新庄監督に薬物報道、香取慎吾バズりとキムタク続編他…週末芸能ニュース雑話

記者I 今年のプロ野球も交流戦が終わり、ペナントレースの行く末もかなり見えてきましたね。最近では”きつねダンス”がメガヒットを飛ばしている北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)は開幕からほとんど最下位を突っ走る展開。そんな日ハムのBIGBOSSこと新庄剛志監督には「文藝春秋」(文藝春秋)から薬物報道が出ています。
 

 
デスクH バリ島に移住した段階から業界では噂があったらしいけど、元球団代表が証言しているのを見る限り、内紛のネタに使われている感じなのかね。ともあれ、タレントとしてCM露出しまくっていたのは「日ハム監督」というある意味のお墨付きがあったからなわけで。もしも一年で監督降板となると、潮目は一気に厳しくなるだろうね。
 
記者I ですよねぇ。少々強引な話題転換にはなりますが、NHKとの蜜月体制を築いて一気に潮目を良いほうに変えたのが「新しい地図」の面々。6月9日に放送されたNHKの音楽番組『SONGS』には香取慎吾が登場。Twitterのトレンド入りも果たすなど注目度は相変わらず高い模様です。
 

 
デスクH 最近だとSNSの反応が番組作りの指標になっている面もあるから、かなり結果を残していると言えそうだね。同じく元SMAPで言えば木村拓哉が主演したテレビ朝日系連続ドラマ『未来への10カウント』は最終回の世帯平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったけど、内容は今ひとつだったとか。
 

 
記者I 草なぎ剛が来年の1月期に、カンテレ制作の“復讐シリーズ”最新作で主演しますが「みらてん」とは良くも悪くも比べられちゃいそうですねぇ。他にジャニーズではTBS系火曜ドラマ『ファイトソング』で”恋の当て馬”を健気に演じきったSexy Zone・菊池風磨に関しての記事もありましたね。菊池単体ではCMも続々決まり、セクゾは新ALがオリジナル作品では過去最高の初週売り上げなど、ここにきて追い風が吹いているようです。
 

 
デスクH 菊池は冠番組もできたし、出演しているYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』も絶好調。そろそろ大きな作品が決まってもおかしくなさそうではあるよね。ジャニーズの冠番組だとKing & Prince(以下、キンプリ)の『King & Princeる。』(日本テレビ系)も記事が注目されていたね。このご時世にかなりの制作費をかけているみたいだと。
 

 
記者I テレビマンの間で“ポスト嵐”と噂されてからかなり、間が空いた印象もありますが、制作費は期待の表れでもありそうですよね。日テレの「24時間テレビ」で番組参加もするでしょうし、秋以降の改編では注目される番組の一つでしょう。そしてKAT-TUNの中丸もバラエティタレントとしては絶好調。TOKIOと嵐といったジャニーズの“バラエティ2大巨頭”がいない今でも改めて層の厚さを感じますね
 

 
デスクH 前段の話を蒸し返す形になるけど、ジャニタレがこれだけ活躍しているとなると「新しい地図」などの辞めジャニが割って入るにはこれ以上の活躍が求められることになるわけだから、なかなか厳しいものはあるよなぁ。
 

 
記者I ここ最近、フジテレビの話題が続いていますが局アナ時代からフジを支えてきたフリーアナウンサーの加藤綾子が“夕方の顔”として出演していた『Live News イット!』の降板を発表。港浩一氏が新社長に抜擢されたのもあって局内では限られた予算がバラエティへ”選択と集中”されると噂されているのだとか。
 

 
デスクH つい先日も月ノ美兎や壱百満天原サロメなどの人気Vtuberを抱える「にじさんじ」を運営するANYCOLORの時価総額の引き合いにフジ・メディア・HDが取りざたされていたけど、なかなか苦しい状況が続いているみたいだね。”加藤”つながりで言えば日テレの『スッキリ』も厳しい状況の模様。
 

 
記者I 同時間帯の『めざまし8』や『ラヴィット!』がかなり追随していますしね。特に『ラヴィット!』に関してはほぼ炎上なしでSNSなどで盛り上がる点は視聴者やクライアントからの好感度も高そうです。
 

 
デスクH 『ラヴィット!』はNHKの朝ドラと同じく朝の時間帯は忙しくて見れない人も話題になったら気になるから、相乗効果でリピーターを捕まえている印象も。今週はこのあたりで。

  • 6/19 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます