テレビ朝日『相棒』5代目にまさかの初代・寺脇康文!「シン・亀山薫」の意気込みで今回がファイナル?知っておきたい「歴代相棒」の末路

拡大画像を見る

 6月23日、水谷豊(69)主演のドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の「シーズン21」が、今年10月より2クールで放送されることが明らかとなった。前シーズンで、水谷演じる“特命係”の杉下右京の“4代目相棒”である反町隆史(48)が卒業し、「5代目相棒は誰になるのか?」と注目を集めていたが、選ばれたのは意外な人物だった。

「まさかの“初代相棒・亀山薫”すなわち寺脇康文さん(60)のカムバックでした。シリーズ第1弾となった00年(当時は単発ドラマ)から、08年12月最終回の『シーズン7』まで“相棒”を務めていましたが、14年ぶりの再会ですね。6月23日の『スポニチアネックス』は、”今年70歳の節目に、(水谷が)原点回帰を図った”と報じていますね」

 水谷と寺脇はそれぞれ、

《亀山君が帰ってくる。

 そんな日が来ることを、杉下右京は何度か夢見ていたに違いない。過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうための再会を、右京は淡々と待っていたに違いない。 水谷豊》

《まず初めに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14ぶりに、僕の分身「亀山薫」を演じることができる機会を頂けることに感謝の気持ちでいっぱいです。

 何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる「右京さん」と、また「相棒」として、夢のような時間を共にできることを本当にうれしく思っております。

 仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります!今、はやりの言葉にすると、「シン亀山薫」でございます!特命係を去って、サルウィンに渡った薫ちゃんが、どうやって戻ってくるのか!皆さん!楽しみに待っていてくださいね!》

 とコメント。

 14年ぶりの亀山の帰還にはファンたちも、

《やったー!とかいうテンションより、しみじみ、じーんときてる自分がいます》《相棒の最初の劇場版の舞台挨拶で、薫ちゃんが「これからも相棒をよろしく〜!」と言っていた姿を思い出しました。おそらく卒業は内々には決まっていたタイミングだったのでは思われます》《よくぞ英断してくれました。復帰あったらいいなぁーと常に考えつつ、有り得ないと外してた選択肢だったので》

 と、非常に好意的な反応。ドラマの公式ツイッターは、13.3万リツイート、21.4万いいね(23日20時時点)を記録し、大盛り上がりとなっている。

■四代目は右京が唯一別れを惜しんだ相棒

「寺脇さんが演じていた亀山は、高校時代の友人でNGOのボランティアをしていた兼高公一(四方堂亘)の死がきっかけで、彼の遺志を継ぎ警察を辞めて、東南アジアの国・サルウィン共和国の子供達に正義の精神を教えるため、右京さんのもとを去りました。

 亀山以前に右京の下についていた部下6人が特命係を去る時には、握手どころか何の言葉も残さなかったんですが、亀山が去る際は“どうか気をつけていってらっしゃい。以上です”と言葉を贈った、というエピソードが泣かせます。

 もしかすると、反町さんが演じた“4代目相棒”である冠城亘(かぶらぎ・わたる)との共演もあるかもしれませんね」(専門誌記者)

 冠城は、15年放送の「シーズン14」から今年3月末に終了した「シーズン20」まで右京の相棒を務めてきた、クールながらも真相追及のために手段を選ばない部分もある、敵にすると怖い人物。元法務省という異色の経歴を持つ相棒で、登場回数でも不動の1位だった亀山を抜いている人気キャラクターだったが、「シーズン20」の最終回で公安調査庁へ異動することになり“4代目相棒”を卒業した。

 冠城との別れに右京は、

「これまで去る者は追わず、来る者は拒まずでやって来ました。が、今回それを破ろうと思います。もう少し、一緒にやりませんか?君が特命係を去ることをできれば拒みたい」

と、歴代相棒で初めて別れを惜しむ姿を見せて、視聴者を驚かせていた。

■二代目は卒業後も連携する一方で三代目は…

「海外にいた亀山と違い、関係のある組織ですから何らかの形での再登場に期待したいものです。実際、亀山に代わってシーズン10まで特命係だった及川光博さん(52)演じる“二代目相棒”の神戸尊(かんべ・たける)は、シーズン10最終回で警察庁長官官房付に異動してからも交流が続いていて、冠城とも共演しています」(前出の専門誌記者)

 主人公の水谷の高齢化、今回の初代相棒に回帰するという亀山の起用で、シリーズは完結の方向に進んでいるのではないか、とみる声も少なくない。

 それだけに、歴代相棒の登場にも期待したくなるのは当然だが、この話題で避けて通れないのが成宮寛貴(現:平宮博重/39)が演じていた“3代目相棒・甲斐亨(かい・とおる/通称カイト)”の「最悪の退場劇」だ。

「右京と相棒を組んだ12年放送の「シーズン11」の1話どころか、実は初登場時から警察の追及を逃れた犯罪者たちに制裁を下す暴行犯ダークナイトだったことが15年の「シーズン13」最終回で発覚して逮捕され、警察も懲戒免職になってしまったんです。

 しかも、成宮自身ものちに個人的なスキャンダルの影響で芸能界を引退し、再登場も絶望的。この出来事は、さすがの右京も冠城が初登場した時期まで引きずっていました」(前同)

 まとめると、歴代の相棒はそれぞれ亀山は「警察を辞め海外でボランティア活動」、神戸は「警察は辞めておらず何度も再会している」カイトは「懲戒免職」、冠城は「公安調査庁へ異動」という形で別れている。

 亀山は、どんな形で右京と再会するのか? ファンの期待は高まるばかりだ。

関連リンク

  • 6/23 20:17
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます