「おのれ、コラァ!」浜田雅功が子供の前で一般人にブチ切れた「こだわり教育法」

拡大画像を見る

 お笑いタレントの今田耕司が、6月18日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。ダウンタウン・浜田雅功の教育観について触れる場面があった。

 番組では、5月に始まった東京ディズニーランドの「ディズニー・プレミアアクセス」というサービスを紹介。これにより、人気アトラクションの利用を1回2000円で時間指定が可能となり、待ち時間を短縮できるようになった。

 ところが、カネを払えば優先される点が「夢の国らしくない」などと、批判を呼んでいる。

 このサービスについて今田は、

「買える人は買えばいいじゃん。ひがまなくてもよくないですか。2000円で買わなくても、行けば楽しいから」

 パネラーの杉村太蔵はこれにかぶせるように、

「2万円ぐらいのほうが諦めつきません? この人2万円も払ってるんだってなったら、先に乗っていいよ、となる」

 さらに、このサービスの是非について、パネラーのヤナギブソンも持論を展開。

「(家族で行って)全部のアトラクションをこれでやってしまうと、教育に悪い気がするんで。絞って1アトラクションまでだったらパパは出すよ、って感じでしょうね」

 今田もこれに同意して、

「教育上って言ったけど、そういう人もおるやろね。並ぶことを教えなあかんというか」

 そうした侃々諤々が展開される中、飛び出したのが浜田の教育法だった。

「ヤナギブソンによれば、明石家さんまも、遊園地などで待ち時間がある際、子供と一緒に待ったといいます。この話を聞いた今田は『浜田さんもそうやった。旅行も絶対エコノミー乗ってはったって』と証言。ただ、その時は一般人に撮影されることがたびたびあった。浜田も子供がいるだけに『おのれ、コラァ~ッ!!』と余計にブチ切れていたそうです」(エンタメ誌ライター)

 浜田の相方・松本人志が6月17日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)で、25歳で年収1億円を超えたと語ったことが話題になった。

 ちなみに96年の芸能人長者番付では松本が1位、浜田は2位。その時の推定所得は、松本5億超、浜田は4億超。そんな超売れっ子が、子供に贅沢を覚えさせないようにと、かなり配慮していたのだろう。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 6/23 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ***

    6/24 13:29

    ディズニーランドが夢の国?そんな訳ないやろ! 企業なんでね、利益追求は当たり前ですわ\(^-^)/商売です。高い高い金取って殆ど回れない状況は数十年前から全く変わっていないし。史上最低レベルの対応である長時間待ちを改善するどころか金で解決するクズ企業め!

  • …ず…

    6/23 13:30

    おのれ、こら~、じゃなくて、おどれ、こら~、じゃない?( ・ε・)

  • 勝手な想像で、タイトルだけ見て笑い話かなと思っていたら、至極まっとうな話だった。叱られて当たり前。あと待つのも楽しかったり、思い出になったりすると思う。

記事の無断転載を禁じます