プラスサイズの幼稚園教諭、園児に「僕を食べないで」と懇願される(カナダ)

拡大画像を見る

カナダ在住の「Suestylevibes」というアカウント名の女性(以下:スーさん)が今月5日、TikTokに動画を投稿したところ注目を集めた。スーさんは幼稚園の教諭として働いているが、自身の肥満体型について子供たちから様々なことを言われるという。

しかしスーさんは子供たちから受ける無邪気な発言を楽しんでいるようで、TikTokではダンスをしながら子供たちに言われた言葉を紹介している。その中には次のようなものがあった。

「ご飯はもちろん全部平らげるんだよね?」
「ねえ、先生のお腹には何人赤ちゃんがいるの?」
「(園児がお腹をさすりながら)先生、昨日の夜はマクドナルドを食べたの?」
「ねえねえ、太ったエルサを描いてみたの。だってその方が先生好きでしょ?」

また体型だけでなく、「先生の腕の毛、うちのパパの足の毛より多いね」と毛深さまで指摘されたこともあったという。そして視聴者の多くが注目したのは、今月5日に投稿された動画の中で紹介された「先生、お願いだからランチで僕を食べないでね」という発言だった。

この動画はこれまでに410万回以上の視聴回数を記録し、「『食べないで』って面白すぎる(笑)」といった声が寄せられた。中には「それであなたが傷ついたりということはないの?」と心配する声もあったが、スーさんは「子供たちは私を傷つけようとしているのではなく、ただ純真無垢で好奇心が旺盛なだけなんですよ」と返している。

子供たちの“面白発言動画”はパート1から今のところパート6まで投稿されており、パート2の動画でスーさんは園児たちへの愛情をこのように明かしている。

「(誤解のないように)はっきりさせておきますが、園児たちは私を愛してくれているんです。彼らは3~5歳ほどですが、頭に浮かんだことをすぐに口にしちゃうんですよね。私は園児たちの言葉に腹を立てることは全くありません。彼らは常に好奇心旺盛で、それでいて私を信頼してくれているんですよ。」

また別の動画でスーさんは、スマイルマークをつけて「この手のネタは尽きることがないでしょう」と言葉を添えている。

画像は『Suestylevibes 2022年7月5日付TikTok「Part 4. I’ll never run out of material for these.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 7/27 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます