚いていた。ガーシー人脈の起点は淳だった、ということか。

「その後、話題はNHK党への出馬など、現在の話に移りました。現在淳さんは『スポヂカラ!』『リフォーマーズの声』『超多様性トーク!なれそめ』と、NHKの番組に3本出演していますが、ガーシーさんとの仲は轟いており、周囲からの目が痛かった、という話を披露していまいた」

 淳によると、東谷氏が出馬表明した時期から「NHKを歩いてるとみんなが振り返る。“あれって確か友だちの淳だよな”みたいなのが、意識しすぎかもしれないけど、視線が変わったような気がした」ということだった。

「その後、ガーシーネタがお笑い界で流行りはじめていること、劇団ひとりが『午前0時の森』(日本テレビ系)の出演打診のDMを送ってくれたものの、関ジャニ∞の村上信五さんも出演しているため、ジャニーズも批判していたガーシー氏は出演できるわけない、と気付いた話などをしていましたが、ここで淳さんがガーシー氏のテレビ出演の可能性について言及したんです」

■「ガーシー芸人」オンエアの可能性

 淳は、東谷氏が話題になり始めた初期から「ガーシーやないか!」とことあるごとにツッコミネタにしていたもののその当時のガーシーの名前は「3分の2くらいカットされた」と裏話を明かしたのだが、ここで東谷氏も、EXITの兼近大樹(31)が東谷氏が当選した選挙番組で「ラジオでもテレビでも、あれだけ“ガーシーって名前出すな”って圧力かけてたのに、いま急に“ガーシーって名前出してください”って言われても出しにくいですよね」としていたのを聞いて、ブロックをかけられていたことを察したという。

 そして、「もし番組に出れることがあるんであれば『ロンハー(ロンドンハーツ)』やなと思ってる」と東谷氏が話すと、淳も「加地さんに聞いとくね」と、番組プロデューサーの加地倫三の名前を出し、そのうえで「(兄弟番組の)『アメトーーク!』の方がいいと思うよ? ガーシー芸人とか結構いるから」としていた。

 とろサーモンの久保田かずのぶ(42)など、東谷氏のメンバーシップに入っている芸人は数多いということだ。

「有名どころでは、陣内智則さん(48)は『エンタの神様』(日本テレビ系)で露骨に『ガーシーch』を元ネタにしたコント『癒し系動画』を行っていて、今年7月16日には同じコントをYouTubeチャンネル『陣内智則のネタジン』で投稿したうえで、東谷さんと10年くらい前に面識があったことを明かしていましたね」

 こうして盛り上がった淳と東谷氏の対談だったが、不安な部分もあるという。

「今年7月以降に、ガーシー氏のメイン動画や切り抜き動画がBAN(削除)されることが相次いでいますが、最近も編集者・箕輪厚介氏が7月31日にアップした動画や、7月17日にも医師でユーチューバー・麻生泰氏のYouTubeチャンネルに出演するも3日後の20日に削除されています。そのため、淳さんとの動画が削除される可能性をガーシー氏は指摘していました」

 8月4日に、東谷氏は「アーシーch始まったと同時に箕輪くんの動画が削除された 淳との動画は削除してくれんなよー」と、インスタグラムにつづっている。「もうこの日本に言論の自由は存在せんらしいわー もーサロンしかないな、やっぱりw」と、有料のンラインサロンへの転向についても示唆していた。

 YouTube動画を削除されながらも、存在感を発揮し続けている東谷氏。『アメトーーク』で「ガーシー芸人」がオンエアされる日は来るのかーー

関連リンク

  • 8/6 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    8/6 21:02

    ↓巨泉は長いことのMCで財産を築き国のために議員になったら国会のあまりの酷さに呆れと怒りで辞めた守銭奴でもなくMCで人を楽しませた人。ガーシーは究極の人の不幸とあざとい金稼ぎの守銭奴だから手放さないかもね。まあ自分はこの人最近まで知らなかったから間違ってるかもしれませんが。

  • 大橋巨泉以来の当選直後の議員辞職ありそうですね。

  • 東谷は通常国会や臨時国会にリモート出席するべきだね。

記事の無断転載を禁じます