吉岡里帆「どスベリ女優」の汚名返上!NHKドラマ『しずかちゃんとパパ』受賞!主演映画『ハケンアニメ』も空前評価で「開かれた未来」

拡大画像を見る

 一時期は「数字が取れない女優」という声も上がっていたが、どうやら持ち直しつつあるようだ。2022年に入ってから、女優の吉岡里帆(29)が少しずつ成功を積み重ねつつある。

「吉岡さんは、18年の『きみが心に棲みついた』(TBS系)の平均視聴率が7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、同年の『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が5.8%を記録。さらにヒロイン役で出演した21年の鈴木亮平(39)主演の『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)が5.4%という爆死ぶりでしたが、今年公開された映画が転機となりそうです」(制作会社関係者)

 その映画とは、今年5月20日に公開されたアニメ業界で働く人々を描いた映画『ハケンアニメ!』。この映画は同時期に『シン・ウルトラマン』や『流浪の月』、アニメ『五等分の花嫁』といったライバル映画が多かったことも影響して、公開直後かつ土日というもっとも客が入る21~22日の『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)でも、残念ながらトップ10に入れなかった。それだけに公開当初は「また吉岡の印象が悪くなってしまう」と嘆く声も多かったのだが……。

「声優から原画や制作進行まで、本職のアニメ関係者からも絶賛の声が相次ぎ、口コミでジワジワと売れるタイプの映画だったんです。上映期間の延長や新たに上映を決める劇場が決定したり、満席の映画館も珍しくなくなったりと、ロングランヒットを記録しています。

 主演の吉岡さんの演技も高く評価されていますね。“観客が宣伝マンになってしまう”と評する声もありますね」(映画ライター)

 6月23日に行われた特別上映会では、5回以上鑑賞したリピーターが珍しくなく、18回鑑賞した猛者までいることも判明している。

「最近ではお客さんが“この劇場はこれだけ入っています”というのを上げてくれていて、みんなが宣伝マンになっている状態で、こんなことあまりないですよね」

「映画自体がみんなのものになっていった感覚があって、みんなが、私の『ハケンアニメ!』『僕の「ハケンアニメ!』という感覚になったからこそ、この映画いいから伝えなきゃ!という風に伝染していった気がする」

 と、『ハケンアニメ』で制作デスクの根岸を演じた前野朋哉(36)は推察していた。

■「根性と執念がすごいと思いますよ」

 また、本作で吉岡のライバル役だった中村倫也(35)は、5月23日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)にて吉岡を、

「根性と執念がすごいと思いますよ」

「これだけ可愛らしくて恋人にしたいNo.1なわけですよ。だだけど中身は皆さんが思っている以上に怨念にも似た執念を持ってる女優さんだと思います」

 と、絶賛していた。

「くわえて、今年3月13~5月1日にかけてNHKのBSプレミアムで放送していた笑福亭鶴瓶さんとのW主演ドラマ『しずかちゃんとパパ』が、全日本テレビ番組製作社連盟によるATP賞テレビグランプリ2022のドラマ部門で優秀賞を受賞しただけでなく、放送文化基金賞のテレビドラマ部門も受賞しました。CM業はともかくドラマ方面で苦戦しがちな吉岡さんでしたが、流れが変わるのではないでしょうか」(専門誌記者)

 5月13日放送の『A-Studio+』(TBS系)で、吉岡は大学時代に上京して夢を切り開くべく4つのバイトを掛け持ちしたこと、そして、16年の映画『つむぐもの』で共演して飲み友達になった俳優の石倉三郎(75)は吉岡について、鶴瓶にこう話していた。

「こんな出ると思ってなかった」

「 芝居の情熱はあるけども、そういう子よう見てきてるからあの情熱に潰されんと、この世界おったらええのにな。

 でも別に色んな苦労をして、それでも出てくるかやめてしまうかやなと思ってたら、急にガーンと出てきよった」

 ということだった。

 そんな吉岡だったが、自分にとって転機となったのは17年のドラマ『カルテット』(TBS系)で演じた“悪女”。「たくさんの人に嫌われる覚悟がある役」とプロデューサーに言われるもやり切った結果、嫌われるだけでなく面白がってくれたファンもいたことから、「どんな役もやろう」「選ばずに、全部ひっくるめてやろう!」と強く感じたという。

 思わぬヒット作に恵まれた吉岡。映画だけでなく、ドラマで覇権をとる日も遠くなさそうだ。

関連リンク

  • 6/29 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます