小島瑠璃子「中国進出の夢」を再浮上させた「中国で最も有名な日本人」との対談動画

拡大画像を見る

 同じ事務所に所属する井上咲楽に仕事が集中していることを理由に、複数のメディアで「引退説」や「国外脱出説」が報じられた──。

 風雲急を告げているのは、タレント・小島瑠璃子の今後の動向についてである。

「女性セブン」は5月に「一時活動休止で中国進出準備か」と具体的に報道。

 こうした動きに6月12日、小島自身がツイッターで反応した。綴った内容は、次のようなものだ。

「レギュラー番組の降板や私の今後について色々な憶測が飛んでいますが、お話出来る状況になり次第皆さんに、自分の口で説明します。ネットニュースの中に真実はありません」

 ではいったい、真実はどこにあるというのか。小島を知る芸能関係者が指摘する。

「プライドの高い彼女にとって、後輩の井上に仕事を奪われた結果、芸能界から逃げ出すなどと思われるのは、たまらなく嫌だったのではないか。『お話出来る状況になり次第』という含みを持たせた言い方からして、少なからず今後、現在とは異なる活動にシフトすることを考えているのは間違いないでしょう。今年に入り、『中国で最も有名な日本人』として知られる俳優の矢野浩二に接触し、中国向けの対談動画を撮っていることからも、中国進出を考えている可能性は高いと言える」

 一昨年、中国を舞台にした「キングダム」の作者である漫画家・原泰久氏と交際発覚直後に「中国進出」の夢をテレビ番組で語っていた小島。

 破局した昨年には「あのプランが目の前で燃えた」と断念したことを明かしていたのだが、なぜ再び、中国進出説が再燃しているのか。先の芸能関係者は「元カレへの対抗心」を俎上に載せて、

「ここにきて、中国での『キングダム』人気は高まるばかり。負けん気の強い彼女のことですから、原氏よりも中国で有名になってやろうと考えているのかもしれません」

 小島の口から真相が語られるのはいつなのか。

(山倉卓)

関連リンク

  • 6/27 16:30
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます