リヴァプールの若手MFエリオットが背番号変更! 新シーズンから「19」に

拡大画像を見る

 リヴァプールは2日、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットの背番号が変わることを発表した。これまでは「67」番を着けていたが、2022-23シーズンから「19」番を背負うことになる。

 エリオットは2003年4月4日生まれの現在19歳。2019年夏にフルアムからリヴァプールに完全移籍した。2020-21シーズンはレンタル先のブラックバーンで結果を残し、21-22シーズンはリヴァプールに帰還。2021年9月に左足首を脱臼骨折する大けがを負って長期離脱を強いられたが、今年2月に戦列復帰を果たし、カラバオ・カップ(リーグ杯)とFAカップの2冠達成に貢献した。

 リヴァプールの背番号「19」は、これまでに元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテス氏、元オランダ代表FWライアン・バベル、元イングランド代表MFスチュワート・ダウニング氏らが着用してきた。先日にバイエルンへと完全移籍したセネガル代表FWサディオ・マネも、2016年夏から2シーズン背負った番号だ。

 背番号変更に際し、エリオットはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「過去にはサディオのような偉大な選手たちが背負ってきた番号だ。背番号を若くするいい機会だったし、僕個人としては素晴らしい番号だと思う。『19』の数字が入ったサディオのユニフォームは、子供の頃に持っていたのを覚えているんだ。だから、彼の後にそれを着ることができるのは、とても嬉しいことだよ」

「結局のところ、数字はただの数字に過ぎない。それでも、若い背番号になるのはいいことだ。次のシーズンに向けて、素晴らしいチャンスだと思う。プレッシャーのかかる中、このような背番号を着れるということを、自分自身にも、みんなにも証明したいんだ。このユニフォームを着て、またプレーできることに興奮しているよ」


【画像】エリオットが新19番に


関連リンク

  • 7/2 23:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます