NHK朝ドラ『ちむどんどん』黒島結菜・暢子の「汚食事」に大ブーイング!「イカ1本食い・頬張りおしゃべり・握り箸」…「見苦しい」「酷すぎる」の声!!

拡大画像を見る

 放送するたびに炎上してしまうNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。黒島結菜(25)演じるヒロイン・比嘉暢子が天然、鈍感すぎるといった指摘や、竜星涼(29)演じる暢子の兄・賢秀の度が過ぎたトラブルメーカーぶり、仲間由紀恵(42)演じる比嘉家の母・優子が賢秀を甘やかしすぎることなどがこれまでもやり玉に上がってきたが、ここにきて新たな炎上ポイントが持ち上がっている。

 それは、ヒロイン・暢子の“汚食事マナー”について。

 6月16日放送の第49話で、暢子は高嶋政伸(55)演じる先輩シェフの二ツ橋と共に漁港に向かい、勤務先のレストラン「アッラ・フォンターナ」での魚介類の仕入れについて教えてもらう。昼食の時間になり、2人はイカの刺身定食を食べるのだが……。

「なぜか、暢子はイカ刺を一本ずつ食べていたんです。大口を開けてイカを口に運ぶんですが、口の中もまる見えになっていましたし、イカは半分口からはみ出したまま二ツ橋のことをガン見し、その後すするように食べていたんです。暢子を演じる黒島さんはとても端正な美貌の持ち主なのに、この残念すぎる食べ方のせいで、暢子が全く魅力的に見えませんでした」(テレビ誌編集者)

 第49話を受けて視聴者からは、「暢子の食事の仕方も小学生女児みたいな食べ方…」「暢子の大人には相応しくない食べ方のアップとか…モヤモヤを通り越して今日はガチで不快だったわ」「暢子の食べ方がどんどん嫌いになっていく」と厳しい意見がSNSに寄せられていた。

 だが、イカの食べ方以外にも、視聴者が「見苦しい」「酷すぎる」とブーイングをする暢子の“汚食事”シーンはまだまだある。

■まだカツしか食べていないのに「卵もフワフワ」

 5月17日放送回の第27話では、暢子が上京したものの、合流する予定だった竜星演じる兄・賢秀は所属しているボクシングジムから消えて行方知れず。行く当てもなくフラフラと街をさまよう暢子は偶然、片岡鶴太郎(67)演じる沖縄県人会の会長・平良三郎の自宅に招かれる。

 そして、三郎からざるそばが振る舞われたのだが、暢子はなぜか眉間にシワを寄せて口いっぱいにそばを頬張る。三郎に事情を聞かれた暢子は、説明しようと口にそばを含んだまま話し出すのだった。

 5月24日放送回の第32話では、レストランの先輩が作ったまかないのカツ丼を食べる暢子が、再び食べ物を口に入れたまま大声で「おいしい! 卵もフワフワ!」と叫ぶ。

「食べてすぐ、まだ咀嚼している食べ物を飲み込む前に話すことは、決してお行儀の良い行動ではないですよね。その上、この時の暢子はまだカツしか食べていなかった。“卵もフワフワ”という食レポは、せめてカツ丼の卵とじ部分を食べた後に言うべきだったのではと……。

 ドラマですから、食べた後にすぐセリフを言わなければならないという事情があったのでしょうが、視聴者からは、それにしても見苦しい、酷いといった意見が多く上がってしまっています」(前出のテレビ誌編集者)

 そして、最も視聴者によるツッコミが入っている点が、暢子の箸の持ち方だという。

 第32話でまかないのカツ丼を食べているときや、第40話で宮沢氷魚(28)演じる幼なじみの青柳和彦と一緒に沖縄そばを食べているシーン、第42話で下宿先の居酒屋「あまゆ」でおでんを試食するシーンでも、暢子は箸を強く握り、時には縦に近い角度になっていることもある。そして、そのためか上の箸を動かしているときに、親指を立てるジェスチャーのように親指が飛び出しているシーンも何度も見られた。

■握り箸はヒロイン暢子の“キャラ作り”!?

 暢子の箸使いについて、「制作陣が黒島さんにきちんと指導をしていないのではないでしょうか」と前出のテレビ誌編集者は語る。

「箸を正しく使うとき親指は添える程度で、人差し指と中指がメインで上の箸を動かし、下のお箸は動きません。“暢子”のキャラ作りで握り箸をさせるということは考えづらいので、視聴者からブーイングが上がってしまっている暢子の箸の使い方は、おそらく黒島さんの癖だと考えられる。

 ですが、彼女が過去に出演したドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京系)や、ファッション誌『mini』でお弁当を食べている写真ではそうしたことはなかった。つまり、過去の作品では指摘が入り、矯正されていた橋の持ち方の癖が、『ちむどんどん』の撮影現場ではスルーされているのでは、と考えられます」

 NHKドラマ・ガイド『ちむどんどん Part1』(NHK出版)には、ヒロインの黒島、脚本家の羽原大介氏、制作統括の小林大児氏、演出チーフの木村隆文氏による座談会が収録されている。

 演出チーフの木村氏は〈僕にとって料理は『美味いか、不味いか』ではなく『食べられるか、食べられないか』。そういうレベルなのに、なぜか料理にまつわる作品に縁があり、朝ドラ『ごちそうさん』の演出も担当しました。映像では味も匂いも伝わらないけど、どうおいしく見せるか、役者さんのおいしそうな表情をいかに捉えるか、日々試行錯誤しています〉と明かしている。

 だが、視聴者からは、「暢子、箸をちゃんと持って」「暢子、頼むからお箸親指立てて持ったり、握り箸しないで。見苦しい」「暢子の箸の持ち方はどうにかならないかね」「子供の暢子は箸ちゃんと持てたのにな…大人になってから下手になったよな」と、黒島演じる暢子の箸の持ち方について、厳しい指摘が相次いでSNSに投稿されてしまっているのだ。

■竜星のアドリブは採用されまくり!

 前出のテレビ誌編集者は話す。

「ガイドブックの座談会では、脚本の羽原氏が“僕たちおじさん3人は料理の知識が全くないんです”とも言っていました。沖縄料理を中心とした料理がテーマのドラマなのに、堂々とそれを言っちゃうかというのを強く感じますが、ただ、いくら食に詳しくなかったとしても、ドラマ制作のプロとして、制作サイドがヒロインの所作含めて、食事シーンのディテールを黒島さんと一緒につめたほうが良かったのではと。もちろん、こだわった役作りの結果が、現状の視聴者からブーイングが上がる食べ方なのかもしれませんが……。

 ただ、6月10日、『ちむどんどん』後に放送される『あさイチ』に出演した竜星さんは、撮影時にふんだんにアドリブを取り入れ、それがかなり採用されていることを明かしていました。それを見た視聴者からは“制作陣はまだ若い役者に丸投げなのか”といった疑問の声も上がっていましたが、そうしたことを考えると、やはり食事シーンもある程度、黒島さんに委ねているのではと考えられますよね。

 そしてやはり、『ちむどんどん』はそもそも料理がテーマの朝ドラ。ですので、ヒロインの食事の仕方がよろしくないというのは、ドラマとして致命的な感じがしてしまうのですが……」

 今後、シェフとしてめきめき腕を上げていくという暢子。料理の腕前とともに、食事マナーも向上することをドラマ視聴者は願っている!

関連リンク

  • 6/20 6:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 演出に決まってるだろw 今のご時世、こっやってバカ共があげ足を取りに来るんだしw こういう性格で人物って設定だろ。 以前のものはちゃんと箸を持っていたから指摘が入った……ってwww 今回の役作りで、こうしてるようだ。って 思えないんかな⁉️ こんなん指摘してたら、今後すべてのドラマとかテレビ番組が貴族の生活みたくなるぞw

  • いち(

    6/20 22:43

    ?そういう演出やろ。

記事の無断転載を禁じます