“白毛の女王”ソダシに続く 話題の白毛アオラキがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 6月の3回東京開催が終わり、今週からは本格的な夏競馬に突入。函館では芝1800mの番組が組まれており、話題の白毛や新種牡馬サトノダイヤモンドの産駒などに注目が集まる。

【7月3日(日) 函館芝1800m】

◆アオラキ(牡、父ゴールドシップ、母カスタディーヴァ、美浦・田村康仁厩舎)

 母はニュージーランド生まれの白毛。同じく田村厩舎で管理され、3歳の夏に函館の芝2600mで勝ち上がった。その初仔も母と同じ白毛に出た。美浦で入念に乗り込み、函館競馬場に移動。先週はウッドチップコースで追い切られ、同期の相手に先着を果たした。

「ジョッキーに乗ってもらったけど、デビュー前としては時計的にも十分に動けている。お母さんも函館で勝っているし、洋芝がいいんじゃないかということで北海道に運んだ。初仔のわりに馬格があるし、特に難しいところはない。すごく順調に持っていくことができていると思います」と田村康仁調教師。鞍上は池添謙一騎手が予定されている。

◆ルクスグローリア(牡、父サトノダイヤモンド、母ヒカルアモーレ、美浦・宮田敬介厩舎)

 初仔の半姉グランデアモーレはデビュー勝ちを含む4勝。7歳上の半兄シュペルミエールは5勝を挙げ、菊花賞6着、日経新春杯3着など長い距離で活躍した。5歳上の半姉アモーレミオも芝1800mで3勝している。叔母にシャルール(福島牝馬S2着)、叔父にアーデント(弥生賞3着)、甥に現3歳のヴェローナシチー(京都新聞杯2着)などコンスタントに走っている一族だ。3月末に美浦でゲート試験をパス。その後はノーザンファーム天栄で調整し、6月8日に函館入りした。

「まだ緩さがあるけど、ひと追い毎に動きは良くなっています。手先は軽いし、脚長の体形で長めの距離が合いそう」と宮田敬介調教師。鞍上は横山武史騎手が予定されている。

【7月3日(日) 福島芝1800m】

◆フロムナウオン(牡、父モーリス、母アドマイヤキュート、美浦・手塚貴久厩舎)

 昨年のセレクトセールに上場され、取引価格は7260万円。2歳上の半兄にスペシャルドラマ(現3勝)、伯父にグランプリボス(朝日杯FS、NHKマイルCの勝ち馬)がいる。先週の追い切りはウッドチップコースでラスト1F11.3をマーク。3歳馬のソネットフレーズ(ラジオNIKKEI賞に出走予定)を含めた3頭併せの真ん中で軽快に動いた。

「530キロぐらいの大型馬。モーリス産駒らしく、馬っぷりがいい。乗り出したら思っていた以上に動くし、この感じなら初戦から楽しみです」と手塚貴久調教師。鞍上は津村明秀騎手が予定されている。

 その他、インペリアルコート(牝、父ダイワメジャー、母シーリーコート、美浦・鹿戸雄一厩舎)、ミラクルキャッツ(牝、父キンシャサノキセキ、母ランニングボブキャッツ、美浦・堀宣行厩舎)、ロジザキア(牝、父キズナ、母ザキア、美浦・国枝栄厩舎)などがデビューする予定だ。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 6/27 21:04
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます