真木よう子の胸があんなに大きいのはなぜか「素足を見れば全てがわかる」驚きの秘密

拡大画像を見る

 推定Gカップの爆裂バストで知られる真木よう子。6月17日と18日にインスタグラムで公開した写真から、胸が大きい理由の片鱗が見えたと話題だ。

 それは、真木の素足が見えるショット。特に18日の写真はサンダルを履いた足のアップで、指先までしっかりと写っている。これらの写真から判明するのは、足の人差し指のたくましさだ。

 長さは普通だが指先が太くなっていて、まるで棍棒のようなフォルムなのである。これがなぜ爆裂バストの秘密なのか。

「髪の色や目の色、身長などはDNAによって決まると言われています。体の末端の部位の大きさも、DNAによって一括でコントロールされているとか。鼻の大きな男性はシンボルも大きいというのは、これが原因とされています。バストも関係あるとの説があり、人差し指の先が大きな真木は、バストも大きいというわけです」(週刊誌記者)

 真木のほかにも土屋太鳳が、手のゴツさを告白。バストとの相関関係が指摘された。

 ローラは足の指が非常に長いことが明らかになっており、胸との関係が噂されたことがある。

「真木は手の指もしっかりしています。足と同様に長くはないものの、太くてたくましい。これも見逃せません」(前出・週刊誌記者)

 真木のバストを司るDNAに感謝したい。

関連リンク

  • 6/23 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます