新山千春「マッチングアプリは宝物」14歳下彼氏との交際真相を衝撃告白!鷲見玲奈、水原希子、梅宮アンナ、餅田コシヒカリらも使用「芸能人のネットの出会い」実態

拡大画像を見る

 8月1日、お笑いコンビ「かまいたち」がMCを務めるネット番組『ぜにいたち』(ABEMA)が公開。タレントの新山千春(41)が出演した。

 新山は、2021年にマッチングアプリで出会った14歳年下の彼氏と交際中であることを公表。今回はその実情について、本人が語った。

 新山が彼氏と出会ったのは「海外のアプリで、ぜんぜんメジャーじゃないアプリ」で、アプリを利用した理由として「私のことを知らない人と出会いたかった」「ずっと芸能人でいなきゃいけくなっちゃう」と説明。彼氏について「ずっと海外に住んでた人なので(自分のことを知らない)」といい、「彼としか会ってないんですよ」と明かした。

 濱家が「新山千春やって向こうがわかったのは、どれくらいのタイミングなんですか?」と問うと、新山は「ずっと気づいてもらえてなくて」「ずっとサンフランシスコにいて、高校卒業と同時に大学からずっと海外にいたんで、日本のテレビを見ていないのもあったし、私もその頃ほとんどテレビに出てなかったので、たまたま日本にプロジェクトで帰ってきたタイミングでマッチしたんですよ」と語った。

■新山千春以外にも、マッチングアプリで出会った芸能人は多数!

 さらに「彼氏は27歳」と14歳年下で、バレンタインデーの日に美術館に連れて行かれ、飾ってあるフレームを「ちょっと引っ張ってみて」と言われて引っ張ったら、それは扉で、中に入ったらレストランだった、というエピソードを披露した。

 この話に、濱家は「手練です手練です」山内は「超特大ロマンス詐欺でです」とツッコミを入れていた。

 山内はさらに「日本のマッチングアプリ会社と提携した壮大なPRの一貫だと思ってた」と続け、新山も「結構言われました。大型なステマなんじゃないのって」と認めたが、「全然ステマじゃないですし」と否定し「マッチングアプリは宝物」と締めくくっていた。

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈(32)はかつてテレビ東京時代、「出会いがなさすぎて、マッチングアプリに登録したことあります」と告白。モデルの水原希子(31)も「普段からTinderを使ってる」と発言している。

「梅宮アンナ(49)、お笑いタレントの餅田コシヒカリ(28)、はるな愛(50)などは、マッチングアプリから交際に発展した経験を明かしていますね。後藤真希(36)の不倫はゲーム『モンスターハンター』での意気投合がきっかけでしたし、女性芸能人がネットで交際相手と出会うケースは着実に増えていますね」(芸能誌記者)

 奇跡的な確率かもしれないが、一般人にとっては夢のある話!

■41歳になった新山千春、その美貌は今も健在!

ボディラインも素晴らしい仕上がり……

41歳にして、この美しさ。14歳年下彼氏をゲットしたのも納得!

画像の記事に戻る

関連リンク

  • 8/5 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます