マンU、パルメイラスの19歳G・ヴェロンに関心…16億円程度での獲得を検討か

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uが、パルメイラスに所属するブラジル人FWガブリエウ・ヴェロンに関心を示しているようだ。2日、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 現在19歳のG・ヴェロンは、パルメイラスの下部組織出身。主に左右のウイングを主戦場とする同選手は、2019年11月にわずか17歳にしてトップチームデビューを果たし、以降もコンスタントに試合に出場。パルメイラスでここまで93試合に出場し13ゴール13アシストを記録している。ブラジルのA代表への招集経験はないものの、世代別のブラジル代表には名を連ねており、2019年に開催されたU-17(17歳以下)のワールドカップでは7試合で3ゴール3アシストを記録し、ブラジルU-17代表の優勝に大きく貢献した。

 以前からヨーロッパの複数クラブが関心を寄せているとも報じられていたG・ヴェロン。報道によると、マンチェスター・Uに同選手獲得の可能性があるようだ。

 マンチェスター・Uのスカウトは以前からG・ヴェロンを注視していた模様で、同選手のプレーを高く評価しており、その才能を絶賛しているとのこと。同クラブは現在、1000万ポンド(約16億円)程でのG・ヴェロン獲得を検討しているようで、今後も動向やプレーを注視していくようだ。G・ヴェロンとパルメイラスとの契約は2026年6月まで残っているものの、パルメイラスは適切な金額でのオファーが提示された場合には、移籍を容認する可能性もあると『ミラー』は指摘している。

 なお『ミラー』は、仮にマンチェスター・UがG・ヴェロンを獲得した場合、ポルトガルのスポルティングにレンタル移籍させることを既に検討しているとも伝えている。果たして移籍は実現するのだろうか。

関連リンク

  • 7/3 16:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます