“ダウンタウンがマセキに移籍で月3億”提案に松本人志「ちょっと上がるね!」

拡大画像を見る

ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)がMCを務める『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)が6月16日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。この日は、「人気芸人 所属事務所一斉調査SP!」と題し、5つの事務所から芸人がゲスト出演。吉本興業所属の後藤輝基(フットボールアワー)、相席スタート(山崎ケイ、山添寛)、ワタナベエンターテインメント所属のAマッソ(加納、村上)、ホリプロコム所属のきつね(大津広次、淡路幸誠)、マセキ芸能社所属の三四郎(小宮浩信、相田周二)、松竹芸能所属のヒコロヒーがダウンタウンに所属事務所の事情を話していく。

最初のトークテーマは「ウチの事務所のお金事情」。山崎は、吉本興業は、ライブでしっかりお金がもらえると話す。続けて最近の若手芸人は、配信で潤っていることを解説する。後藤は「ホンマ! 我々が若手の頃はバイトするか、彼女に食べさせてもらうか。だってダウンタウンさんもバイトしてましたよね」と話す。松本は「してましたよ。夜のバイトを」と答え、浜田が「スナックね」と笑う。松本は「吉本の偉いさんの知り合いのママの店で働いてた」と過去を懐かしむ。ヒコロヒーが「お二人は人に物を運んだりすることに耐えられるんですか?」と聞けば、スタジオは笑いに包まれる。松本は「水割り作ってましたよ!」と答える。

三四郎はマセキ芸能社の魅力として、給料の詳細がキッチリと出ることをあげる。小宮は「お金で揉めてる人がいない。明細もちゃんとしてますし。吉本さんは入ってないとか言うじゃないですか!」と話す。浜田は「そんなことはない! いや、抜けてることはあるけど」と苦笑すれば、後藤が「ダウンタウンさんは明細見ますか?」と質問。ダウンタウンが「見てるよ!」と答えると、Aマッソが「(沢山の給料をもらっているから明細が)辞書みたいな」と笑う。間髪入れず後藤は「吉本は逆! 売れていない時代は細かい仕事が沢山あって明細が分厚い。で給料30万みたいな。売れてる人は意外と一枚とか、ダウンタウンさんは一枚半くらいかなぁ〜」とダウンタウンの給料明細書を予想する。

話を受け、きつねは「僕らは、やった仕事の給料がすぐに振り込まれる! 遅れたりしません!」と答える。ダウンタウンの前で足を組む大津は、ヒコロヒーから「大津さん、エエ尖り方してますやん!」とツッコまれてしまう。ヒコロヒーは松竹芸能の給料が、良くなっていることを打ち明ける。元松竹所属のAマッソは辞めた理由を「嫌なところもなかったけど、良いところもなかった」とぶっちゃける。

また、もしもダウンタウンが所属事務所に移籍をしてくれた場合、それぞれがダウンタウンにどんな条件を提示するのかを調査。各事務所の首脳陣が本気で考え、本気で給料を計算。それぞれの事務所がダウンタウンに我が社の魅力を提示していく。

三四郎は「マセキ芸能社としてはダウンタウンさんが移籍してくれたら、月3億円出します!」とアピール。条件を聞いた松本は「1人、1億5000万ね……。今よりもちょっと上がるね!」と申し分ない反応、ゲストはダウンタウンの高年収っぷりを驚く。松本が「ボケやから!」と否定するも、ヒコロヒーは「ボケになってないって!」とツッコみ、後藤は「あると思うで〜」とニヤける。

若干引き気味のゲストに松本は「でも、俺なんてレギュラー5、6本やで! 浜田さんはレギュラーめちゃめちゃやってるからね! 12本くらい!」と声を荒げる。浜田が「そんなやってへんわ!」とツッコめば、松本は「12本やっているから、もう少しでクレヨンの色を超えんねんで!」とボケる。

続けてワタナベエンターテインメント、ホリプロコム、松竹芸能もダウンタウンが移籍した際の条件を提示していく。最後、ダウンタウンは一体どの事務所を選ぶのか!

そのほか、「ウチの事務所の人間関係」「ウチの事務所のココが納得いかない」「ウチの事務所の愛すべき先輩芸人たち!」といったテーマでトークを繰り広げる。

関連リンク

  • 6/16 12:40
  • TVerプラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます