新垣結衣、「女神伝説」再び!“打ち切り秒読み”フジ『新しいカギ』を“ガッキー待ち”で「視聴率3%爆上げ救済」、主演映画『ゴーストブックおばけずかん』では“子役大感動”の「手書き手紙」…「人妻でも最強」秘話!!

拡大画像を見る

「7月23日の『新しいカギ』(フジテレビ系)の視聴率が爆上がりし、あらためて新垣結衣さん(34)の存在感が高まっています」(制作会社関係者)

 チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコといった人気若手芸人をレギュラーに迎え、2021年4月に金曜20時台でスタートしたバラエティ番組『新しいカギ』(公式サイト)。

 同年10月には『オレたちひょうきん族』や『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』、『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』といった、伝説的なお笑い番組が放送されていた土曜20時台のフジテレビの看板「土8」枠に移動するなど、同局が最も注力しているお笑い番組でもある。

 しかし、スタートから数字は振るっておらず、土曜夜に移動してからも世帯視聴率は4~5%ほどを推移。テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率も、2%台をうろうろしていた。

「今春の時点で“今後、致命的に悪い数字が出たら番組の打ち切り”という話も出ていたほどです。そうして迎えた7月2日の2時間SPの数字が致命的に悪かったんです」(前同)

■“ガッキー効果”でコア視聴率横並びトップに

 7月2日の放送は「VSお笑いパイセン大集結!新コント連発」と題し、カンニング竹山(51)、シソンヌの長谷川忍(43)、マヂカルラブリーの野田クリスタル(35)、指原莉乃(29)などが出演。

 ここ最近の『新しいカギ』にはなにわ男子などの人気ジャニーズタレントが出演していたものの、基本に立ち返ってさまざまな世代の芸人が集結し、コント中心の放送となった。しかし、世帯視聴率は2.6%、コア視聴率は1.8%と、土曜のゴールデン番組としては目も当てられない結果に。

「ただ、7月23日の2時間SPも、世帯視聴率は5.6%とそれほど良くはなかったものの、コア視聴率は4.3%と爆上がりしたんです。同時間帯の『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)の3.9%よりも高い横並びトップのコア視聴率で、通常回から2ポイント以上も上昇。打ち切り危機の『新しいカギ』を救うような数字を記録したのですが、これが“ガッキー効果”だったと、もっぱらです」(同)

■“ガッキー待ち”で『新しいカギ』に不満噴出も…

 新垣は7月22日から公開されている映画『ゴーストブック おばけずかん』の共演者らとチョコプラがメインの「クイズ作家ヤノとヒダカの楽屋横断ウルトラクイズ」という企画に登場し、さまざまなクイズに挑戦した。

 番組終盤での登場ということもあり、一部視聴者からは「ガッキー待ちだが、1時間以上こんなクソつまらない番組見るの苦痛だな」「ガッキー目的に我慢して見てるが、苦行だ…」といった不満が噴出してしまった。

「なにわ男子出演回もそうでしたが、『新しいカギ』ではメインゲストを番組の終盤まで引っ張って視聴者の注意を引くという手法をよく使ってきました。批判の声は当然出てしまいますが、それが新垣さんのゲスト回は見事にハマり、コア視聴率が跳ね上がったんでしょう。

『新しいカギ』終了後の21時からは、同じく新垣さんが出演する『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』が放送されましたが、こちらも世帯11.3%、コア5.8%で横並びトップの超高視聴率でした」(前出の制作会社関係者)

■“夫婦共演”の映画では子役に「感謝の手紙」

 その新垣が出演する映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌には、星野源(41)の『異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)』が採用されており、新垣との“夫婦共演”も話題を呼んでいる。

「映画では新垣さんは先生役を演じています。メインの子役たちは撮影時に地方で合宿ロケを行ない、親交を深めたそうです。ただ、新垣さんはスケジュールの都合上でしょう、合宿ロケには参加することはできなかったそうです。ですが新垣さんは、クランクアップ前に子どもたち一人ひとりに宛てて感謝の手書きの手紙を送ったといいます。これには子どもたちも大感動だったようですよ。

 また、子役の2人が現場で大ゲンカをしてしまったときにも、双方の話を聞いて、2人を呼び出して仲を取り持ったりしたこともあったとか。さらに、子役に勉強を教えることもあったそうで、分からない部分はネットで調べたりと、すっかり先生の顔になっていたようです。本番以外でも子役と密に交流することで、役作り、そして現場の雰囲気作りをしていたのでしょうね」(芸能プロ関係者)

■『鎌倉殿の13人』の三谷幸喜もガッキーにメロメロ

 新垣は、小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(公式サイト)で八重役を好演したが、脚本を手掛ける三谷幸喜氏(61)も新垣にメロメロで、自然と八重の出番が増えるような脚本になった、とも一部で報じられた。

「『鎌倉殿の13人』も“ガッキー効果”も相まってか、スタートから高視聴率をキープしていますよね。バラエティ番組やドラマ、映画に加え、CMでも伝説をつくり続けています」(前出の芸能プロ関係者)

■CMギャラは1社1億円!?

 新垣はアサヒ飲料「十六茶」、GMOクリック証券、任天堂「リングフィットアドベンチャー」、アサヒビール「アサヒ生ビール(マルエフ)」など、多くの企業のCMに出演している。

 リングフィットアドベンチャーは発売からしばらくは日本国内のみならず、世界的な品薄が続いたほか、アサヒ生ビールも2021年9月の発売直後から想定以上に売り上げを伸ばし、商品供給が追いつかず販売が一時休止となったほどだった。

「新垣さんを起用すれば商品が爆発的に売れるという伝説が生まれました。一部ではCMギャラは超破格の1社1億円、なんて噂もされていますが、それも納得の広告効果をもたらしてくれる。

 結婚すると人気が落ちる女優は少なくありません。しかし、新垣さんはむしろ逆で、好感度抜群の星野さんとの結婚でさらに存在感が高まっているんです。打ち切り危機の『新しいカギ』とフジテレビもそうですが、ガッキーの“女神伝説”に期待し、頼りたいという業界関係者は少なくありませんよ」(前同)

 結婚し、フリーになった今も絶好調――ガッキーの「女神伝説」はまだまだ続いていきそうだ!

関連リンク

  • 7/28 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます