皇宮警察トップ「クソガキ」発言報道で考える皇室側のメディア戦略

「週刊新潮」(新潮社)は、皇宮警察のトップが、愛子さまを「クソガキ」と呼んだり、眞子さんについて「男を一人しか知らねぇとこうなっちゃうんだな」と言ったりし、皇宮警察内で皇室への下劣な悪口が常態化していたという内部関係者の証言をスクープした。

  平成以降、メディア上では皇室に対してはさまざまなバッシングがなされてきた。ことSNSが一般化してからは苛烈な誹謗中傷も行われるようになり、メディア側の問題として取り沙汰されることも。宮内庁職員などの関係者による皇室内の情報や発言がメディアに流れたことが引き金になるケースも多く、管理体制についてあらためて、疑問の声があがっている。

 一方で、皇室の側からも”お気持ち”が表明される異例の事態などもあり、天皇陛下をはじめ皇族による会見やお言葉にも高い関心が集まり、日常的に触れるケースも多くなってきた。

 本稿では、平成期以降の皇室がメディアに対してどのように情報を発信してきたかについて『SNS天皇論 ポップカルチャー=スピリチュアリティと現代日本』(講談社選書メチエ)の著者・茂木謙之介氏にインタビューした記事を再掲載する。

※本記事は日刊サイゾー 2022年6月6日掲載の記事を一部編集したものです。

「表現の不自由」展の炎上、眞子さん&小室圭さん叩きの背後にある皇室イメージ戦略

 平成から令和へ改元する際のお祭り騒ぎ、「表現の不自由」展における昭和天皇の肖像の扱いやウクライナ政府がファシストのひとりとして昭和天皇を挙げたことへの右派の噴き上がり、眞子さんと小室圭さんへの激烈なバッシング……。近年も何かと世間を賑わす天皇/皇室を、「弱者政治(マイノリティ・ポリティクス)」「スピリチュアリティ/オカルト」「ポップカルチャー」という異色の切り口から論じた一冊が『SNS天皇論 ポップカルチャー=スピリチュアリティと現代日本』(講談社選書メチエ)だ。本書を著した茂木謙之介氏(東北大学大学院文学研究科准教授)に、平成期以降の皇室のメディア戦略と人々の受容の変化について訊いた。

 

弱さとスピとサブカルが重なる天皇イメージ

――天皇表象を「弱者政治(マイノリティ・ポリティクス)」「スピリチュアリティ/オカルト」「ポップカルチャー」を切り口に読み解くのが今回の本の特徴ですが、なぜこの切り口に?

茂木 今回の本の起点のひとつに、2016年8月の明仁(あきひと)天皇(現・上皇)の「おことば」を観ていた際、「弱さ」を戦略として使っていると感じたことがあります。これは(戦後の皇室表象にも散見されるものですが)ポリティカルにコレクトなことが求められるようになっていった近年の社会状況と重なるのでは、思いました。

 また、天皇の「おことば」の中に一種の宗教的な超越性が描かれてきたことは過去にもさまざまな研究者が言及していましたが、私は平成期においてはライトでゆるやかな霊性――「祈り」という言葉でカバーされるような、宗教的な行為を脱宗教化するようなふわっとしたもの、宗教性というよりは霊的な物への親炙を示すいわゆる「スピリチュアリティ」に近づいているものととらえられるのではないかと考えていました。

 最後にポップカルチャーですが、1960年代以降の日本社会においてはポップカルチャーが人びとの想像力の源泉となっており、弱者政治やスピリチュアリティ/オカルトも発露する場になっています。そうした状況が皇室にも認知されているであろう、と思いました。

 ですから、この3つが有機的に絡み合って天皇イメージが展開していた時代が平成、ないし2010年代以降だったのではないかと考えています。

――茂木さんから最近の天皇論の傾向はどう見えていますか。

茂木 融和的といいますか、天皇フレンドリーなテクストが多い印象です。これは明仁天皇が昭和天皇をめぐる国内のさまざまな議論を相当に意識して発信されていたからでしょうし、その振る舞いによって、平成になって以降は天皇を批判するよりも評価する方向がいわゆる右派左派問わず主流だったといっていい状況が作られたように思います。

 しかし、そこには実は危うい側面があって、それがポップカルチャーやスピリチュアリティに潜在しているのだということを論じなければと思っています。

ウクライナの昭和天皇とヒトラー同列視が炎上した真相

――平成期において明仁天皇が自身の加齢による衰えと、憲法上の制度下の制約という二重の抑圧を受けた「弱者」として天皇を位置づけるパフォーマンスをしてきたことが、左派による天皇制批判を困難にしたという指摘は、なるほどなと思いました。

茂木 明仁天皇に批判的な一部の保守派の論客を除けば、左右双方に納得のいくような言説を天皇が展開していたのは間違いありません。弱さをあえて見せることで承認を得ていくという作法は、非常に現代的です。

――最近だと、ウクライナがヒトラー、ムッソリーニと並ぶファシストとして昭和天皇を入れたことで、日本国内で批判が巻き起こりました。戦前の全体主義を象徴するものとしての昭和天皇のイメージ、「天皇の戦争責任」論の影響力が、もはや霧散していることを改めて感じる出来事でした。

茂木 昭和天皇は戦争責任に対してあいまいなまま亡くなった一方で、明仁天皇はそのイメージの解除に意識的であり、そのための言説を積極的に出してきました。戦後皇室のアキレス腱が戦争責任であったことは間違いなく、あからさまには語らないものの戦略的に言及し、批判を薄めることに成功してきた明仁天皇がいたからこそ、今回のウクライナによるファシスト扱い、あるいは「表現の不自由」展に対して過剰反応が起こったのではないでしょうか。どちらも掲げられた対象が昭和天皇でなければ、あそこまでの炎上にはならなかったと思うんですね。

――なるほど。一方で「弱者に寄り添う弱者」を平成、令和の天皇は演出してきたけれども、コロナ禍になって始まったリモートでの「オンライン行幸啓(ぎょうこうけい)」ではデジタル弱者には届かず、それがそもそも元から行幸では少数の限られた存在の耳目にしか触れてこなかったことも顕在化させる、と茂木さんは指摘されていますね。

茂木 戦前から天皇・皇族は弱者に寄り添う姿勢を見せていましたが、寄り添われるのはあくまで社会的に認知された救済の対象であり、国民として統合されるべき存在を選び取ってきたんですね。しかし、そこから外れる人もいたことをオンライン化は見えやすくした。デジタル弱者もそうですし、日本に生きていても国民ではない“移民”なども増える中で、天皇が誰に対してどう向き合うのかが今問われています。皇室においても考えられていないわけではないでしょうが、しかし、まだ枠組みが提示されていないように思います。

――スピリチュアル方面からの天皇・皇室への言及、利用にはどんなものがあるのでしょうか。

茂木 「皇室が世界で一番古い王室である」といったことを含め、皇室がなんらかの力を持っているという言い方はかつてからよくあります。現在でもスピ系のウェブサイトには皇室関連記事がよく見られます。もちろんスピ系も一枚岩ではないので、皇室をまったく扱わなかったり、アンチもいたりしますが、おおむね親和性は高い印象です。

 ですが私が気にしているのは、そのような「天皇は神の末裔」と本気で信じているような積極的な受容者よりも、広く世間一般に何か不思議なことが起きた場合に「まあ、天皇だからね」と受けとめられてしまっている節があることです。

――天皇即位の儀の日に皇居に虹が架かったというネタがSNSで盛り上がってしまう、といった現象に対してですよね。

茂木 「スピリチュアルな皇室像」自体は皇室側が打ち出したいイメージ戦略からは外れているかもしれませんが、しかし、理念としての皇室を実質的に強化していく側面がありそうな気がします。戦争責任を問うこととは異なり、そうしたゆるやかに特別な存在だとみなすような受容に対しては批判がしづらい、届きにくいですから。

――現天皇は「オタク第1世代」で、皇太子時代にはウルトラセブンと一緒に写真を撮るとか、平成期に美智子皇后が初音ミクと対面するとバズるといったことが本の中で改めて振り返られていましたが、読んでいて「チョロいな、国民」と感じましたね。

茂木 まったくその通りです。しかも、皇室は基本的に「お行儀のいいもの」しか選ばないんですね。ウルトラマンや初音ミク、くまモンといった社会的にある程度承認された「大丈夫」なものをつまんでいるだけです。にもかかわらず、高尚な文化を引き受ける主体だと思われていた天皇が特撮やアイドル、ゆるキャラなどの俗な文化に親炙しているというだけで、国民は自分たちが認められたと感じてしまう。皇室はネットユーザーの反応をよく勉強した上で振る舞っているとしか思えないですね。

――皇室が初音ミクと対面するとネットでネタにされるのに、国民が天皇誕生日に天皇をデコった写真をアップしたら炎上しましたよね。線引きがいまいちわからないな、と……。

茂木 国民が過剰に皇室に歩み寄っていくことと、向こうがこちらに寄ってくるのではベクトルが逆ですからね。国民側が暗黙のうちに存在している規範性を乗り越えると、皇室のあり方について「正義」のある人びとから攻撃対象になる。俗な振る舞いも皇室が自らやるからいいのであって、国民からやるのは違う、という線引きがどこかで成り立っているように思います。

 とはいえ、明仁天皇をデコって炎上した際にそのツイートの中で用いられていた「天皇誕生日おめでとう あんま絡みないけど」というフレーズが、翌年以降の誕生日にはネタとしてバズってトレンド入りするようになったように、その規範も一定ではありません。

――一度目は本気で叩かれていたのが、二度目以降はネタ化した。

茂木 それは現代のメディア状況の中で、そのゆるやかに消費されていくものとしての天皇を象徴している気がします。

――ポップカルチャーといえば、嵐が天皇即位の式典で歌った「Journey to Harmony」の歌詞には「君」という単語が多出していて、「君が代」などを典型として「君」は天皇を指す言葉でもあるという二重性を意識したパフォーマンスがされていた、との指摘は興味深く読みました。

茂木 そもそもこれまで天皇の即位式典では、いわゆる現代音楽の「アーティスト」の起用はありましたが、国民的な人気を博した人を召喚するという文脈で明確に「アイドル」が起用されたのは嵐が初で、そこには天皇の側との相互利用的な関係がありました。

 アイドルが「君」と歌えば普通はファンに向けられていると読むべきコードがあるけれども、それをずらすような形で嵐が歌い、雅子さまは涙を拭うように応答していました。

 一方でネットの中継では「嵐まだ?」というファンのコメントが流れ、また、天皇が即位の儀で語った言葉の中には水害、まさに“嵐”をテーマにしたものもあり、相互利用の枠組みが揺るがされる部分もありました。こうしたノイズも無視できません。

明仁上皇と同じく眞子さんは「弱さ」を提示したが……

――茂木さんは眞子さん、小室圭さんバッシングの過熱はどう見ていますか。

茂木 前提として、これまでも女性皇族はメディアから「叩いていい対象」とされてきた傾向があります。男性皇族はどなたであれ天皇になる可能性が多少なりともあるがためか、批判は不敬になりかねないと避けられてきた一方で、女性皇族は現行法上、天皇になることがありません。その不均衡が、例えば過去にも美智子さまや雅子さまへのバッシングを可能にしてきたともいえます。皇室についても、ある種の女性蔑視、ジェンダー化された語りの枠組みがある。今回の眞子さん叩きもこれに乗っかったものです。

 その上で、これもやはり社会に内在するジェンダー規範とかかわりますが、女性の力による男性の階層上昇がポジティブにとらえられていないということが加わった。小室さんに対して「逆玉」と形容されることもあるように、これまで皇室の女性と結婚する男性たちとは異質な存在、均衡が取れていない相手として、規範を破った存在だとみなされたのが小室さんでした。
 そして、さらにマスメディアとソーシャルメディアの相補関係が(限られた)人々の声を可視化し、ブーストした。

 こうした条件がそろったからこそ、これだけバッシングが激しくなった。従来は皇室批判の言説でしか使われてこなかった「私たちの税金を使うな」という言い回しが、小室さん騒動では皇室擁護の文脈で「正しい皇室を作るのは私たちだ」という意識の元で使われたことも印象的です。ラディカルな皇室批判は難しくなった一方で、皇室に対する個別具体的な気に入らないことはたやすく炎上するようになっている。

――眞子さんの振るまいとこれまでの皇室の振るまいでは、何が同じで何が違ったのでしょうか。

茂木 眞子さんは記者会見の直前にPTSDを発症したと発表されましたが、その文章はコロナ禍で苦しんでいる弱者への見舞いの言葉に始まり、心に傷を負っている人に対して優しい社会になるのを望むことを示して締めています。これは「弱者に向けた、弱者としての語り」によって人々に承認を求めてきた明仁上皇の戦略と重なっている。

 ただし、眞子さんたちの場合は現天皇や上皇と違って、感情レベルで人々に訴えかけることにやや失敗してしまい、届きづらかった面があるのかなと思います。もっと言えば、明仁上皇がしてきた弱さの提示が、国民の「我々が天皇・皇室を承認する側なのだ」という強者としての意識を増幅してしまい、結果、眞子さんや小室さん批判に転化してしまった部分もあるのではないでしょうか。

――令和の天皇・皇室像は、どうなっていくでしょうか。

茂木 大衆社会の成立以降、皇室は新しいメディアに対応し続けた運動体であり、これからもメディアの多様化に対応し続けようとするでしょうね。

 ただ、そういう常に人々に「見られている」環境の中で、雅子さまの適応障害、眞子さんのPTSD発症など、とりわけ女性皇族の心理的な負担が厳しいものになっています。生身の人間によって成り立っている制度として、もし持続していくとするなら、ここをカバーするあり方をいかに達成できるかは極めて重要です。

 世論調査では女性天皇容認が圧倒的に多い一方、政府与党の有識者会議では男系維持の論調ですが、しかし、いずれにしても本人たちの意思確認抜きに今に至っています。女性天皇でもOKとなったとしても、本人が「イヤです」と言ったらどうするのか。当事者である皇族の意思を無視し、人権制限を自明視した従来の議論の仕方は、今言った女性皇族が犠牲を強いられている構造と同根の問題です。

 それこそ時代に合わせて議論の視点、軸を変えたほうがいいのでは、と個人的には思うところです。

茂木謙之介(もてぎ・けんのすけ)

1985年、埼玉県生まれ。東北大学大学院文学研究科・文学部准教授。東北大学文学部卒業。東北大学大学院文学研究科博士前期2年の課程を修了。東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了。博士(学術)。足利大学工学部講師を経て、2019年から現職。専攻は日本近代文化史・表象文化論。著書に『表象としての皇族 メディアにみる地域社会の皇室像』(吉川弘文館)、『表象天皇制論講義 皇族・地域・メディア』(白澤社)。。

 

  • 6/22 18:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます