中居正広『金スマ』名物キャラの「現代の陰陽師」が昨年末に変死!「中居への言及」とオカルト共通点

拡大画像を見る

 8月1日発売の週刊誌『FLASH』(光文社)が、過去に一世を風靡したある男性の訃報を掲載した。

「01年に野村萬斎さん(56)主演映画『陰陽師』が公開されたのとほぼ同時期に“現代の陰陽師”と呼ばれ、いろいろなテレビ番組に出演していた石田千尋さんが21年12月31日までに、家で死亡していたとのことです。

 21年12月26日に《急に、意識を失い、倒れた》というツイートをしたりと、具合の悪さをうかがわせていましたが、12月31日に石田さんに部屋を貸していた知人Aさんが、石田さんが死亡しているのを発見したそうです」(専門誌記者)

 石田さんは00年代前半に『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)や、当時SMAPの一員だった中居正広(49)がMCの『中居正広の金曜日のスマたちへ(現:金曜日のスマイルたちへ)』(TBS系)と『うたばん』(前同)などに出演し、人気を博していた。

 平安時代のような服装で怨霊に憑りつかれているという依頼主の家庭へ赴き、「ここの家を呪っているのはお前か?」「祟ることは止めてくれぬか?」と語りかけ、「ふるえゆらゆらとふるえ……」と呪文を唱えて除霊する、というスタイルで有名だった。

「とりわけ『金スマ』では、『金スマ陰陽師』や『陰陽師石田ちゃんの神業リフォーム』と題した冠コーナーもがあるなど、中居さんと縁があったため『FLASH』は事務所にコメントを求めたそうですが、《丁寧な断りがあった》とのことです。中居さんと石田さんが最後に共演したのは、12年の『火曜曲!』(TBS系)だったと記憶しています」(前同)

■中居についてブログで言及したことも

 12年当時の石田さんのブログ(名義は胸形千尋)には、『火曜曲』の出演に関してこんな記述もあった。

《久しぶりに、多分、テレビの仕事は、4、5年ぶりだと思う。

 SMAPの中居君も、あいかわらずのテンション、いったいあの元気は、何処からわき出てくるのだろう?

 すごく長い収録の時間、ずっとあの勢いなのだ、流石プロフェッショナルザマス。》

 そのほか、自宅にはテレビがないこと、江角マキコと共演できてうれしかった旨などが、ブログにはつづられていた。

「ちなみに、中居さん自身はジャニー喜多川さんの遺骨を20年の退所会見でお守りとして紹介する際に“神頼みやゲン担ぎをするほうじゃない”としていましたが、それなりにオカルト的な話をすることはありました。ファンのあいだでは、“ハサミさん”が有名ですね」(前出の専門誌記者)

 中居は13年の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で、失くした物が見つからないときにハサミを顔の横で動かしながら「はさみさん、はさみさん、私が探している○○はどこにありますか?」と唱える、というおまじないの話をしたところ視聴者からの反響が殺到し、番組宛てに探しものが見つかったとの声が100件近く届けられ、翌週に「中居の『ハサミさん』緊急レポート」という企画を組んだことがある。のちにラジオにて、「誰から教わったか覚えていない」とも話していた。

 かつて、一世を風靡した“陰陽師”の死に、中居は何を思うー-。

関連リンク

  • 8/2 7:33
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

2
  • 心霊、怨念は、たいした力も無いのに真似事はしないことだな!!┐(´д`)┌ 半端にやると、自分に負担が来るから!!(´Д`|||) 知識だけでできることでは無いから!!(-""-;) 統計学の占いとは、別物だから!!┐(´д`)┌

記事の無断転載を禁じます