「新国会議員」ガーシーの強烈暴露本で大激震!「即友だち宣言」で回避のはずが「アテンダー誕生のきっかけ」発覚でロンブー田村淳に逆風!「木下優樹菜との泥沼バトル」にも賛否の声

拡大画像を見る

 8月3日は、7月10日の参院選で当選した参議院議員の初登院日。初当選した議員たちにとっては、一生に一度の晴れの舞台となるはずだったが、ある意味で、最も注目を集めた男の姿はそこにはなかった。

「NHK党から出馬して、見事に当選したガーシーこと東谷義和氏(51)ですね。氏は現在ドバイにいて、国会には出席しないことを表明していましたが、国会を欠席するために提出した海外渡航届は全会一致で否決されています。参院側は速やかに帰国を求めるようで、このまま東谷氏が出席しないのであれば、国会議員の地位を剥奪する“除名”まで視野に入れた処分の可能性もありうる。

 YouTuberから本当に国会議員になった東谷氏がこれからどうなるのか、という去就には、大いに注目が集まっていますが、そんな渦中の東谷氏は著書『死なばもろとも』(幻冬舎)を上梓。その内容が、大激震を呼んでいるんです」(夕刊紙デスク)

 8月1日に発売された同書では、東谷氏と小出恵介(38)やエイベックス代表取締役会長の松浦勝人氏(57)といった著名人についての記述のほか、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)とのかかわりについても触れられている。

 今年2月17日に、“暴露系YouTuber”として、これまで接待=アテンドしてきた有名人の裏の顔を暴露する、形で東谷氏は活動を開始。それから間もない3月上旬、淳は自ら東谷氏と交友があったことを認め、“友だち宣言”。それを受けて、東谷氏は動画「ロンブー淳について話します」という動画で、淳について「今の僕と友達って言うのはリスクしかない」「ああやって先手を打つって方法もあるし、すごい賢いなって思います」と絶賛した。

「昨年12月発売の『女性セブン』(小学館)での“BTSに会わせる詐欺”の首謀者だという報道をきっかけに、東谷氏は27年にわたって“アテンド”してきた芸能人たちに“裏切られた”と主張し、城田優、綾野剛、新田真剣佑らに対して、一方的な暴露をスタート。これに対して、淳は自ら“友達ですよ”と言うことで東谷氏の矛を収めさせたわけです。

 その立ち回りの手腕が、さすが、と言われていましたが、今回出版された本では、淳についていろいろ書かれてしまっていて、逆風を呼びそうなんですよ」(前同)

■田村淳がガーシー上京を勧めたエピソードも詳しく公開

 同書では、淳と東谷氏は初対面は最悪だったものの、共通の知人を通じて仲良くなったこと、そして淳がある日〈ねえ、ヒガシさん東京出てこない? こんだけしゃべりがうまくて、女の子に人脈がある人はどこにもいないよ。大阪よりも東京のほうが絶対向いてるよ〉と言われたことで上京を決め、芸能界で活躍する“アテンダー”としての生活が本格的に開始した経緯が明かされている。

「東谷氏は当時、大阪で“スネに傷をいくつも作った”ために、大阪有数のスナック街・十三から出禁を食らった、ともありました。3月に公開された動画『ロンブー淳について話します』の中でも”淳さんがきっかけで上京した”とは話していたんですが、より詳しく淳との交流が明かされたという印象です。

 大阪でいろいろあった後、たまたまタイミングよく淳さんが上京を勧めたということなんでしょうが、“アテンダー・ガーシー”誕生の立役者が淳さんだった、という印象を受けた読者もいたようです」(前出の夕刊紙デスク)

『死なばもろとも』では、真偽は不明なものの、東谷氏が過去に淳に数多くの女性を紹介したことなども、赤裸々に書かれている。

「友だち宣言」をしているように、淳は東谷氏との関わりについては隠しておらず、8月上旬には東谷氏との対談動画を自身のYouTubeチャンネル「田村淳のアーシーch」の企画「セカンドチャンス」で公開する旨をすでに告知。そのため、この程度の暴露では、淳には影響がないという声もある。

■木下優樹菜との泥沼バトルにも賛否両論の意見

「淳にダメージはなさそうだ、という声もある一方で、自身でも詐欺行為をしていたことを認めている東谷氏と深い関係にあったことや、淳の立ち回り自体にも批判が集まっています。その一例が、木下優樹菜(34)との舌戦ですね。

 7月14日に淳が、木下さんに『セカンドチャンス』企画の出演を断られたことを、一方的にYouTubeの生配信で話したのが発端です」(前出の夕刊紙デスク)

 木下は淳の発言を受けて、7月15日に自身のYouTube「ゆきちゃんねる」に動画を公開。

 木下によると、今年の1月ごろに淳が木下に「焚き火を囲って過去を語る」という対談動画に出演することを依頼し、木下はそれを承諾。3月ごろに淳サイドが木下に「ドロップアウト系の人との対談企画があって、コラボはどうですか」と打診したところ、木下は「そういう話があれば、声をかけてほしい」と返信したという。

 その後、5月になって淳から木下に提示されたのは「セカンドチャンス」という企画。2016年に覚せい剤と大麻所持の疑いで逮捕された高知東生(57)や、2007年に都内の工場で銅線を窃盗し警備員へ暴行をしたとして懲役5年6か月の実刑を受けた後藤祐樹(36)との並びで、3本目の動画に出演しないか、という打診だったという。木下はスタッフたちと相談の末、「コンセプトに合わない」という理由でオファーを断ったのだが……。

「木下はオファーを断った経緯を説明したんですが、淳はこの木下の動画にかぶせて“断り方が失礼だった”と7月21日の生配信で攻撃。泥沼バトルになりました。こうした行動に対して、ファンからも“ロンブーの淳さんが配信で関係ない視聴者に晒すのも間違ってると思う”、“田村淳もおとなげないな。仕事断られたことわざわざ暴露しなくてよくない?”といった賛否両論の意見がSNS上に多く投稿されています」(前同)

 淳は近年はコメンテーターとして活動したり、オンラインサロンを開いたり、社会問題についてのご意見番的な存在として、テレビとは異なるクリーンで、落ち着いたパブリックイメージを作り上げてきた。

「淳さんは、長年にわたって政界進出の噂が報じられてきましたよね。淳さん本人も、2021年6月の『あちこちオードリー』で、オードリーの若林正恭に対して“政治家はいつかやりたい”と語っています。ところが、ここにきて著書で淳さんが“ガーシー”という存在を生んだきっかけであったことや、女性遍歴などが明らかになってしまった。初手の“友だち宣言”で防いだはずの暴露が、思わぬ形で噴出した形になってしまったわけです。淳さんにとっては予想外だと思いますよ」(前同)

 政界進出を含めた、今後の淳の去就に影響を与えそうな今回のガーシー本。はたして事態はどう動くのかーー。

関連リンク

  • 8/4 11:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

9
  • TOMO

    8/6 9:19

    国会議員に当選しながら、国会にも出席しないような、こんな男のこと、いちいち記事にするな!記事にするってことは、世間はこの男のことを注目してるってことになるから、こんな男が何をしようが、いちいち記事にするな!そしたら己の身を知ることになる。世間が見放すべきである。そして国会で一刻も早く、この男の除名を決め、はやく追っ払え!!

  • 東谷氏が出てきた当初からずっと感じていたけど、そのうちに行き止まる。暴露を金にかえているだけで、世の中の為に色んな悪事を暴露するというのなら、焦らしたりしないでとっとと暴露したらいい。本人は立花氏を上手く利用して議員になれたと思ってるのかも知れないけど、逆に立花氏に利用されただけ。

  • 東谷は政治家の裏事情も知っていることは話すと、ずっと以前から公言しています。国会に登院しないのは、身の危険を感じているから。安倍元首相の事件後さらに危ないと感じ、国会に警護の要請をするも断られ、理由書を提出したうえで登院を断念しています。もっとも、『身の危険』という理由を認めてはもらえませんでしたが…真偽のほどはわかりませんが、国会議員だろうと命を危険にさらしてまで登院しろとは言えないと思います。

記事の無断転載を禁じます