男闘呼組“電撃復活”はTOKIO、SMAPの伏線? 岡本健一の決断に木村拓哉も動揺か

 突然、29年ぶりの復活を果たした元ジャニーズグループ・男闘呼組。7月16日放送の歌番組『音楽の日2022』(TBS系)に出演し、「TIME ZONE」「DAYBREAK」「パズル」の3曲を披露し、往年のファンを湧かせた。さらに、10月15・16日には東京ガーデンシアターで再結成ライブの開催も決定。来年8月までの限定で活動するという。

 男闘呼組の“電撃復活”には、芸能関係者も驚きを隠せない。

「現在、ジャニーズ事務所と関係があるメンバーは岡本健一だけ。現在は俳優として活躍する高橋和也のほか、成田昭次、前田耕陽は別々の事務所に所属しており、再結成は絶対にないと言われていました。その岡本も、2021年からジャニーズ事務所とはエージェント契約へ移行しています。なので、楽曲管理をするジャニーズが再結成は許さないと思われていたんです」(スポーツ紙記者)

 しかし事情はまったく違った。ジャニーズ事務所は、水面下で男闘呼組の復活をバックアップしていたという。

「岡本は数年前から男闘呼組の再結成をジャニーズサイドに申し出ていました。しかし、これまでの慣例もあり、メンバーが辞めているグループの再結成は認められないと却下。そこで、岡本がエージェント契約に変えたので、実質誰もジャニーズの直接所属ではなくなり、“再結成も勝手にやってOK”ということになったのでしょう。とはいえ、もちろん復活後の管理はジャニーズ事務所がしますし、今回の『音楽の日2022』もサポートがあって出演が決定したのですが……。つまりは建前上、メンバーが誰も所属ではない形にしたかったようです」(民放関係者)

 ジャニーズ事務所はなぜそこまで、男闘呼組の再結成を全面バックアップしているのだろうか?

「正直、今回の男闘呼組の再結成はジャニーズ事務所に直接的なうま味はない。業界では、『これは壮大な実験だ』と囁かれています。というのも、ジャニーズではこれまで、解散したグループは再結成することが難しかった。それは、事務所の舵取りを行っていたメリー喜多川さんが生前、グループ内で1人でも退所者がいる場合には再結成NGというルールを作っていたからです。ただ今回、岡本さんがエージェント契約になってまで男闘呼組が再結成したのは、他のグループも復活させる計画があるからだと聞きます。メリーさん亡き後、現実主義な娘の藤島ジュリー景子氏が社長になったことで、過去のわだかまりがあろうが再結成でもなんでもビジネスとして“おカネが稼げればOK”ということになったようです」(同上)

 その再結成を目論むグループというのが、ズバリTOKIOだという。

「山口達也は2018年にスキャンダルで“クビ”になり、長瀬智也も2020年にジャニーズを退所。長瀬は芸能界からも離れ、残ったメンバーで『株式会社TOKIO』を結成しています。かつてのメンバーがバラバラの状態ですが、復活プランが着々と進行しているんです。特に山口は芸能界への復帰を切望しているようで、メンバーもどうにかサポートしたいと考えている。そこで、長瀬が一肌脱ぐ格好でTOKIOの期間限定再始動を予定しているようです。長瀬は芸能界に未練はないのですが、兄貴分だった山口の復帰を望んでおり、手助けをすることはやぶさかではない。『株式会社TOKIO』はジャニーズの子会社扱いですが、そこは別会社というテイで、山口の復帰も容認するようです」(スポーツ紙記者)

 さらに、今回の男闘呼組の復活は、もう一つの意味も持っていると言われている。

「ズバリ、SMAPの再結成ですよ。現在、『新しい地図』として活動する草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎と、こちらもジャニーズから独立している中居正広の4人は、定期的に連絡を取り合っています。でも、そこに木村拓哉が合流することはありません。木村さえ首をタテに振ればSMAP再結成のハードルはそこまで高くはないのですが、その可能性は限りなく低いんです。
 でもそんな木村が、ジャニーズ事務所内で唯一頭が上がらないと言われているのが岡本です。岡本は木村を若手時代から可愛いがり、“キムタク”の原型を作った大先輩。今回、そんな岡本の主導で男闘呼組が復活したことに、木村はかなり影響を受けているとか。……これは、ジャニーズ事務所が巧妙に仕掛けたもので、木村の心をSMAP再結成へ傾かせるために岡本に動いてもらったのでは、とも囁かれています。それくらい、SMAPの再結成はカネになりますから。今後、木村にもエージェント契約を勧めていく方針のようです」(民放関係者)

 男闘呼組の突然過ぎる復活は、ジャニーズ事務所にとってさまざまな意味を孕んでいるようだ。TOKIOとSMAPも、どこかの音楽番組で電撃復活となるか?

  • 8/4 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 男闘呼組ってグループの復活をエサにした邪推ですね(笑)

記事の無断転載を禁じます