大谷翔平「噂の彼女」狩野舞子、「地上波テレビ共演」の74秒間ツーショットと「意味深」コメント!

拡大画像を見る

 6月19日深夜に放送されたスポーツニュース番組『S☆1』(TBS系)に、元バレーボール日本代表の狩野舞子(33)が出演。18年ごろからウワサになっている「あの男」と、まさかの共演を果たし、話題を呼んでいる。

「エンゼルスの大谷翔平選手(27)です。狩野が現地で試合を観戦したり、そろいのアクセサリーを付けていたり、両者の親に交際について取材したところ完全否定しなかったりと、以前から幾度となく交際報道が浮上していました。

 今回の放送では、大谷の試合VTRをスタジオで出演者が見ていた際に、何度か大谷選手と狩野さんのワイプが同じ画面に映ったんです」(スポーツ紙記者)

 1週間を振り返る「WORLD WEEKLY STUDIAM」で紹介されたのは、6月12日(日本時間13日)に行われた“メッツ戦”、14日(日本時間15日)と15日(日本時間16日)の“ドジャース戦“、16日(日本時間17日)にダブルヘッダー(2試合連続)で行われた”マリナーズ戦“の計5試合。

「大谷選手と狩野さんが一緒に映っていた“ツーショット”は、メッツ戦が約10秒、ドジャース1試合目が約10秒、2試合目が約8秒。マリナーズの1試合目が約34秒、2試合目が約12秒。合計74秒ほど一緒に映っていました。

 マリナーズの1試合目が長いのは、その試合だけ試合後インタビューが紹介されていて、そこで狩野さんも長く一緒に映っていたからです」(前同)

 マリナーズ戦は投げて6奪三振、4打席2安打11試合連続安打という絶好調ぶりで「たまたま出ているヒットではなくて、しっかりと打ってるヒットなのでそこはいいかな、と思います」と話す大谷選手の映像に狩野は聞き入っていた。

 74秒というテレビの時間間隔ではかなりの長い間のツーショットに対し、《やるやん。大谷翔平と狩野舞子の共演。》《TBSのスポーツニュースで狩野舞子出演で大谷メジャー情報をニヤニヤしながら見てる。》という声もある一方で、ワイプの抜かれ方を少なく感じる人からは、

《大谷のときには狩野舞子ワイプから消えて、出なくなったら即座に出てくるのって不自然すぎ(笑)やっぱり噂通りなんですかねー?》

 という声もあった。

■意味深な一言も

「気になった点としては、ドジャース戦でクレイグ・キンブレル投手(34)と初対決する様子を紹介した際に、狩野さんがポツリと意味深なことを言っていましたね」(前出のスポーツ紙記者) 

 キンブレルは腰を落として右手をぶら下げ相手を威嚇するようなポーズで、バッターに宣戦布告するアピールが有名な選手で、現地では子供が真似するほど人気だと番組は解説。

 その後打席の大谷選手に向かってそのポーズを披露した際の様子が流れたのだが、ここで狩野は「見たくない……」と小声でつぶやいたのだ。その後キンブレル選手は大谷選手にヒットを打たれてしまったことから「ポーズが効かなかったですね」と石井大裕アナウンサー(37)がコメントし、狩野も「ポーズが……(笑)」と返していた。

「大谷選手が活躍したVTRで、キンブレル選手の威嚇はなかなか迫力があるため、前後の流れ的に“正面から見たくないな”という意味かもしれませんが、何とも意味深でしたね。

 今回に限らず、元アスリートの狩野さんはスポーツキャスターの仕事も多いだろうし、野球に関しては、日本どころか世界中でいちばん注目されている選手といっていい大谷の話題は避けて通れない。交際を明言していない狩野さんとしては、複雑な胸中かもしれません」(前同)

 思わぬ2ショットが披露された『S☆1』。いつか2人にはリアルに同じ場所にいるショットを見せてほしいものだー-。

関連リンク

  • 6/21 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます