年収200万円、手取り13.5万円の20代女性「大卒でこの金額って……」

拡大画像を見る

「年収およそ200万円、手取り13万5000円。一般的に、大卒で新卒入社して勤めてきてこの金額って、絶対に平均より低いなと思う。特別やりたい夢もないから、いいっちゃいいけど」

こう語るのは、サービス系の会社の正社員として働く、20代後半の女性(和歌山県/未婚)。女性は「安定なのは満足してる」と言いつつも、今の会社の待遇に少なからず不満があるようだ。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「家族の面倒を見るにも、自分には経済力がない」


厚労省の調査(2020年)によれば、女性20代後半の大卒の賃金平均は24万9000円、手取りでは20?21万円くらいだろう。もちろん職種や地域、企業規模によるが、いくら地方とはいえ大卒で手取り13万台ではやるせない。しかし意外にも女性は、

「一応、今の月給で生活はできている。額面のうち、福利厚生を使って老後資金を毎月貯めてる」

としっかり貯金までしていることを明かす。だからといって、この手取りで満足できるかどうかは別問題だが……。女性は、

「もし将来結婚や介護で家族の面倒を見なくちゃいけなくなったとき、自分にはそれだけの経済力はないなと思う。給与面でも今勤めてる会社には満足はしてない」

と率直に綴っていた。

同じく年収およそ200万円で別の20代後半の女性(岐阜県/その他/正社員・職員/既婚)は、「大卒で正社員だが、(給与が)少なすぎる!」と激しく憤る。

「手取り13万円ほど。ボーナスも2~3万円しか出ない!残業しても1500円/時間しかもらえない!交通費が正しく払われていない!暮らしていけない!結婚2年目でそろそろ子どもが欲しいが、不妊治療をする経済力がなくて諦めざるを得ないのか」

果たして会社側は、手取り13万円の給与で社員が問題なく生活していけると本気で思っているのだろうか。

関連リンク

  • 7/5 11:58
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます