キスマイ玉森に、黒柳徹子が終始デレデレ…いつもと様子が違った『徹子の部屋』

拡大画像を見る

 22日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』にKis-My-Ft2の玉森裕太が出演。黒柳徹子が、玉森のウインクに大喜びするなど終始デレデレだった。

 玉森はジャケットの下に振袖姿の徹子が印刷されたTシャツを着て登場。

 玉森が「本当に素敵です」と写真の黒柳を褒めると、黒柳は「あ、そう?どうもありがとうございます」と満点の笑顔だった。

 この日の黒柳はテンション高め。

 初登場ということで玉森に自己紹介を求めたのだが、番組の指示か「最後にウインクもして欲しいんですって、ファンの方のお願いで」とウインクも要求。玉森が少し照れながらカメラ目線でウインクすると、黒柳は「あらー! アハハハハ」と拍手で大喜び。

 また黒柳は「かわいい」を連発。玉森の愛称「玉ちゃん」に「猫みたいでかわいい」、子どもの頃の写真が2枚出ると「すごいかわいい」「かわいいわね」2連発。反抗期の頃飼っていた犬が母親の味方をして玉森を噛んできたというエピソードにも「かわいい」。終始笑顔で玉森にメロメロだった。

 黒柳は、玉森の話に興味津々で遮ることなく聞き入り、相槌と話を振ることだけに専念。玉森もやりやすそうに次々とエピソードを披露していた。

 黒柳のわかりやすい態度にネット上では「徹子の部屋にキスマイの玉森君が出てるんだけどいつもより徹子さんが楽しそうにしてるw」「ジャニーズがゲストの時の徹子のテンション半端ねぇな」「今日の徹子の部屋、玉ちゃんがゲストだったけど、徹子が終始ご機嫌だったな」という声が。

 47年以上続く『徹子の部屋』ではこのところ、基本的には視聴者に合わせてか、ゲストは年配が多く、同じく高齢となった黒柳と番組が持つ膨大な過去映像を振り返ったりすることが多くなっている。また、さすがの黒柳も、矍鑠とはしているものの以前のようにはトークができていないフシも見受けられる。それでも2021年に放送した『徹子の部屋45周年スペシャル』では、世帯視聴率で14.2%、個人でも7.9%を獲得していた。

「テレビ朝日は、高齢MCの長寿番組も多く、新型コロナウイルスの影響もあって、アテンドなどにも気を使います」(テレビ制作関係者)

 芸人が出演する回では『芸人殺し』と言われている黒柳だが、玉森を前にしてはその面影なし。爽やかイケメンにわかりやすくテンションが上がる乙女の黒柳が見られた回だった。

 

 

  • 7/27 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます