この1年ボーナスがゼロで「月の生活費まで圧迫、苦境に立たされました」という男性

拡大画像を見る

夏のボーナスが支給される時期、キャリコネニュースのボーナスをテーマにしたアンケートの回答には、増額や減額で一喜一憂する声が寄せられている。中には、減ったけれども不満はない人もいて

「去年は150万円、今年は130万円。会社の業績未達のため去年20万円だった業績賞与が今年はなし。とはいっても仕事が楽しいので大した不満はありません」(埼玉県事務・管理/男性40代後半/正社員・職員/年収800万円)

といった声も届いている。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

転職して「毎月の収支は改善しつつあります」

昨年からあまり変わらなかった、というのは兵庫県に住む50代前半の男性。堅実な使い道も明かした。

「昨年は80万円、今年は83万円。昨年と比較して微増だが、ベースアップがあったので実質同じ。業績はあまり良くなかったので文句はない。子どもの大学入学資金に充てる予定」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収750万円)

昨年から今年にかけて「ゼロ」だったものの、落ち込んでいない人もいる。東京都に住む40代後半の男性(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収700万円)で、「業績悪化で仕方ないですが、去年は夏冬ともに0円で今年の夏ボも出ないのがわかっていた」と綴る。

「去年夏冬0円で、まとまった出費が賄えなくなり、月の生活費まで圧迫、苦境に立たされました。住宅ローンはボーナス払いが無いのが救いですが」

と打ち明けた。そのため、実は最近「転職した」という。

「転職したばかりなので当然夏ボ0円です。ですが、月収が上がっているので毎月の収支は改善しつつあります」
「ちょうど税金の季節で住民税と固定資産税と自動税、そして自動保険料も重なって今後数ヶ月は高水準の出費が続きます。早めに転職を検討して正解でした。無理して勤め続けていたら間違いなく家計が破綻していたところです」

と安堵した様子で綴っていた。

関連リンク

  • 6/28 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます