渡部建は1年8カ月…天竺鼠・瀬下、2カ月の活動休止期間に集まる疑問の声

拡大画像を見る

 吉本興業という組織の大きさに救われたか。

 4月の不貞報道により、芸能活動を休止していたお笑いコンビ・天竺鼠の瀬下豊が自身のSNSにて活動再開を報告した。

 妻子ある立場でありながら、一般女性との不貞や、妊娠中絶の要求などがあったと報じられ、大きなひんしゅくを買っていた瀬下。6月20日に更新したツイッターでは、「このたびは一部メディアの報道に関して、関係者各位、ファンの皆さまには多大なるご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。行動自粛期間中、私の無責任な行動を深く見つめ直し、家族、相方、同期、芸人仲間とも話し合いを重ね、許しをいただき、6月21日に実施するライブ『かま天マーケット』への出演から仕事を再開し、一からやり直させて頂くことになりました。支えてくださった関係者各位、ファンの皆様に心から感謝し、今後の芸人人生を精一杯精進致します」と綴られている。

「かま天マーケット」は、天竺鼠と公私で親しい間柄にある同期のかまいたち、藤崎マーケットが出演する吉本主催のお笑いライブ。瀬下にとっても復帰の場としてはやりやすい舞台になるだろう。

「瀬下は、3月と4月に連続で別の女性との不貞をスクープされ、4月14日から活動自粛に入ると、およそ2カ月での復帰に。最近では、映画コメンテーターの有村昆も不貞報道を受け、3カ月の活動休止を経て、現在は芸能活動を再開。不貞による活動休止期間の長さに“正解”はありませんが、同じお笑い芸人でいえば、アンジャッシュ・渡部建が20年6月から今年2月まで、1年8カ月にわたって謹慎していたことを考えると、瀬下はかなりスムーズに復帰できたといえるでしょう。もちろん、多目的トイレを不貞の場に利用した渡部とは事情が異なりますが、ネットにも『改めて芸能界は甘い世界なのだと感じられます』『渡部に比べるとだいぶ早い復帰だね』『2カ月ってちょっと早い夏休みみたいな感じや』などの声が散見。

 渡部の所属する人力舎とは比較にならない規模を誇る吉本興業では、全国に14もの劇場を運営しており、今春からは『BSよしもと』チャンネルの放送も開始。スポンサーからの制約を受けない舞台を多く用意することができるため、瀬下を始め、不祥事を起こした芸人にとってはありがたい環境だといえますね」(テレビ誌ライター)

 有料チケット制のライブとあって、瀬下の復帰を歓迎するムードも生まれやすいはず。わずか2カ月での活動再開には疑問の目を向ける人も多いが、それを可能にしたのは“笑いの総合商社”こと吉本興業のプロダクションとしての規模のデカさだといえそうだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 6/25 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • TOMO

    6/26 10:08

    吉本は会社の不利益になる闇営業をした者には処分がキツイが、会社の不利益にならない不倫に関しては処分が甘いみたい!?吉本のそんな甘い処分で浮かばれた芸人なんて、いくら仕事復帰しようが、そういう芸人なんて、世間が戒めてやれば良い。この不倫について、ダウンタウンの松本とかロンブーの淳はコメントしないの?近藤真彦氏の時は、ほざいていたくせに…。

  • …ず…

    6/26 3:17

    芸能界があまい(´・ω・`)?てことは、一般社会ではふりんがバレたらみんな仕事辞めてしばらく自宅謹慎しとるんやな(=゚ω゚=)ほほ~~

  • 動物以下の人はテレビから消えるべきでは無いか?

記事の無断転載を禁じます