初心者でも大丈夫。小回りが利く筆ペン、ぺんてる「ふではじめ」新発売

拡大画像を見る

ぺんてるは7月12日より順次、毛筆初心者向けの筆ペン「ぺんてる筆 ふではじめ」(440円)を発売開始します。

1976年の発売以来、毛筆筆ペンの先駆けとして愛されてきたロングセラー「ぺんてる筆」はコシがあってまとまりやすく、本物の筆のような書き心地が特長の筆ペンシリーズ。

一方、毛筆に慣れていない人や、毛筆初心者にとっては、筆記線をコントロールするのが難しい部分もありました。

今回新発売する「ふではじめ」は、ぺんてる筆の品質はそのままに、穂先を従来より硬く、短くすることによって、コントロールしやすさを向上させた筆ペンとなります。

ぶれにくく小回りが利き、筆ペンが苦手な人や、初めて毛筆にチャレンジする方の入門筆ペンとしても最適な1本。ボディはペンケースにも入るコンパクトサイズで、モダンな和柄デザインを施しています。インキは、書いたあとすぐに触れても汚れない速乾染料タイプです。

■新製品の特長

◇1.新開発の、硬めで短い穂先

ナイロン毛と硬質繊維をベストなバランスで配合し、筆ペン初心者でも扱いやすい、硬めで短い穂先に。これにより、毛筆でありながらペンタイプのように小回りが利く書き心地を実現しています。

穂先の硬さは、本格毛筆タイプの筆ペンに比べ3倍以上。(同社「ぺんてる筆中字」比)穂先の長さは、一般的なご祝儀袋や香典袋を書くのに丁度良いサイズで、ノートや付箋へのメモなど、日常書きにも適した短めの穂先となっています。

◇2.日常的に使いたくなる和柄デザイン

ボディにモダンテイストな和柄をデザイン。黒インキには、縁起の良い意味を持つ「矢羽根柄」「鱗柄」「麻の葉柄」、うす墨インキには「霞柄」の計4種をラインナップしています。

ペンケースに入るコンパクトなサイズで、キャップは筆置きのように使うことができます。

◇3.初心者でも使いやすい、速乾染料インキ

書いたあとすぐに触れても汚れない速乾インキです。急いでいるときも手や紙が汚れる心配がなく、安心して使えます。また、顔料タイプに比べ、インキ色が鮮やかでインキ吐出もスムーズな染料タイプのインキを採用。筆ペン初心者でも扱いやすく、日常使いにも最適なインキとなっています。

■商品概要

ぺんてる筆 ふではじめ 全4種 各440円

(エボル)

関連リンク

  • 7/5 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます