昭和アイドル秘話…松田聖子・中森明菜「2大歌姫の明暗」恋愛に仕事、両者を分けたものはなんだったのか!?

拡大画像を見る

 アイドルの黄金期といわれる1980年代。ツートップとして音楽シーンを牽引したのが、80年に『裸足の季節』でデビューした松田聖子(60)と、82年に『スローモーション』でデビューした中森明菜(56)だ。

「特に明菜は、今年がデビュー40周年。往年のアルバムが再販されたり、過去のライブがNHKの地上波やBS、WOWOWで立て続けに放送されたりと、盛り上がりを見せています」(音楽誌ライター)

 常に比較されることを宿命づけられてきた2人の歌姫。その40年間は、まさに芸能界の愛憎の縮図だろう。

 芸能評論家の三杉武氏は言う。

「王道アイドルとして頂点に立った聖子が“ぶりっ子”といわれたのに対し、こびない明菜は“ツッパリ明菜”といわれました。イメージは異なりますが、2人とも卓越した歌唱力の持ち主。ライバル視されることも多かったんですが、デビュー前の明菜が聖子に憧れていたのは有名な話。“ツッパリ明菜”はあくまでもイメージで、本人は歌うことが大好きな、素直で明るい子だったそうです」

 聖子は2曲目のシングル『青い珊瑚礁』が大ヒット。3曲目の『風は秋色』から、24曲連続でオリコン週間シングルチャート1位という偉業を達成。一方、明菜は2曲目のシングル『少女A』、続く『セカンド・ラブ』が大ヒット。85年には『ミ・アモーレ』、86年は『DESIRE -情熱-』で、女性歌手としては史上初(当時)の2年連続レコード大賞に輝いている。

 この時点で、歌手としての実績は明菜が先輩の聖子を上回っていた。

「そのため、いつからか、2人の間にギクシャクした雰囲気が生じていったんです」(ベテランの芸能記者)

 2人は恋愛に関しても対照的だった。

■華麗な男性遍歴の聖子、一途な明菜

 聖子の華麗な男性遍歴に説明は不要だろう。結婚秒読みといわれた郷ひろみと破局した85年、神田正輝と電撃結婚。翌年、一人娘の沙也加さん(故人)を出産した彼女は、ママドルとして活躍する。

「90年代に全米進出を狙って渡米すると、俳優のジェフ・ニコルス、バックダンサーのアラン・リードとの不倫が相次いで報じられます。ジェフは後に、暴露本を出版。神田とは、97年に離婚するまで“仮面夫婦”でしたね」(女性誌デスク)

 98年には年下の歯科医と再婚(2000年に離婚)。12年には妻子ある歯科医と略奪婚に走った聖子だが、

「以前から噂のある仕事関係者との仲は、今も継続中といわれます」(前同)

 一方の明菜は、マッチこと近藤真彦との一途な交際が知られている。

「2人は85年の映画『愛・旅立ち』での共演をきっかけに、男女の仲になりました」(夕刊紙記者)

 だが、89年7月、彼女は同棲していたマッチの自宅マンションで、自殺未遂事件を起こす。

「自殺未遂の理由は諸説ありますが、同年2月、マッチがニューヨークのホテルで聖子と密会したという写真誌の報道が大きく影響したはず。ただ、実は2人きりではなく、周りにはスタッフが大勢いたともいわれています」(前同)

 事の真相は不明だが、明菜の彼に聖子がちょっかいを出した当時は、そうした見方が一般的だった。明菜もそう信じたのだろう。

「明菜は89年大みそかにマッチと並んで“謝罪会見”。その後、長い低迷期に突入します。テレビ出演は、14年の『NHK紅白歌合戦』が最後。父親でさえ明菜と連絡が取れないといいますからね」(同)

 6月27日発売の『週刊大衆』7月11日号では2人の天才歌姫の近年の活動も紹介している。

関連リンク

  • 6/26 15:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます