「ガーシー砲」にうかつな反応で楽天・三木谷会長にツッコミ続出

 過去に交友があった芸能人らの秘密を暴いて話題を集めている暴露系YouTuberの「ガーシー」こと東谷義和が29日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。「ガーシー砲」に反応した楽天の三木谷浩史会長が炎上している件について「見た瞬間に引いた」「もっと冷静な人やと思ってた」などとツッコミを連発した。

 事の発端は、東谷が26日のインスタライブで「ある企業のM社長が、いま戦争で大変な状況になってるウクライナの女性を集めて、いかがわしいパーティをしていたらしい。そこには他にも大企業の社長たちがいて『これガーシーに見つかったらエライことだね』と言っていたらしい」と暴露したことだった。

 東谷にしては珍しくイニシャルでの暴露となったことで、当初はそれほど反響はなかった。

 ところが翌27日、三木谷氏が自身のTwitterで「何が言いたいの?ウクライナの人が戦争で苦しんでるときに、戦争を忘れ(させ)てあげようと思ってパーティしちゃいけないの?ハイエナか、お前は」と突然反応したことで騒動に。三木谷氏は「ドバイに逃げて何偉そうなこと言ってるの」などとも綴り、東谷が暴露した「M社長」は自分であると認めた上で反論した。

 問題のパーティは、なぜかウクライナのモデルや歌手ら容姿端麗な女性ばかりが集められ、ウクライナの男性は1人もいなかったというが、これも三木谷氏は「ウクライナの男性は今出れないでよ」と若干不自然な言葉で反論することで事実上認めた。

 これを受けて、東谷は29日のライブ配信で「Mってイニシャルは前澤(友作)も前田裕二もいるのに、怒りの感情でやったのかしらんけど、自分から認めてきて俺からしたらこんな簡単なことない。正直、笑けてくる」などと語った。

 東谷は「こんな感情の激しい人なんや、もっと冷静な人やと思ってた」「ツイート見た時、なりすましかと思った」などと三木谷氏のうかつな反応にツッコミを入れつつ、三木谷氏から「ハイエナ」呼ばわりされたことで怒りのスイッチが入った様子。

 三木谷氏の複数のスキャンダルをつかんでいることをにおわせたほか、楽天がスポンサーを務める大型ファッションイベントで新人モデルらが「三木谷部屋」と称される豪華ルームに呼ばれている……という穏やかならぬ暴露を展開した。現状では真偽不明だが、インパクトの強い「三木谷部屋」というワードは大きな話題となっている。

 三木谷氏の反応についてはビジネス界からもツッコミが相次いだ。

 元ZOZO執行役員で実業家の田端信太郎氏は、自身のTwitterで「ガーシーは三木谷さんを、名指しじゃなくて『M社長』なんだから、スルーして無視すれば良いのにw」「ヤブヘビで『僕です!』と自白しとるようなもんじゃんw」などと発言。これに実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が「笑。確かに」と追い打ちをかけた。

 さらに、堀江氏は29日にファンから「ガーシーに三木谷社長がめくられてます!楽天終わったかも。。」と東谷のライブ配信の情報が寄せられると「やば、、、」と反応し、過去の球界参入騒動のころから因縁がある三木谷氏をイジり倒している。

 その後、三木谷氏は「今日も晴れですね。暑くなりそう。。。」などと当たり障りのないツイートをしているが、これに「気分が悪いので楽天モバイル解約します」「三木谷部屋はドン引き」などと批判コメントが殺到し、炎上状態となっているようだ。

 完全にヤブヘビで「楽天の株価に影響するおそれがある」とまで指摘されており、今後の東谷による「追撃」も含めて目の離せない状況が続きそうだ。

  • 6/30 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます