知らなきゃ損。投資初心者におすすめの「元本割れしない」投資

拡大画像を見る

■今回のお悩み「初心者におすすめの投資が知りたい!」

投資を始めようと思うけど、株式、債券、投資信託……など、種類がありすぎて何を選べばいいのか分からない! リスクはもちろんこわいし、知識もゼロの私におすすめの投資って何ですか?

ばなお

■最初の一歩には「個人向け国債」がおすすめ

投資初心者の多くの方が、“元本割れ”を恐れるんじゃないかと思います。どうしても元本割れが嫌だという方には、「個人向け国債」がいいでしょう。安定志向の人にまずおすすめしたい投資方法です。

「個人向け国債」は、国が発行する債券のことで、個人でも購入することができます。債券を買うということは、言うなれば国にお金を貸すようなイメージですね。

個人向け国債を購入すると、定期的に利子を受け取ることができ、満期を迎えると元本が返済されます。

最初の1年間は解約ができませんが、それを過ぎるといつ解約しても元本が保証されるので、元本割れの心配がありません。満期は3年、5年、10年の3種類から選ぶことができるので、自分の計画に合ったタイプを選ぶといいでしょう。

また、金利は年率0.05%が最低金利として保証されているので、銀行に預けるよりも高い利子を受け取ることも可能です。

1万円から買うことができるので、最初にまとまったお金を用意しなくて大丈夫なのもうれしいですね。リスクを恐れる人への最初の一歩には向いている金融商品と言えるでしょう。

■知識があまりなくても手軽に始めることができる「投資信託」

それと、資産運用のプロが投資・運用してくれる「投資信託」もおすすめです。

「投資信託」は、自分の代わりにプロが運用してくれるので、知識があまりなくても手軽に始めることができます。

また、海外の株や債券など自分で買うにはハードルが高いと思われる商品も、投資信託なら簡単に投資できます。プロに任せることでリスクや手間が軽減できるので、成長が期待できる市場に手軽に投資できるのもメリットですね。

一方で「投資信託」には、保有中に継続して手数料が発生することと、元本を下回るリスクがあるという点は押さえておきたいところです。

■今回のポイント

・元本割れをどうしても避けたい人には「個人向け国債」がおすすめ

・「投資信託」はプロに運用を任せるため手軽に始められる

・一方で継続的に手数料が発生することや、元本割れのリスクがあることも押さえておこう

「個人向け国債」は初心者でも安心して始められそう。今後の成長が気になっていた市場も、個人では挑戦する勇気はなかったけれど、投資信託で少額からチャレンジしてみるのはいいかも!

(監修:大竹のり子、文・編集:マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 6/29 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます