「寒気で震えが止まらない」有吉弘行、熱中症体験を告白し注意喚起!

拡大画像を見る

 お笑いタレントの有吉弘行が6月26日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。自身が熱中症にかかった時の体験を語った。

 番組冒頭から有吉は、「暑いね」「今日も30度超えてますか」と切り出し、「どう考えても夏の顔してるよ、街が」と夏を宣言。トークは熱中症の話題におよび、「俺も熱中症なったことあるから」と告白。有吉は「寒気が止まらないんだな、暑いのに。寒くなっちゃって、夜。クーラーも止めて、窓も開けて、30度ぐらいにしてるのに震えが止まらないんだよ」と語った。

 有吉によると、熱中症になった日は昼間に「ばんばん陽を浴びて」いたといい、「(熱中症に)なっていたんだろうけど、仕事やっているから気力でなんとなく乗り超えてたんだけど、『はい仕事終わりました、お疲れ様』ってなった途端にぐわーって体寒くなってきちゃって」と振り返った。続けて有吉は、「怖いよね。右手に塩、左手に砂糖を持って渋谷の街を歩いてくださいよ、若い人もね」とジョークも交えつつ注意喚起していた。

 ネット上ではこの有吉の告白を受けて、《私も熱中症の経験あります。有吉さんと一緒で冷風機に当たると寒くて耐えられなくなり、仕事をなんとか終わらせ家に帰ったら39℃超えの熱。死ぬかと思いました》《いろいろな症状がある。自分のケースは、とにかく頭痛が凄かった。起きられないくらい》《今日、公園でまさに熱中症で倒れた人を見た》など熱中症にまつわる体験談が続々と寄せられる事態に。

「有吉以外にもフリーアナウンサーの高橋真麻、俳優の坂上忍、ミュージシャンの川谷絵音、タレントのおのののかなど、熱中症にかかった経験を語った芸能人は多くいます。中でも熱中症の恐ろしさを世に知らしめたのはタレントの所ジョージでしょう。所は10年の夏、農作業中に熱中症で倒れ、救急搬送。所によると気がついた時には頭がクラクラして、汗が止まらず、手足にも力が入らなかったそうです。この出来事がきっかけで、所は12年に大塚製薬の経口補水液『OS-1』のイメージキャラクターに起用され、現在まで務めています」(芸能記者)

 今年は統計開始以来、最も早く梅雨明けした地域も続々と出てくるほど暑い夏が到来。有吉の言うとおり、右手に塩、左手に砂糖もあながち大げさではない?

(柏原廉)

関連リンク

  • 6/30 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます