「悪い子じゃないけど...」男心が分からない彼女への本音って?

拡大画像を見る


男性にとっては女心が理解不能なことが多いようですが、同様に女性にとっては男心ほど難解なものはありません。男性自身は「俺ほど分かりやすい男はいない!」なんて言っていても、女性としては正直に「どのへんが?」なんて気持ちになってしまうこともありますよね。
では、男性はそのように男心に疎い彼女に対して、どういう気持ちになる人が多いのでしょうか。男性の本音を紹介していきましょう。


「もう少し察してほしい」

やっぱり、自分の気持ちを分かってもらえないことはストレスになるもの。それも自分の彼女が自分の気持ちを分かってくれないと、寂しい気持ちになってしまう人も多いでしょう。
そのため「察してほしい」や「察するための努力をしてほしい」と感じる人が多いんだとか。「私は男じゃないから男心なんて分からない!」と切り捨てず、彼の気持ちを汲み取るように努力してあげてくださいね。


「他の男に狙われそうにないから安心」

男心が分かる女性だと、どうしてもモテてしまいますよね。そのため、彼としては心配になってしまうことも多いようです。ですが、男心が分からないなら、そのように他の男性に狙われる心配をしなくても良いでしょう。
「男心が分からないからモテないだろう!」と安心する男性も多いんだとか。女性としてはちょっと複雑ですが、彼が安心してくれるのなら良いかもしれません。


「自分にばかり要求しないでほしい」

「私は男じゃないから男心は分からない!」なんて言いつつ「彼氏なんだから私の気持ちを分かってよ!」なんて要求をするのはNGです。そんなことをすると、さすがに優しい彼氏も「俺にばっかり要求しないで!」と思ってしまうでしょう。
男心が分からないのであれば、自分の女心を察してもらうことは求めないようにしましょう。逆に、察してほしいなら、自分自身も彼の複雑な男心を察する努力をすることはほぼ必須ですよ。


彼の気持ちを察する努力を怠らないで!

「お互いに好き」というだけでは、なかなか維持できないのが男女の付き合いです。お互いの希望や不満など、色々なことを察する能力は常に必要でしょう。気持ちが通じ合っているカップルでも、彼の気持ちを察する努力を怠らないようにしてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/23 20:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます