大谷翔平「噂の彼女」狩野舞子も心配する「MVP翌年」鬼神の働きも…「絶叫・不満顔・主審呼び出し」の「危険行動」

拡大画像を見る

 6月25日(現地時間)、エンゼルスの大谷翔平(27)が、アナハイムで行われた対マリナーズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。超豪快なホームランを放ち、4打数1安打打点1の活躍を見せた。ただ、チームはこの試合に1点差で敗れ、借金6、ア・リーグ西地区の4位に留まっている。

「大谷は、21日のロイヤルズ戦では打者で2本塁打8打点と躍動し、翌22日は先発投手として8回無失点13奪三振でチームの連敗をストップ。8打点と13奪三振を記録した人類史上初めての選手となりました。この活躍には、米メディアも“同じ惑星の存在とは思えない”と表現。しかし、チームは依然として低調で、なかなか勝てない状況が続いています」(スポーツ誌記者)

 その理由に挙げられるのが、エンゼルスのチーム事情だ。

「5月15日時点では、貯金11と上位争いを繰り広げていたエンゼルスでしたが、その後、同25日から6月6日までに球団ワーストタイの12連敗を記録してしまいました。6月7日、経営陣は不振脱出のため、当時のエンゼルス監督だったジョー・マドン氏の解任を発表。マドン氏は、大谷の“メジャーリーグ・二刀流”の最大の理解者ということもあり、解任のニュースは日本でも大々的に取り上げられました。

 現在、マドン政権時代にサードベースコーチを務めていた、フィル・ネビン氏が監督代行を務めていますが、まだチームをまとめきれていないのか、厳しい状況が続いています」(前同)

 自身の活躍がチームの勝利に繋がらない……。そのフラストレーションがあるのか、最近の大谷は、グラウンド上でたびたび“危険な兆候”を見せている。

■「不満顔・主審呼び出し」MVP大谷の荒れ姿

 まずは、16日(現地時間)の対マリナーズ戦だ。大谷は、この試合にリアル二刀流で出場。投げては6回を3安打無失点、打っては4打数2安打の大活躍で、チームの勝利に貢献している。ただ、その試合中にこんな一幕も。

「初回、マリナーズの打者・ウィンカーズに対して、大谷が投じた高めの際どいコースがボール判定になった場面がありました。結果、ウィンカーズは四球になり出塁。この出来事がきっかけか、その回の終了時に、大谷が球審のデービッド・アリエッタ氏を呼んで話し込むシーンが見られました。大谷によると、ストライクゾーンの再確認をしたそうで、最後は球審の説明に笑顔でうなずきベンチに下がっています」(前出のスポーツ誌記者)

 この試合では事なきを得たが、本来は、審判の判定にアクションを起こすのはよろしくないという。

「大谷は打者のときも、たびたびストライクゾーンを巡って、審判と対立するシーンが見られますが、そのせいか、今季序盤には外角低めの際どいコースをストライクと判定され、見逃し三振に倒れるケースも多かった。メジャーリーグでは、球審の心証を害すると、さらに判定が厳しくなる悪循環に陥いる可能性もあるので、気をつけたほうがいいかもしれませんね」(前同)

■「絶叫」が報復対象?礼儀を重んじるメジャーリーグ

 また、22日の対ロイヤルズ戦でも気になるシーンが。この試合に、大谷は先発投手として出場。自身キャリアハイの1試合13奪三振を記録し、今季6勝目を上げたのだが……。

「エンゼルス連敗のまま突入した試合ということもあってか、この日の大谷のピッチングには鬼気迫るものがありました。8回計108球を投げたのですが、その間、大谷は再三マウンド上で雄たけびをあげていたんです。6回1死一塁の場面では、ロイヤルズの打者・ベニンテンディを二ゴロ併殺打で抑え、雄叫びと共にガッツポーズをきめて、マウンドを降りるシーンも見られました」(前出のスポーツ誌記者)

 この大谷の闘志あふれる姿に、日本のSNS上では、「カッコイイ!」、「吠え谷さんキター!」といった好意的なコメントが多く寄せられたのだが、アメリカのメジャーリーグでは、捉え方が少し異なるようだ。

「実は、メジャーリーグでは、感情をあらわにする行為は得策ではありません。この試合の大谷のような派手なガッツポーズは、“相手に敬意を払っていない”とみなされ、報復の対象になることもしばしばあるんです」(前同)

■噂の彼女・狩野舞子も心配?

 ちなみに、同じく6月22日の対ロイヤルズ戦で、大谷は、またしても審判の判定に対してアクションを起こしてしまった。

「0-0で迎えた4回2死の場面。大谷は、ロイヤルズの打者・ドージャーへ、89マイル(約143キロ)のスプリットをインローぎりぎりに投じましたが、判定はボール。その瞬間、大谷は崩れ落ちながら、なにかを叫ぶギリギリのところで、グラブで口を覆い、こらえていました。必死に感情を制御している感じが伺えましたが、こちらも審判への心証はあまり良くなったかと思います」(同)

 こうなると、ウワサの“あの人”も心配しているかもしれない。

「2018年ごろから交際がウワサされている、元バレーボール日本代表の狩野舞子(33)も、最近の大谷の荒れ姿を見て、気が気じゃないかもしれません。

 狩野さんは、6月19日深夜に放送されたスポーツニュース番組『S☆1』(TBS系)へ出演。その放送では、大谷の試合VTRをスタジオの出演者が見ていた際に、何度か大谷選手と狩野さんのワイプが同じ画面に映るという、“奇跡の共演”が起きて話題にもなりました。

 これからも、そういったスポーツ中継の共演があるかもしれないので、大谷には、本来の紳士的な姿を取り戻してもらいたいですね」(前出のスポーツ紙記者)

 21年オフには、満票獲得でメジャーリーグのMVPにも輝いた大谷翔平。注目度が高いがゆえに、大きな反発を貰う可能性も十分にあり得る。気をつけてもらいたい。

■【動画】エンゼルス公式が、大谷ガッツポーズを投稿


 エンゼルスの公式ツイッターが、6月22日(現地時間)の試合で大谷が見せた“ガッツポーズ”の動画を投稿した。

【公式】Los Angeles Angels(@Angeles)

関連リンク

  • 6/27 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます