「ぼうこう暴大男」が爆笑トレンド入り!「IPPON女子グランプリ」で滝沢カレンに完敗した「3人の女芸人」の実名

拡大画像を見る

 前代未聞の大喜利バトルが展開された──。

 6月25日、フジテレビ系の土曜プレミアム枠で放送された、松本人志の冠番組「まっちゃんねる」。

 1年ぶりの放送となった今回は、大喜利番組「IPPONグランプリ」の番外編だった。

「IPPON女子グランプリ」と題し、女性芸能人のみに限定した大喜利大会である。

 この企画について、

「放送中からSNS上では『腹を抱えて笑った』との絶賛が相次ぎました。業界内では早くも、第2弾の期待が高まっています」

 と語るのは、お笑い関係者だ。「芸人編」と「タレント編」に分けて放送されたのだが、

「王林、渋谷凪咲、神田愛花、滝沢カレンが出場した『タレント編』は、大喜利番組の新境地を開拓した感がありました。これまで有吉弘行やバカリズムら、そうそうたるメンバーが出場した本家の『IPPONグランプリ』でも見たことのないような、珍回答が飛び出していましたね」(放送作家)

 滝沢が優勝する結果となった「タレント編」だが、どの参加者もしっかりと爪痕を残している。先のお笑い関係者も舌を巻くクオリティで、

「話題となっているのが『壁ドン以上のキュンキュンを教えて下さい』というお題への回答。渋谷が答えた『尻モギ』を始め、王林が『トイレを先に優先させてくれる人が好きなので…』と補足を付けて答えた『ぼうこう暴大男』は、ツイッターでもトレンドワードになりました。売れている女性タレントのバラエティー適性の高さを、まざまざと見せつけられましたね」

 もっとも「この企画に出場したせいで、損をした人もいる」とも。

「『芸人編』ではハリセンボンの箕輪はるかが優勝したのですが、敗れたAマッソの加納愛子、3時のヒロイン・福田麻貴、蛙亭・イワクラは空回りしている時間が長すぎた。『タレント編』が大盛り上がりだっただけに、この3人は『あまり面白くない芸人』という印象が強く残ってしまいましたね」(前出・放送作家)

 リベンジの機会は与えられるか。

(山倉卓)

関連リンク

  • 6/29 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます