中居正広「MC廃業」の危機!『金スマ』が世帯視聴率「4%台」コア視聴率も「最下位」の衝撃オワコン化!!「新しい地図」に合流の“現実味”も…立ちはだかる「木村拓哉孤立」ともうひとつの「不仲問題」!

拡大画像を見る

 KinKiKidsの堂本光一(43)と堂本剛(43)が7月1日、中居正広(49)がMCを務める『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に初出演した。

 この日の放送は「中居正広の金スマSP 祝デビュー25周年!【KinKi Kids 波乱万丈】」と題し、デビューからこれまでキンキの軌跡を再現ドラマ化。秘蔵映像や中居とのトーク満載のスペシャルとなった。

 元V6の三宅健(43)が「キンキは別格」と語るほど、ジャニー喜多川氏(享年87)から期待と愛情を注がれていたというエピソードを披露。KAT-TUNの亀梨和也(36)の口からも、ジャニー氏が常々、2人のことを引き合いに出していたという話、またいつも側にいてプロデュースしていたというジャニーズの中でも“特別な関係”が語られた。

 そして、直属の先輩後輩である中居とキンキの仲睦まじさがうかがえる『音楽の日』(TBS系)の名場面や、デビュー以来44作連続で1位を獲得している名曲の数々を振り返った。

 番組後半では「お聞かせいただいてもいいですか」と切り出した光一が、ジャニーズ事務所退所後の中居と久々に再会した際に言われた「お前らは絶対辞めるなよ」という言葉の真意を問いかける場面もあった。

「“後輩”のキンキの初出演で『金スマ』は、かなりの盛り上がりと注目を集めることになりました。中居さん、そして『金スマ』としたら“キンキに救われた”という思いも強いのではないでしょうか。というのも、番組の視聴率は全く振るっていませんからね」(制作会社関係者)

 2001年10月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』のタイトルでスタートした『金スマ』は、かつて20%近い世帯視聴率を取る超人気番組としてTBSの金曜ゴールデンに君臨。中居にとって“一丁目一番地”とも言える番組だった。

 ところが、ここ最近は世帯視聴率6%台、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は2%前半といった数字が続いている。6月24日の3時間SPも、世帯視聴率4.7%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は2.4%だった。

■“一丁目一番地”『金スマ』終了で「新しい地図への合流」にも現実味?

 前出の制作会社関係者が続ける。

「6月24日の3時間SPは、原口あきまささん(46)、ホリさん(45)、ミラクルひかるさん(42)、JP(38)、Mr.シャチホコ(29)などなど今、第一線で活躍するものまね芸人33人を呼んでの“3時間ものまねショー”だったんですが、結果は大惨敗……。世帯では3時間ともテレ東を除く主要キー局最下位の数字。コアも22時台で見ると主要キー局最下位。ゴールデンの番組としてはあまりに厳しい、数字的には即打ち切りレベルの数字でした。厳しい言い方ですが『金スマ』は完全に“オワコン化”していると言えるでしょう。

 だからこそ、キンキなどの人気ジャニーズタレントを引っ張ってきているのでしょうが、毎週そういったことができるわけではないですからね……」

 中居の冠番組では『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)が、この3月に終了している。

「中居さんは現在、『金スマ』、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)という3本のレギュラー番組を抱えていますが、『金スマ』は即打ち切りレベル。『キャスターな会』もパッとしない感じです。

 そしてやはり、中居さんを代表する番組『金スマ』が終了すると、テレビタレント、MCとして窮地に立たされることになるでしょう。『金スマ』は数字的にはアウトだけど、局幹部との長く深い関係性や、現場スタッフに好かれていることで“延命”がなされているともっぱらですね。

 ただ、来春以降などで“打ち切り”がリアルになってくると……いよいよ新しい地図への合流も現実味を帯びてきそうですよね……」(前同)

 2016年1月にSMAPのチーフマネジャーだったI氏がジャニーズ事務所を退社し、同年末をもってSMAPが解散。2017年9月には稲垣吾郎(48)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(45)がI氏を追うようにジャニーズ事務所を退所し、彼女が代表取締役を務める事務所・CULENに所属して新しい地図として活動をスタートさせた。

 かねてより、中居と新しい地図の3人は良好な関係にあり、近いうちに番組で共演するのではないか、ジャニーズ事務所から独立した中居が新しい地図と合流するのではないかとたびたび報じられていた。

 明石家さんま(67)がMCを務める音楽特番『第11回明石家紅白!』(NHK総合)が7月9日に放送されることが決定し、香取が出演することも発表された。

 新しい地図3人の地上波番組での活躍、大物芸能人との共演も増えており、たしかに中居との合流もありえそうだが――。

 芸能プロ関係者は話す。

「それでも“合流”は、現状では全く見えていないでしょう。まず中居さんとI氏の双方が合流を否定していますからね……」

■「不仲説」の木村拓哉への配慮以外にもある“合流へのハードル”

 6月16日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によると、旧知の芸能関係者が「中居くんは合流しないのか」と尋ねたところ、I氏は「中居は“テレビの人”。うちに来てもねぇ……」と応じたという。一方の中居も、不仲説が取り沙汰されている木村拓哉(49)を排除する形となる「4対1の構図に見られることはイヤだ」と周囲に常々話していたとされる。

「木村さんへの配慮以外にもハードルがあるんです。それが中居さんとI氏の関係です。SMAP解散騒動が巻き起こった際、木村さんがいち早くジャニーズ残留を決めたといいますが、それはI氏と仲が悪かったからだとも言われました。ただ、SMAPがバリバリに活動していた時代は中居さんのほうがI氏と折り合いが悪かったといいますからね。

 SMAPのコンサート終演後には、記者を舞台裏に集めて取材会を行なうことが恒例になっていました。コンサートを終え、シャワーを浴びたばかりのメンバーをI氏が呼び込み、その日のライブについて語らせていたといいます。

 しかし、SMAP後期の頃には、稲垣さん、草なぎさん、香取さん、そして木村さんも必ずその場に来るのですが、中居さんだけは来なかったそうなんです。中居さんは、I氏の指示に従わなかったということですよね」(前出の芸能プロ関係者)

 SMAP5人での独立を選択せず、ジャニーズ残留を表明した木村がI氏の指示に従っていたというのも驚きだが、その当時から中居とI氏の間には深い溝があったということか。

「結局、中居さんも木村さんと同じようにジャニーズ事務所に残留しましたからね。SMAP解散時、I氏は“中居が何を考えているかわからない……”と漏らしたこともあったといいます。

『金スマ』が終了し、タレントとしての影響力が低下したとき、中居さんが新しい地図に合流するとも言われていますが、I氏との関係性を考えるとその可能性はないと、言う芸能関係者は多いですね……」(前同)

 木村含めたSMAPの再集結は、やはり夢物語なのだろうか――。

関連リンク

  • 7/2 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます