ロンブー田村淳、「ガーシー本否定」YouTube生配信で明かした「相方・亮との闇営業」衝撃事実と「拉致られてからが勝負」驚異の自信

拡大画像を見る

 8月4日深夜にロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)が、YouTubeチャンネル『田村淳のアーシーch』で「ガーシー本、少し事実と違う点があります。【田村淳の生配信】」と題した動画を投稿。2日に、ガーシーこと東谷義和氏(50)が出版した書籍『死なばもろとも』(幻冬舎)の淳の記述について、間違っていることがあるというのがトークの主題だったが、ここで「本に書いてないこと」を自ら暴露し、話題を集めている。

「淳さんは自身が22、3歳のころはかなりヤンチャで遊び人だったこと、テレビに出始めて調子に乗りすぎて女の子と遊んでいたといいます。これについて淳さんは“どれだけ遊んでたのかよくわかる話”を、自分から暴露しはじめたんです」(専門誌記者)

 淳いわく「ああいうときの女性って自分に彼氏がいるってことを言わない」とのことで、後で「彼氏が怒ってる」と言われたことが5、6件あったと回顧。

 一例として、渋谷の喫茶店に呼び出され、2時間たっても誰も来ないため帰ろうとした矢先、「5、6人のヤンキー」に詰め寄られ、淳を恫喝する側とそれをなだめる「極端なアメとムチ」のパターンだった、と説明した。

■「いま思えばあれは“闇営業”なんじゃないかなと思う」

 さらに「亮さんにも迷惑かけた」と、相方の田村亮(50)の名前を出し、「いま思えばあれは“闇営業”なんじゃないかなと思う」と改めて衝撃的な回想がスタート。

「“闇営業”といえば、事務所を介さずにタレントが個人的に行う営業のことですが、19年に当時雨上がり決死隊の宮迫博之さん(52)やカラテカの入江慎也さん(45)、そして淳さんの相方である亮さんなどが、詐欺グループの忘年会で行っていたことがバレて、大問題になったことを思い出します。

 今回、淳さんが明かしたのは、亮さんが24歳ごろという話なので、96年前後ということになりますね」(前同)

 当時、淳はやはり彼氏持ちの女性と遊んでしまい、彼氏だという人物から怒りの電話がかかってきたのだが、

「お前コンビなんだろ? 2人で来いよ。 来てネタやれよ。やれば許してやるから」

 と言われ、亮にお願いしたところ亮は「深くも聞かずに」付き合ってくれたという。

 そして「怖い兄ちゃんが20人くらいいた」ところでネタを披露したところ、おもしろいと評価されて許され、その場で作ってもらった「焼酎にきゅうりを刻んだやつに赤い唐辛子を入れる」という、グラスがあたかも金魚鉢のように見える「金魚」というお酒の飲み方を覚えたこと、亮は「ホント淳こういうのは止めてくれよ」といった感じだったが、のちにその「金魚」の飲み方をしていたことなどを振り返り、お金こそもらっていなかったものの「あれは闇営業だったかも」と振り返っていた。

「こうした亮さんに恩を感じる出来事があったからこそ、19年に亮さんがやらかしてしまった際も献身的なケアをしたり、最終的に関係性が壊れることもなく、無事に復帰できたところがあるんでしょうね。この話で“闇営業”が再び注目されてしまったのは、いささか亮さんに気の毒ではありますが……」(前同)

■「拉致られてからが勝負みたいなところありますからね」

 また、「淳さんの自叙伝を出したら売れると思う」というコメントに対して「私のようにまっとうに生きてない人間の話なんてね……」「拉致られた話だけで6個くらいありますからね。よく拉致られてたなぁ」と切り出し、その後声にエコーをかけて、

「拉致られてからが勝負みたいなところありますからね。拉致られた後、どれだけ手を出させないで、自分の話を聞いてもらえて、誠心誠意思いを伝えるかは、あの時だいぶ肝が座ったというのかなぁ」

「だから、ちょっとやそっとのことじゃ動じないっていうのはあるのかもしれないですね」

 と締めた。

「このエコーはスタッフの直樹氏によるミスでしが、はからずも“名言っぽい演出”になっていました(笑)。拉致に関しては、淳さんの親友であるペナルティのワッキー(50)さんとタイ料理屋でご飯を食べていた際のエピソードも飛び出しました」(前同)

 女性絡みではなかったが「呼び出されて事務所に連れていかれた」「お前最近テレビ出て調子に乗ってるな(と言われた)」とのことで、「タイ料理食べてただけですけど……」というも「その言い方が調子乗ってんだよ!」と言われてしまったという。

■淳はどうやって切り抜けた?

 しかし、事務所でボスらしき男性が話している際に、店に残していたワッキーからかかってきた携帯電話に出ずにポケットに手を突っ込んで電源オフにしたところ、

「お前ちゃんとしてるやつだな。おにぎり握ってやる」

 と気に入られ、満腹かつ「体の関係を持った人」以外の「人が握ったおにぎり」は食べられない淳だったが、死に物狂いでおにぎりを完食し無事帰還したという。

 ここでも淳は「ごちそうさまでした!!」という言い方について「声の大きさをどれくらいのテンションで言えば相手が気持ちいいか分かる」「ああいうの得意でしたね。バイトの面接、落ちたことない」と、豪語していた。

「21年4月放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)でも、ワッキーとは別件で“実は浮気相手だった女性の彼氏が淳の家の前に街宣車で乗りつけて事務所に連れていかれた”という話をした際も、携帯電話が鳴ったときにポケットの中で着信を切ったら“人としてできてる”と許してくれた、という話をしていました。今回、話してないだけで、淳には本当に本1冊余裕で書けるくらいのエピソードがありそうですね」(前同)

 破天荒だった時代の淳のエピソード。まだまだ聞いてみたいものだー-。

関連リンク

  • 8/5 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • リアルロンドンハーツだなあ。

  • いち(

    8/5 21:37

    遊ぶ女の彼がことごとく反社的な人間なんか?よっぽど女見る目ないんか美人局か。ロンハーやったかな?誘惑してノって来たとこを皆で笑う奴、そのまんまやないかい。

記事の無断転載を禁じます