TKO木本「7億円投資トラブル」“5時間インタビュー”にあった「ブチギレ匂わせ」!“嫁独走芸人”みなみかわは「よゐこ不仲」&「会社終わる」超爆弾発言、9年前にトラブル退社の元オセロ中島も「内実暴露」で…「ヒコロヒーも危ない」松竹芸人「大暴発」危機!

拡大画像を見る

 7億円とも言われる“投資トラブル”の渦中にあるお笑いコンビ・TKOの木本武宏(51)が8月1日夜、個人事務所を通じて「お詫び」と題した文書を発表した。

 木本は「この度は大変お騒がせして申し訳ございません。また関係者に皆さまには大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。改めてお詫びいたします」と謝罪し、「この騒動が明るみに出て、2022年7月23日に、松竹芸能を退所させていただきました」と報告した。

 木本は、外国為替証拠金取引(FX)と不動産を巡るトラブルがあったなどとし、資金を預けた無登録業者と、弁護士を通じて返金交渉をしているという。

 文書によると、FX投資の業者A氏と不動産投資の業者B氏から返金計画が示され、不動産に関しては解決の方向が見えてきたものの、FXに関する計画は「納得いくものではなく、刑事告訴を視野に動いている」とし、預けた金額や業者に紹介した人物については「一切お答えできません」と表明している。

■5時間インタビューで全貌が明らかに

 文書に先駆け、木本は8月1日配信の『NEWSポストセブン』の5時間以上にわたる独占インタビューに応じ、トラブルの全貌を語った。

 トータルの損額は7億円以上とする報道もあるが、A氏とB氏に渡った額は“6億円強”。一部は返金があったものの、いまだに3億円以上が使途不明のままだという。

「自称トレーダーでFXの運用を任せていたA氏はそもそも資金を運用していた記録もなく、取引の実態すらなかったといいます。その後、傷心の木本さんに近づいてきた会社経営者のB氏も“僕の知り合いにすごい会長がいて、その人しか触れない土地というのがある”という言葉で、木本さんを不動産投資に誘ったということです。

 このように、通常では考えられないような話に乗っかり、周囲を巻き込んで大金を失ってしまった。A氏絡みでお金を失ったことで冷静な判断ができなくなったこと、仲間のお金を預かっていることへのプレッシャーと責任感から、木本さんは今回の大変な事態を招いてしまったと言えそうです」(ワイドショー関係者)

■TKO木本がチラつかせた「事務所への不満」

 騒動が明らかになった際、木本は自ら松竹芸能に「辞めます」と申し出たというが、松竹サイドは「ちょっと待て」と引き留め、解決策を話し合おうとしたという。

 木本は「事務所はクビだとは言いません。むしろ、どうやったら少しでもマシな状態に持って行けるかというのを考えてくれました」と明かし、「僕は松竹芸能が大好きです」と事務所に感謝を述べている。

「木本さんはそう言ってますが、違う話も聞こえてきていますね。事務所が守ろうとしても守れなかった理由……。

 そして木本さん自身も『NEWSポストセブン』のインタビューのなかで、事務所にチクリと苦言を呈する場面もありました。事務所が事態を察知したのは6月頃。バラエティ番組の収録中に芸人同士のトークがきっかけで、業界中に噂が広がったといいますが、木本さんはもっと早い段階で事務所に相談していたそうです。インタビュー記事のなかでも<事務所にはこの件をもっと前から相談していたので、困惑もありました>とあります。

 しかし、当初は大事にとらえられることはなく、後に前述の番組でのことで事務所の上層部の耳にも入り、深刻な事態だということが明らかになり、木本さんの事情聴取が行なわれ、次々と番組を降板。結果的に事務所を退所することになったといいます」(前出のワイドショー関係者)

 相方の木下隆行(50)の“ペットボトル事件”に続き、木本の騒動でも大揺れの松竹芸能だが、別の芸人の言動でも揺れているという。

 お笑いプロ関係者は「相変わらずみなみかわさん(39)の事務所批判が止まらないんです」と漏らす。

■大ブレイクも“痛烈すぎる”「事務所批判」で上層部から睨まれているみなみかわ

 みなみかわといえば、木本の投資話に乗ったとされる同じ事務所の後輩芸人でもある。

 ここ最近は『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、『ゴッドタン』(テレビ東京系)、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)などの人気バラエティ番組に立て続けに出演。

 東野幸治(54)、千原ジュニア(48)、元テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(46)のYouTubeチャンネルにも登場しているが、これらの仕事はみなみかわの妻がSNSでDMを送り、夫の共演を依頼したことで実現した、ということでも話題を呼んだ。

 そんなみなみかわは、これまでテレビ番組やツイッターなどで事務所批判を展開。2021年9月放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出演した際には「松竹の社員はお金を横領することしか考えていない」と話し、同年12月の同番組に再び登場すると、前回の反響について問われ「松竹の芸人からは、苦虫を噛み潰したような顔をされました」「事務所ライブに呼ばれなくなりました」と明かしていた。

「松竹グループには、芸人が所属する松竹芸能以外にも歌舞伎俳優が所属する松竹エンタテインメント、映画をはじめとする映像制作を手掛ける松竹撮影所などの関連会社もありますし、歌舞伎座も松竹の運営です。

 松竹芸能のマネジメントの現場は、みなみかわさんの事務所批判がネタで、笑いとして成立していることを理解してくれています。ただ、日本の芸能文化をつくってきた伝統の松竹グループの上層部の中には“会社批判するようなヤツは絶対に許さん”という人もいるそうで、これまでも事務所批判を再三注意されてきたといいます。

 しかし、ここにきてさらなる事務所批判と看板タレントであるよゐこの有野晋哉さん(50)と濱口優さん(50)の不仲説にも触れてしまいましたからね……」(前出のお笑いプロ関係者)

■よゐこの有野と浜口は「ちゃんと会話してないです」と暴露

 7月27日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演したみなみかわは、松竹芸能について「時間の問題で終わりますね」と嚙みつくと、オードリーの春日俊彰(43)は「そんなわけないじゃん」と突っ込みを入れる。

 これにみなみかわが「そんなわけないって、松竹芸能にいないのになんで言えるんですか?」と応じると、春日は「活躍している芸人さんいっぱいいるでしょ?」とヒコロヒー(32)とよゐこの名前を挙げてフォローを入れた。

 しかし、みなみかわは「よゐこさんは今、(YouTube)配信しかしてない」「よく見てください、よゐこさんの配信。2人、全然会話してない」「芸歴が成せる技で会話してるように見せてるけど、ちゃんと会話してないです」と持論を展開し、よゐこの不仲説に触れたのだ。

■事務所の稼ぎ頭の女性芸人にも“不安”が

 前出のお笑いプロ関係者が続ける。

「『あちこちオードリー』の収録は、木本さんのトラブルが勃発する前だとみられますが、それにしたってみなみかわさんは事務所批判や自社の看板タレントについての暴露をブッコミましたよね……。

 これまでも事務所から睨まれていたみなみかわさんですが、『あちこちオードリー』での発言で事務所上層部との乖離がさらに進む可能性もあります。事務所上層部だけでなく、やはり先輩芸人もみなみかわさんに対して怒っているという話ですからね。そして、今回の“よゐこ不仲”暴露はさすがにヤバそうですね……。

 そんな大問題を抱えながらも絶好調のみなみかわさんと並ぶ、松竹芸能の絶好調芸人と言えば、ヒコロヒーさんですよね。しかし、そんな彼女にも不安がささやかれているようです」

■大ブレイクのヒコロヒーがピリついている!?

 ヒコロヒーは『キョコロヒー』をはじめ、『爆問×伯山の刺さルール!』(ともにテレビ朝日系)、『ドーナツトーク』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYO MX)など多数のバラエティ番組、情報番組に出演。女優としてドラマや映画にも出演している。

「ヒコロヒーさんは、CMにも出演するなど売れに売れまくっていて、今や松竹芸能の稼ぎ頭の1人。事務所も彼女を猛プッシュしています。ただ、ヒコロヒーさん本人は“まだ実力が伴っていない”という意識もあるのか、会社を上げてまでの猛プッシュに“辛い”と感じているようなんです。元々、現在のようなメジャー路線を行くタイプでもないといい、今、精神的にかなりピリついているという話も聞こえてきていますね。そして、ヒコロヒーさんも事務所に毒づくこともありますよね」(前同)

 2021年3月放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演したヒコロヒーは、今回“7億円投資トラブル”が勃発した先輩・木本について「松竹の後輩には芸についてなどとイキって語るけど、吉本芸人の前ではヘラヘラしてる」と指摘。

 今年6月16日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、事務所が運営するYouTubeチャンネルの企画について「事務所の運営に“めちゃめちゃおもんないから変えたほうがいい”って言ったら、ちょっとだけ傷ついた顔するんですよ……その資格あるわけないやろ!」と言い放つ場面もあった。

「ヒコロヒーさんと同じ女性芸人で元松竹芸能所属で元オセロの中島知子さん(50)も、あらためて松竹芸能について言及していました」(同)

■オセロ中島にキー局復帰の兆し

 中島といえば、かつては『ぐるぐるナインティナイン』や『世界の果てまでイッテQ!』(ともに日本テレビ系)など、多くのバラエティ番組で活躍したものの、2011年4月に体調不良で長期休養。プライベートでの騒動もたびたび報じられ、2013年には所属事務所から契約解除となり、松嶋尚美(50)と組んでいたオセロは解散。現在は大分県別府市に住み、九州のテレビ番組に出演している。

 しかし、ここ最近はキー局の番組で目にする機会も増えており、7月9日放送の『さんまのお笑い向上委員会』にも出演。ブランクを感じさせない軽快なトークと返しを披露した。

■9年前に退所した松竹芸能に苦言

 そんな中島は松竹芸能について「会社にはヒモみたいな芸人しかおらんから、男がね。男がまたしっかりしてないんですわ!」「マネージャーさんも、ちょっと」と苦言を呈していた。

「かつて所属していた中島さんに加え、今まさに事務所を引っ張っているみなみかわさんは上層部から睨まれていますし、ヒコロヒーさんも限界を迎えて、暴発的に退所するなんてこともゼロではないのかもしれません。

 所属の芸人が会社批判をするのは、松竹芸能ではこれまでも“あるある”でしたが、TKOの木下さんの問題に加え、相方の木本さんの一件は芸能界を巻き込むまでに発展。多くの松竹芸人が今後に対してリアルに不安を抱いている、と聞こえてきていますね……」(前出のお笑いプロ関係者)

 TKO木本のトラブルに続き、みなみかわとヒコロヒーを巡っても騒動が巻き起こる!?

関連リンク

  • 8/3 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます