内田朝陽、“7年間うつ病だった”壮絶な日々明かす「薬漬けだったし精神病院にも入った」

拡大画像を見る

 俳優の内田朝陽(40)が25日までにインスタグラムのストーリーズを更新。過去のうつ病経験を告白し、筋トレを続けている理由についても明かした。

 この日、内田は「25歳位から7年間位 鬱でマジでヤバかった 薬漬けだったし 精神病院にも入った」とつづり、過去に長期間うつで闘病していたことを告白。

 その上で「でも、過去のそんな話がしたいんじゃなくて 復活してからが新しい人生」「これから成功して 教訓生かして それが誰かの役に立ったら 本当に嬉しい」と前向きにコメント。「俺は基本ポンコツ 正義のヒーローでもない」「大物になったら 昔の話も前向きな話として 出来るかもしれない 頑張ります」と続け、「もう鬱病なんて なりたくないって 怯えてるから 筋トレしてんだよ」と筋トレに励む理由を明かしていた。

■【画像】筋トレ風景を公開している内田朝陽のインスタグラム

 インスタグラムに筋トレ動画を度々アップしている内田。昨年7月21日の投稿では筋トレ動画を公開するとともに「所謂ダイエットではないので体重に大きな変動はありませんが、見た目と体力とメンタルは激変したと感じています」とつづっている。

関連リンク

  • 7/26 14:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます