東出昌大、元妻・杏と元彼女・唐田えりかは知らない「事務所クビ&仕事ナシ&金ナシ」で「猟師」に転職!「今から獲ってくるから」ガチの山籠り&ジビエ食生活の仰天実態!!

拡大画像を見る

 8月3日の『中國新聞』で、東出昌大(34)と映画監督の宮川博至氏(42)が広島県呉市安浦町を訪れた様子を報じた。

 2人は、18年7月の西日本豪雨をテーマとし、23年1月に公開を控えている映画『とべない風船』でタッグを組んでおり、同作のロケ地は広島県呉市や江田島市だったことで、この日の訪問が行われた。

「主演の東出さんは、20年1月に当時杏さん(36)と結婚していながら唐田えりかさん(24)と3年にわたる不倫が発覚して大騒動に発展。その後、離婚してほとぼりが冷めつつあるかと思いきや、21年10月の『週刊文春』(文藝春秋)に新恋人Aさんの存在と、そのAさんとロケ先で密会、つまり“コロナ禍であることに重ねて情報解禁前のロケ先に部外者を呼び出す”というのが問題視され、事務所をクビになっています。その呼び出した先が、この映画『とべない風船』のロケ地だったんですよね……」(専門誌記者)

 2月15日、東出がそれまで所属していたユマニテは、公式WEBサイトを通して、同月14日付で東出と専属契約を解消したことを発表。

「2020年1月の東出昌大の不祥事以来2年間にわたって、弊社はさまざまな問題に全力で対処してまいりました。そして、また、彼の俳優としての再生への道も模索してまいりました」としながらも「昨年秋、東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました。その時私たちが感じたものは怒りというよりも、徒労感と虚しさでした。そして熟慮の末に、これ以上共に歩くことはできないという結論に達しました」と異例のコメントを出したことも当時話題を呼んだ。

■映画では海の漁師、現実では山の猟師

「そんな東出さんは映画で《瀬戸内海の島で漁師をしながら孤独に生きる主人公・憲二役》を演じているんですが、現実では“逆”だといいます。

 いまの東出さんは、海ではなく、山で生きる男になっているそうですよ。少し前にもドキュメンタリーを撮ったこともありましたね」(前同)

 今年3月21日のスペースシャワーTVでは、東出と2人組の音楽ユニット・MOROHAによる東出が狩猟生活をするドキュメンタリー作品の制作が発表されていた。4月12日号の『週刊女性』(主婦と生活社)によれば、17年に写真集で狩猟シーンを撮ったのがきっかけで関心を持ったという。わな猟ではなく猟銃を扱っているので、狩猟免許とは別の概算10万円以上の許可も取得していると報じられている。

■「私が“猟師になるか?”と聞いたら“なりたいです”と答えていました」

 撮影に参加した猟師兼料理人は、同誌の取材にこう話していた。

「東出さんとは、17年の写真集の撮影で知り合って、今回も本人から連絡をもらって、同行しました。彼はとてもまじめな青年で、“獲った動物を自分で料理したいので、教えてほしい”と言われました。“釣り”の延長で狩猟を始める人も多いのですが、彼は“ゲームとして楽しむのではなく、命に向き合いたい”と話していました」

「写真集の撮影で、東出さんは“命が消える瞬間”を初めて目にしたイノシシを、自らさばいて食べました。思うところがあったようで、そのときに私が“猟師になるか?”と聞いたら“なりたいです”と答えていました」

 ということだった。

「聞いたところでは、現在の東出さんは基本的に山籠もり生活で、今回のような仕事の時際に下山している、といいます。普段はイノシシを狩ったり、後輩を呼んでジビエ料理を振る舞ったりしているとか。仲間の俳優を呼んで、食事のために“今から獲ってくるから待って”と銃を担いで山へ行くというガチ猟師ぶりだそうです。

 騒動以降仕事も激減し、養育費もある。いつかやるかもしれない、東出さんの頼みの綱である『コンフィデンスマンJP』の最新作を待っているのかもしれませんね」(前同)

■『コンフィ』続編のボクちゃんがヒゲをたくわえた山男になる?

 22年に公開された映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のラストは、続編を示唆するもので、パンフレットでも脚本担当の古沢良太(48)も「機が熟せば」と前向きではあった。

 しかし、古沢氏は23年に嵐・松本潤(38)主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』の脚本を担当するため、1月14日の公開日にアップされたエンタメサイト『フジテレビビュー!!』のインタビューで、小日向は「(脚本担当の)古沢さんの多忙ぶりを考えたら、どんなに早くても次は2年後くらいなのかな?」と、東出も「古沢さんが大河ドラマを終えられてからでしょうね」と、次回作を匂わす発言をしていた。

「ドル箱コンテンツのため、フジテレビサイドの強い意向もあり、第4弾の製作自体は決まっているといいます。23年にクランクインして、24年公開を目指すとか。

『コンフィデンスマンJP』といえば、東出さん演じるボクちゃんがたびたび自分の所業を悔やんだり詐欺師から足を洗ってまっとうに働こうとするお約束の展開もあるため、現実を反映して“山籠もりでヒゲも伸びたボクちゃんをダー子(長澤まさみ)が無理やり誘う”という流れもあるかもしれませんね」(前同)

 騒動前は、甘いルックスから人気を博していた東出。山が似合うワイルド路線に変わるのかー-?

関連リンク

  • 8/5 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます