日テレ『イッテQ』“座長”58歳内村光良の「底なしの愛」!出川哲朗、イモトアヤコへの胸打つ金言

拡大画像を見る

 7月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、出川哲朗(58)と谷まりあ(26)が「夏休み直前 ご意見番の自由研究in徳島県」を放送。出川と谷が宮古島から「宇宙(※番組いわく厳密に言えば高度1万m〜5万mの成層圏)に魚を風船で飛ばして干物を作る」という企画だったが、チャレンジ後に出川が明かしたウッチャンナンチャン・内村光良(57)の裏話が評判を呼んでいる。

「成層圏ならではの真空状態と、人間なら即死レベルながら干物作りには最高な紫外線により、細胞がつぶれず鮮度を保ったまま干物になる。そのため、地上で作る干物より旨味成分が出るのも科学的に証明されているといいます。企画は滞りなく終了してスタジオトークがこの件で盛り上がったんですが、ここでイモトアヤコさん(36)が“成層圏の話”をしたんです」(専門誌記者)

 イモトは「1個思い出したのが、けっこう前に干物ができるくらいのところから、スカイダイビングやったことあって」と、出川が2011年に高度1万メートルの成層圏からスカイダイビングをした企画について言及。これに出川は、

「すごく覚えてる。前の日にチェン(内村)からメール来て。”本当に無理だったらやらないでください”」

 と、内村から心配のメールが来ていたことを明かしたのだ。これに拍手が起こると、内村は照れ臭そうに「友達が干物になっちゃだめだから!」と話していた。

■イモトをめぐり総合演出が「内村から唯一叱られた」エピソード

 ちなみに、20年8月放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)によると「高度1万メートルスカイダイビイング」は、

「息もできないから酸素マスクをかぶって、目も失明しちゃうから、特別なゴーグルとかやって落ちるやつなんだけど」「鼓膜破れるんじゃないかぐらい痛かった」

 という非常に過酷な企画だったこと、

「降りる瞬間ちょっと上見たら、ちょっと宇宙なのよ」「いつもの空の色じゃなくて、ちょっと濃い青。“あぁ宇宙かぁ”っていうぐらい」

 という光景を目の当たりにしたことを明かしている。

 こうした内村と出川のやり取りにSNSは、

《前に出川さんが溺れそうになったら助けるとおっしゃっていたなぁ》《内村さんと出川さんのこのエピソードすき》《スカイダイビングの前日、出川さんに「本当に無理ならやらないでください」とメールを送ったウッチャン。さすがの気配りと優しさだね》

 と、大いに盛り上がりを見せた。

「内村さんは業界内外で“理想の上司”とよく評されていますが、こういうところですよね。こうした気遣いのメールについては、まだ『イッテQ』のスターになる前のイモトさんの話も有名です」(前出の専門誌記者)

 21年7月15日の『AERA dot.』によれば『イッテQ』の総合演出・古立善之氏は無名時代のイモトに「バンジージャンプ10本勝負」のような海外ロケをやらせようとしたのを「内村から唯一叱られた」と語っている。

■「本当に嫌なら俺から話す」と言ってくれる理想の上司

「イモトはまだテレビに出たてで、周りのディレクターやスタッフから“飛べ”と言われたら、絶対ノーと言えない。そういう絶対ノーって言えない人間を飛ばせるのはダメだよね」

 とかなり強く言われたことを明かし、

「要するにノーって言える自由度がある人が、自分の意思で頑張ってバンジージャンプをするのは笑えるけど、自由意思がない人間が、もう飛ぶしかないと追い詰められた状況で飛ぶのは違う」

 と、内村の意見を総括していた。

 さらに内村はイモトに直接「今後、本当に嫌なときは断ってもいい。自分で断れなかったら、俺から話すから俺に電話しろ」と連絡していたというから、「理想の上司」と呼ぶほかない。

 また、今年4月3日に07年~20年5月24日までレギュラーだった元ジャニーズでNEWSに所属していた手越祐也(34)がライブツアー『NEW FRONTIER』を開催した際も、

《そして大好きなボスの内村さんからもこんな素敵なお花頂いてめちゃくちゃ嬉しかった。感動しましたありがとうございます》

 と、花束を贈ってくれたことをインスタグラムで報告しており、番組降板後も気にかけてくれる優しさが伝わってくる。

「『イッテQ』はコロナ禍で20年5月から今年5月22日放送回でアメリカのラスベガスを訪れる回まで海外ロケが行えず、国内ロケでしのいでいましたが、これを乗り切れたのも内村さんが座長としてみんなを引っ張っていたからでしょうね。まだまだ国内の感染者は増え続けているし予断は許されませんが、内村さんたちなら乗り越えてくれるに違いないでしょう」(前同)

 7月22日に58歳となった内村。これからも番組を牽引してほしいー-。

関連リンク

  • 7/24 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • TAMAちやん

    8/11 9:58

    書かれてないけど、ベッキーが問題起こして休んだ直後も番組内でベッキーにいろいろ声かけてて、いつか戻れる感じで気遣ってた。結局降板になっちゃったけど、言える立場の人が率先して言ってくれると、下も同意したりとかその話題に触れやすくなったりとかしますね。そういうところも評価されるのでしょうね。

記事の無断転載を禁じます