舞台「千と千尋の神隠し」公演中止&大千穐楽出演キャスト一部変更 千尋役・橋本環奈「想いをしっかり受けとりました」

【モデルプレス=2022/07/01】公演休止中の舞台『千と千尋の神隠し』(御園座)の3日公演が中止となり、4日の大千穐楽出演キャストが一部変更となることが発表された。千尋役は上白石萌音から変更で、Wキャストの橋本環奈が出演する。1日、橋本が自身のTwitterで想いをつづった。

◆「千と千尋の神隠し」大千穐楽出演キャスト一部変更 橋本環奈が千尋に

同舞台は、公演関係者の新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたことから、6月25日~7月2日の11公演を中止していたが、今回新たに3日の公演中止を発表。そして4日の大千穐楽出演キャストの一部を変更することを明らかにした。

4日の千尋役は橋本(上白石から変更)、ハク役は三浦宏規、カオナシ役は辻本知彦、リン・千尋の母役は妃海風、釜爺役は橋本さとし、湯婆婆・銭婆婆役は夏木マリ(朴璐美から変更)で上演する。

またこれに伴い、公演の配信も一部内容を変更して実施するとしている。

◆橋本環奈「想いをしっかり受けとりました」

橋本はTwitterで「出演出来ないメンバーとも連絡を取って想いをしっかり受けとりました」と大千穐楽への想いをつづり、「色々な意見があると思いますが、4日の大千穐楽公演精一杯頑張ります」と意気込んでいる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/1 21:53
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます