中森明菜、デビュー40周年「復帰待望論」に立ちはだかる「57歳」の現実

拡大画像を見る

 NHKが7月11日に放送した「中森明菜 スペシャル・ライブ 1989 リマスター版」が大反響で、中森本人の復帰も待たれるが、なかなか状況は厳しそうだ。

 今回、放送されたライブはデビュー8周年の1989年4月に開催したもの。放送後にはNHKにも多くの御礼のメールが届いたという。中森は今年、デビュー40周年という節目の年を迎えるだけに、復帰の待望する声も多く聞かれる。

 そうはいっても、本人は2017年のディナーショーを最後に表舞台には出ていない。

「体調面というか精神的なものも合わせて、まだ不安定なところがあるようです。それでも、本人は歌への希望は捨てておらず、どこか大きな会場で歌いたい、コンサートをしたいという思いは持っている」(音楽関係者)

 再びステージに立つ意欲はあるというのだ。

 それでも復帰するとなると現実的には厳しいというのだ。あるレコード会社関係者が言う。

「なんだかんだ言っても4、5年間、人前に出ていないですからね。現在の明菜さんに会った人によると、往年の若さと美しさをイメージされてしまうと、どうしてもギャップがあるようです。年齢も57歳ですし、常に人前に出て歌っていれば保てる美しさもあったのでしょうが、やはりブランクが大きいから厳しいかも、というような話をしていました」(前出・音楽関係者)

 いまだにファンが多く、期待する声も多いのだが‥‥。

関連リンク

  • 8/5 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • TOMO

    8/6 21:09

    ↓先の俺のカキコミ。上から4行目。議論が水平線なだけだから。→議論が平行線なだけだから。に訂正

  • いち(

    8/6 20:53

    挙げ句の自殺未遂だっけ?

  • TOMO

    8/6 20:24

    ↓まぁ坊って奴。人の意見に噛みついた物の言い方をするような奴とは、俺は議論しないから。そんな奴と議論したところで水掛け論で、議論が水平線なだけだから。ただひとつだけ言っておきたいのは、ここは個々の考えや意見を述べる場だから。反論するならば、物の言い方をわきまえろ!

記事の無断転載を禁じます