天竺鼠・瀬下豊、引退示唆もスピード復帰の裏に「かまいたち」!?

  天竺鼠・瀬下豊が6月21日、所属する吉本興業で同期のかまいたち、藤崎マーケットとの合同ステージ「かま天マーケット」に出演。瀬下は、複数の不倫問題が浮上した影響により、4月14日から芸能活動を自粛していたが、「かまいたちのおかげで“スピード復帰”を果たせた」(スポーツ紙記者)ようだ。

 瀬下は2007年に結婚し、その後、子どもにも恵まれていたが、今年3月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によって、不倫相手・A子さんの存在が発覚。また、同誌4月13日発売号には、過去に瀬下と不倫関係を持ち、妊娠・中絶に至ったというB子さんや、暴力的な性交をされたという別の不倫相手・C子さんも登場。「文春」の直撃を受けた瀬下は、ほかにも“余罪”があることをほのめかしつつ、「芸人に見切りつけようかな」と、引退も示唆していた。

「昨今は芸能人の不倫というだけでもイメージが悪いのに、不倫相手を妊娠させて中絶を求めたこと、さらには暴力といった極端な性癖まで暴かれ、ネット上には批判が噴出。業界内でも『さすがにアウト』『芸人引退もやむなし』とささやかれていました。瀬下も『文春』記者に伝えていた通り、周囲にも『表の仕事は辞めるつもり』と話していたようです」(芸能ライター)

 そんな絶体絶命の状況から、まさかの2カ月で活動再開した瀬下。「かま天マーケット」の冒頭で謝罪したことはネットニュースでも伝えられ、同ステージから5日後の26日には『ワイドナショー』(フジテレビ系)にも出演し、吉本の先輩にあたるダウンタウン・松本人志にイジられながら、神妙な面持ちで関係者各位とファンに謝罪していた。

「しかし、ネット上には当然、『もう復帰!?』『たった2カ月で反省したとは思えない』といった批判も多い。そもそも引退までほのめかしていたはずの瀬下が、謹慎を短期で終えて活動再開に至った背景には、かまいたちの働きかけがあったといいます」(前出・スポーツ紙記者)

 天竺鼠とかまいたちは、吉本総合芸能学院(NSC)大阪26期生同士という旧知の中。20年9月放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、かまいたち・濱家隆一と山内健司が瀬下の面白さを猛アピール。その甲斐あって、番組で瀬下の“見せ場”ができるという展開もあった。

「瀬下の引退に『待った』をかけたのが、ほかならぬ、かまいたちだったそうです。2人は吉本関係者に『復帰の舞台に立ち会う』『活動休止期間の生活費をフォローしてもいい』などと掛け合っていたそうです。それほど、瀬下を引退させたくなかったのでしょう」(同)

 なお、ネット上では20年6月に不倫スキャンダルが勃発し、長期的な活動休止に追い込まれたアンジャッシュ・渡部建と比較して「瀬下の復帰は早すぎる」という声もあるが、両者には決定的な違いがあるという。

「瀬下は同期芸人から復帰を後押ししてもらえたようですが、渡部の場合、所属のプロダクション人力舎こそ復帰に向けて動いていましたが、周りの芸人は見て見ぬふりだったとか。結果、瀬下は早期復帰を実現した一方、渡部は、謝罪会見を開いたものの、記者団からの質問に歯切れの悪い返答を繰り返して批判を浴びることに。また『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年末特番“笑ってはいけないシリーズ”への出演プランも失敗と、なかなか再スタートを切れなかった。スキャンダルを起こしたタレントの復帰スピードは、周囲からの人望が厚いかどうかにもよるのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 しかし、先述した通り、「2カ月で復帰」したことには、多くの人が眉をひそめている様子。かまいたちの恩を仇で返さないよう、瀬下には二度と同じ過ちを犯さないことを、肝に銘じてほしいものだが……。

  • 6/28 12:20
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます