木村拓哉が見せたプロの意地『どうなの課?』取れ高不足で前代未聞の釣り再ロケ敢行、人手不足『鉄腕DASH』のDASH島にキムタク降臨なるか

拡大画像を見る

 8月3日放送の『それって!?実際どうなの課』(日本テレビ系)に、木村拓哉(49)が出演。バラエティ番組とは思えない入れ込み具合を店見せ、話題になっていた。

 この日はMCを務める生瀬勝久(61)が別荘購入を目指してお金を増やす「生瀬の野望」企画を放送。生瀬の切手コレクションを売って作った5000円を元に釣りで金儲けを企むも、これまでは赤字続き。そのため、生瀬との共演歴も多く、釣りが好きな木村をゲストに迎えて巻き返しを図った。

 2人が挑んだのが、東京湾での船釣り。一級船舶免許を持つ木村は自ら釣り船を手配し、東京湾のエキスパートである石丸仙人をサポートに呼ぶなどやる気満々。お金を稼ぐべく、高級魚のタチウオとマダイ釣りに挑んだ。

 2人はまず、疑似餌のメタルジグを使ってタチウオ釣りに挑んだが、釣れず。キャスティングでの釣りに変更したところ、かかったものの連続して針から外れ、逃げられてしまう。次に狙いをイナダに変更したり、釣り場を移動したりしたものの、なかなか釣り上げられず。厳しい状況に木村も「この経験はないわ」「7分ぐらいしか(シーンが)撮れていない」と、焦りを見せていた。

■キムタクが再ロケに気合十分

 その後、木村がタチウオを釣ったが、残念ながらかなりの小物。船を出してからすでに11時間が過ぎ、無念ながらタイムアップ。木村は「釣れたけど、(局の)上層部にそうとう怒られる」と、結果に不満そうな顔を見せていた。

 そんな不甲斐ない結果に、番組は再ロケを敢行。いちおうは翌日に再チャレンジという“てい”だったが、木村自ら、12日後の再ロケであることをバラしていた。木村は映像のつながりを考え、前回と同じ服を着ており、「バラエティだと思っていない」と、そうとうの気合が入っていた。

 この日は小雨が降っていたが、釣りは好調。木村は黄金アジを連続して釣り上げると、ついに大物のタチウオを釣り上げる。生瀬もタチウオを釣り上げ、釣りをするだけのロケでありながら、2人は大いに盛り上がっていた。

 しかし、本来のターゲットであるマダイはいまだ釣れていなかった。終了間際に木村がマダイを釣ったのだが、ずいぶんとかわいいサイズ。しかし、時間ギリギリ、木村は最後の一投でビッグサイズのマダイを釣り上げるというミラクルを起こして「持っている男」を証明し、満足そうな表情でロケを終えていた。

■『鉄腕DASH』に最適すぎ

 木村のトップタレントらしからぬ真剣な取り組みには、ファンから絶賛の声が殺到。ツイッターには「番宣なし 自ら延長戦 キムタク本当に男気あるわ! こんなカッチョイイ男になりたい」「やはり、木村拓哉という男はもっている…」などの投稿があがっていた。

「ジャニーズタレントで海釣りと言うと、『鉄腕ダッシュ』のイメージでTOKIOが思い浮かびますが、木村もけっこうなマニアなんですよ。番組を成立させるために再ロケもいとわないプロ根性は、『鉄腕』との相性もいいですし、意外と緊急登場、なんてこともあるかもしれませんね」(芸能誌記者)

 木村は過去に『ザ!鉄腕!ダッシュ!!』への出演歴はあるが、DASH島など野外企画にはまだ出演したことがない。TOKIOメンバーとの関係性も良好なうえに、アウトドアもいける。出演者のスケジュールの都合で、人手不足が続いている『鉄腕』に、キムタク降臨、は十分に考えられるだろう。

■完全に本気な木村拓哉

 今回は番宣もなしのゲスト出演。釣りにかける思いはホンモノ。

※画像は木村拓哉公式インスタグラムアカウント「takuya.kimura_tak」より

関連リンク

  • 8/5 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • [鉄腕DASH]はリチャやシンタロー等、後輩が頑張ってくれているので、木村さんは要らないです。

記事の無断転載を禁じます