ケンカ、パワハラ、噛みつき大炎上…トラブル上等の「不仲・悪鬼集団」!とろサーモン久保田、ダイアン、キングコング、ウーマンラッシュアワー村本、山里亮太…「第七世代は完全終了」で今“お笑い界激アツ沸騰”は「大阪NSC22期」!!

拡大画像を見る

 6月28日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、NSC(吉本総合芸能学院)の同期でもあるダイアン・津田篤宏(46)と、とろサーモン・久保田かずのぶ(42)による「緊急企画!ダイアン津田・とろサーモン久保田のマジ喧嘩を仲裁」が放送された。

 一時期は毎日食事に行くほど仲がよかったという2人だが、“ある出来事”がきっかけとなりバチバチの関係に。番組MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳(48)は「全然、気づかなかった」というが、1年以上も不仲な状態で口もきいていないという。

 スタジオでは淳をはじめとする共演者らがそれぞれの言い分を聞き、仲裁の助っ人をするほか、津田と久保田が揉めている事情をよく知る後輩のライス・関町知弘(39)とクロスバー直撃・渡邊センス(38)が登場し、2人の状況を明かす。

「企画の趣旨を告げられることなくスタジオに呼び出された津田さん、久保田さんがそれぞれ事情を察すると悲鳴を上げるなど、2人の不仲がかなり深刻だったことがうかがえます。ただ、番組は大いに注目を集め、盛り上がりをみせましたよね。視聴者からも“めちゃくちゃ面白かった”という声がSNSに多数寄せられています。

 そして実は今、お笑い第七世代ブームが終焉し、テレビ界で最も熱いのが、今回の久保田さんや津田さんを含めたNSC22期生の芸人なんです」(制作会社関係者)

 2~3年ほど前、テレビ界ではお笑い第七世代がバラエティを席巻していたものの、世代を象徴する霜降り明星が出演する『オトラクション』、霜降り明星、ミキ、EXITが出演する『霜降りミキXIT』(ともにTBS系)、EXITの『イグナッツ!!』(テレビ朝日系)がこの春に立て続けに終了。

 3月17日には『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では第七世代の芸人がブームを振り返り、未来を語る「第七世代、その後…」が放送され、そのブームは完全に終焉したとされる。

「一方で今、NSC22期の芸人がお笑い界を席巻しているんです。久保田さんと津田さんのケンカ企画がそれを象徴していますが、そんな久保田さんはたびたびその発言で炎上しています。吉本の重鎮・オール巨人さん(70)にまで噛みついたほどですからね」(前同)

■ダイアン津田は“ガーシーキャラ”を確立か

 巨人は3月に上梓した著書『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』(ヨシモトブックス)で、とろサーモンが優勝した『M―1グランプリ2017』について「和牛が優勝だと思っている」と綴った。

 これを受け、5月27日、久保田は自身のYouTubeで「無許可でこんなこと書かれたらすごく気分が悪い」「前までちょっと好きだったんですけど、今回読んでちょっと……。そうですね。嫌いになりましたね」と不満をぶつけたのだ。

「ただこれは、久保田さんの言い分が最もだという声が多くありますね。“今になってそれを言うのは巨人師匠が悪い”、といった意見が多数のようです。ただ、久保田さんは同じく22期のスーパーマラドーナ・武智(43)と2人で上沼恵美子さん(67)に噛みついて大炎上したこともありましたよね。あれも酔った武智さんが暴走してしまったというのが真相のようですが……。

 また、津田さんは『千鳥の鬼レンチャン』(フジテレビ系)で披露する“ガーシー”こと暴露系YouTuberの東谷義和氏(50)を彷彿とさせる“暴露キャラ”を確立しつつあります」(前出の制作会社関係者)

 6月26日の『鬼レンチャンSP』に津田は「レギュラー始まって僕だけのけ者にされて、誰も連絡もしてこおへんし、誰かLINEしてくれたか?」と東谷氏を意識したような口ぶりで登場。これに千鳥とかまいたちからは「あほやんこいつ」「一緒やん」「ダーツーやん」という声が上がった。

 さらに津田は「全員まくったろかな」「ちょっとホワイトボードあるかな?」「僕だけじゃなくて、どんどん情報も集めてるんで」「タイミング、見てます」「タイミングでどんどん出していこうかなと。震えろよ、震えて待て」と“ガーシー節”を連発した。

「ガーシーならぬ“ダーツー”として番組を盛り上げ、視聴者からは“鬼レンチャンの津田めちゃくちゃガーシーいじってるやん笑”といったコメントも寄せられました。

 そんなダイアンもとろサーモンも、今、お笑いファンからは高い支持を得ていますよね。また、久保田さんは個展を開催して絵画が売れまくり。100万円超えの作品も売れるなど、画家としても大注目を集めています」(前同)

■同期には芥川賞作家から「ディズニー超えを狙う男」、ロスで謎の活躍をする芸人も!

 NSC22期生には、吉本を退社してしまったものの在籍時から芸人の枠を超えた活躍をしているキングコングの西野亮廣(41)のほか、芸人YouTuberの先駆け“カジサック”こと梶原雄太(41)もいる。

「西野さんには当時のマネージャーやスタッフへのパワハラ発言も取り沙汰され、それがきっかけとなり吉本を退社することになったとも言われています。ただその枠に収まらない活躍ぶりはものすごい。本気で“ディズニー超え”を狙う男ですからね。

 西野さんも噛みつき発言で炎上しがちですが、過激な発言で炎上することが当たり前になっているウーマンラッシュアワーの村本大輔さん(41)も同期です。彼はアメリカ進出を本気で狙うなど、野心家の一面も隠しませんしね」(前出の制作会社関係者)

 他にもNSC22期には、MCとして超売れっ子の南海キャンディーズの山里亮太(45)、なかやまきんに君(43)、『R-1』チャンピオンの中山功太(43)などの人気と実力を兼ね備えた芸人がそろう。また、NSCに通ってはいないものの22期生と同期扱いのNONSTYLEは『M-1グランプリ2008』では優勝を果たしている。

「同じく同期扱いのNSC東京校5期のピースの綾部祐二さん(44)も、いち早くアメリカ進出を決め、現在はロサンゼルスで謎の活躍を続けている。そして相方の又吉直樹さん(42)は芥川賞作家ですからね。また、平成ノブシコブシの吉村崇さん(41)は今、テレビ番組に引っ張りだこ、相方の徳井健太さん(41)も“やさぐれキャラ”、“芸人評論家”としてポジションを確立しました。

 これらのメンツからも明らかですが、この世代には良いも悪いもとんでもない個性派芸人が集結していて、今まさにテレビ界の中心にいて猛威を振るっている。吉本外に目を向けてもオードリーやナイツもこの世代ですし、昨年の『M-1』チャンピオンの錦鯉・渡辺隆さん(44)もNSC東京校5期ですからね。

 特に吉本の同期芸人たちのエネルギーは凄まじく、それぞれお互いの才能を認めてはいるものの、慣れ合う感じでもなく、はっきり言えば不仲。ただ、自分のやりたい笑いやビジネスに向かって突き進み、それが時代にフィットしてテレビでも求められ、現在、活躍しまくっている、ということですね」(前同)

 大阪NSC22期とその同期の“わるいやつら”が、令和のお笑い界のトップに君臨する!?

関連リンク

  • 6/29 7:32
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます