あびる優VS元夫・才賀紀左衛門「7歳娘争奪争い」が『週刊文春』VS『女性セブン』の「誌上バトル」発展も…和田アキ子も“激怒必至”の酷すぎ「暴言LINE」と「DV画像」の衝撃!!

拡大画像を見る

 タレントのあびる優(36)が、元夫で格闘家の才賀紀左衛門(33)が裁判所が認めた親権の変更後も応じることなく現在も娘のAちゃん(7)と暮らしていることを7月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に告発したが、同月28日発売の『週刊文春』(文藝春秋)と『女性セブン』(小学館)に続報が掲載され、さらなる泥沼の様相を呈しつつある。

 あびると才賀の離婚が成立したのは2019年12月。当初は才賀が親権を持ち、Aちゃんはあびるとは離れて暮らしていた。しかし、離婚直後にあびるは親権者変更とAちゃんの引き渡しを申し立て、2021年4月には東京高裁で親権変更が確定。Aちゃんの身柄を引き渡す合意書が締結されたという。

 あびるは7月21日発売の『週刊文春』に、才賀が親権も監護権もないままAちゃんを実行支配する形で同居する“違法連れ去り”状態が、1年以上も続いていると告白。

 一方の才賀は、自身のブログに寄せられたファンからのコメントに「なにを言われようが家族一番で家族の事を考えて行動、生活しています」と返答するなど、事実婚状態にあるフリーライターの絵莉さんとAちゃんとの円満ぶりをアピールしている。

 才賀は高裁の決定後も、Aちゃんの引渡しを一貫して拒否。その理由として、「Aちゃんがあびるの元へ行くことを嫌がっている」と主張していた。

■父・才賀がAちゃんを“洗脳”!?

 さらに7月28日発売の『週刊文春』の取材にあびるは、才賀がAちゃんに対し、あびるにネガティブな気持ちを持つような“洗脳”を行なっていると明かした。

 離婚直後に面会した際には「ママだーいすき」と甘えてきたAちゃんだが、2021年11月に行なわれた家庭裁判所の調査官による心情調査に対しては「ママじゃない。優ちゃん。人間でもないし。動物だよ」と言うまで態度が変わってしまったという。

 今年3月に面会した際には、Aちゃんから「あんたは産んだだけの人」といった趣旨の発言をされ、衝撃を受けたと心情を吐露している。

「これが洗脳だとあびるさんサイドは主張しているんです。一方、才賀さんの友人は『女性セブン』の取材に“格闘家が一般人に手を出すことはない”とDV疑惑を否定。さらに、あびるさんの酒癖と“虐待”や“ネグレクト(育児放棄)”が疑われる問題行動を主張しています」(ワイドショー関係者)

■週刊誌を介して「あびるvs才賀」の代理戦争に

 結婚当初からあびるは昼夜問わず酒を飲み、Aちゃんが生まれてからもそれはあらたまることはなかったという。あびるが才賀の不在時に、Aちゃんを置き去りにしたまま何時間も飲みに出かけたり、深夜にカラオケバーに連れ出して、タバコの煙が充満する部屋のソファで寝かせていたこともあったと才賀の友人は主張している。

「誌面にはあびるさんの問題行動とされる写真や動画、LINEのやりとりが掲載されていて、双方の主張は180度真逆と言ってもいいほど。『週刊文春』と『女性セブン』上で、『あびるvs才賀』の代理戦争が勃発――といった様相を呈しています。

 それにしても『女性セブン』に掲載されているあびるさんの写真とLINEのやりとりはあまりにも衝撃的ですよね……」(前出のワイドショー関係者)

■あびるの衝撃LINEの内容

「あびるさんはLINEで才賀さんのことを“筋肉バカ”と称したり、親権を放棄するようなメッセージも残しています。

 さらにより衝撃的なのは、2018年10月の深夜3時に自宅で才賀の友人が撮影したという連続写真。そこには、あびるさんがAちゃんの腕をつかんで振り回す姿が写し出されています。あびるさんがAちゃんの手をグーッと引っ張って、プロレス技のジャイアントスイングのように振り回そうとしているとんでもない写真が掲載されているんです。さらに飲食店でAちゃんの髪の毛をハサミで切るあびるさんの姿も確認できます」(前同)

■Aちゃんを「アッコさんと同じ髪型にする」

 Aちゃんはディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』の主人公のように髪を伸ばすことに憧れていたものの、あびるの意向で髪を短く刈り上げられていたという。

 事務所の大先輩の和田アキ子(72)に気に入ってもらうために、Aちゃんを「アッコさんと同じ髪型にする」とあびるは言っていた、と『女性セブン』は伝えている。

「『女性セブン』に掲載された写真は、飲食店でハイボールを飲みながら店のキッチンばさみを借りて髪を切っている姿だといいますから、これが本当だとしたら言葉も出ません……。

 飲食店で髪を切るということがすでに非常識な行動ですが、ここで名前を出されてしまったアッコさんはトバッチリでしかありませんし、この話を聞いたら『アッコにおまかせ!』(TBS系)などであびるさんの行動に激怒するのではないでしょうか。

 また、一連の写真やLINEを見てみると、あびるさんの言動は子どものいる親からすると首をかしげざるをえないもので、『週刊文春』に明かした彼女の主張をそのまま信用することは到底できなくなってしまいます。写真はやはりすべてを物語っていると思われます。ぜひ、誌面で見てもらいたいですね」(前出のワイドショー関係者)

■『週刊文春』vs『女性セブン』が勃発!?

 180度違う双方の主張――。しかし、あびるの写真とLINE画像のインパクトはあまりに凄まじく、この問題はさらに波紋を広げそうだ。

「『週刊文春』はあびるさんサイドの主張を、『女性セブン』は才賀さんサイドの主張をメインに掲載していますが、どちらかの主張がすべて正しいかと言えば、そういうことでもないのでしょう。本当の真相は夫婦しか分かりませんからね。

 ただ、『週刊文春』はナンバーワン週刊誌のプライドとして、掲載した記事には自信があるでしょうし、一方の女性週刊誌のトップ『女性セブン』も写真つきでここまでのことを報じたため、この件に関して双方が引くことはないでしょう。あびるさんと才賀さんもそうですが、トップ週刊誌同士のバトルにも発展し、事態はより大きくなっていく――そういうことも考えられそうです」(前同)

 トップ週刊誌の誌面を使った元夫婦バトルが勃発してしまったが、間に挟まれた愛娘Aちゃんの思いは――。

関連リンク

  • 7/28 11:55
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます