夫の夏のボーナスが「200万円超だった」と語る女性 「やっぱり大企業がいいな~と思います」

拡大画像を見る

夏のボーナスが支給され、共働きの夫婦の場合は支給額の違いで格差を感じることもあるだろう。キャリコネニュースのボーナスをテーマにしたアンケートには、

「私自身は派遣なのでボーナスも退職金もな~んにもありません。夫は1回の額面が200万超え位のボーナス」

と明かす50代後半の女性からの回答が届いた。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

使い道は住宅ローンなどのほか「私のへそくりにしたり」

茨城県に住むこの女性(事務・管理/派遣社員/年収200万円)、夫のボーナスはほとんど家計と妻に吸収されることを明かしている。

「家のローンがボーナス払いで10万ほどと夫の個人年金のボーナス払いで7万円ほど支払いがあり、あとは私のへそくりにしたり家電などの買い替えと貯金です」

「車のローンは払い終わったのであと数年は買い替え予定もないので少しお金が貯められそうです。昨年の夏は車の残価設定の残りを払ったらボーナスなくなりました」

こともなげに各種支払い先を教えてくれたが、実は「昨年は夫が入院手術のため休職したのでボーナスが額面60万円ほどカットされました」とも打ち明けている。しかし女性はめげておらず

「でも結構な額もらえたのでよしとします。やっぱり大企業がいいな~と思います。中小企業だと休職したらボーナス出ないという話も耳にしますので」

と夫を羨むようでいて自慢とも取れるコメントを綴っていた。

関連リンク

  • 6/23 20:21
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 意味不明な記事。色々な職業があることを知らないのでは。

  • まるで一流企業でなくてはダメだといわんばかりの記事ですね。世の中には様々な職業がありますので、給与体系も様々です。もう少し書き方を考えた方がいいのではないかと思います。それから、男女差別を唱えるわけではありませんが…優秀な夫のサラリーをさも自分だけの功績のように思っているような書き方は、ワザとこの女性を卑下しているかに取れますが?それを狙った文章なのですかね?

記事の無断転載を禁じます