アンデルレヒト、インテルから弱冠20歳FWエスポジトの期限付き移籍加入を発表! 昨季公式戦7得点

拡大画像を見る

 アンデルレヒトは4日、インテルからU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポジトが期限付き移籍加入することを発表した。

 現在20歳エスポジトはインテルの下部組織出身で、2019年3月のヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビュー。16歳と255日でのデビューとなり、インテルにおける欧州大会史上最年少出場記録を更新した。その後、SPAL(セリエB)とヴェネツィアで武者修行すると、2021年夏にはバーゼルへ期限付き移籍。2021-22シーズンの公式戦で7ゴール9アシストを記録した。

 エスポジトはアンデルレヒト加入に際し、クラブ公式サイトで意気込みを示している。

「今シーズン、アンデルレヒトでプレーできることになり、とても興奮している。若い才能を育てるということに関して、とても良いクラブだと聞いているんだ。プレシーズンの早い段階でチームに合流したいと思っていた。一緒にシーズン開幕に向けた準備をすることができるからね」

関連リンク

  • 7/5 12:25
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます